fc2ブログ

★基本色について★


当ケネルは犬質向上をめざすショーブリーダーです。
※ 思い違いされがちですが、レッド主体ではございません。
基本色(ホワイト・ブラック・シルバー)の子犬は 完全予約制 で、
ホームページデビューはありません。

※ ごく偶に、ホワイト普及の願いを込めた特別分譲として
50万円台でホームページで飼い主様を募集する機会がございます。
時期未定です。本件に関するお問い合わせはご遠慮くださいませ。


基本色をお探しの方は、ご予算を含め、どの様な子犬をお探しなのかを
優先順位を付けて具体的にお知らせくださいね。
【例】 毛量豊かな子、被毛密度のある子、サイズの小さい子、など。
お探し条件に見合う子犬を当ケネルが ご案内できるかどうか、
ご予算内でお譲りできるかどうか、
などをお返事させて頂きます。

お申しつけ前に、以下についてご理解くださいませ。
工業製品ではありませんので、お待ち頂く期間が必要です。
6カ月~1年程度。希少子犬の場合は年単位の可能性もございます。

子犬は50万円台から居ります。(諸費用別途)
同じ50数万円を支払うにしても、犬猫競り市場で10万そこそこで仕入れた
パピーミル出身の子犬を、仕入値の何倍もの値段で売るショップで買うか、
卸値80万でも喜んで業者が買って行く国内最高峰レベルの子犬を
直譲50万円台で迎えるかでは雲泥の差、天と地ほどの大差があります。
これこそが犬質の違いであって、ショーに出す出さないの差ではありません。
ショーに出さないからそこまで良い子犬は要らない、と言う話では無いのです。
私の基本色は流通のシクミを含め、本質を見抜ける方にお迎え頂きたいです。

最も人気のある(極小・極美・極上)の、誰もが振り向くような
子犬については相応のご予算をお考えください。
国内に数頭も居ないようなレベルの、健康で欠点の無い希少子犬が
100万以下で入手できる可能性は全国をくまなくお探しになりましても
ほぼ無い
でしょう。どんな業界にも「相場」というものがございますゆえ、
ご予算重視の方は条件に幅を持たせて頂くか、レッド系をご検討くださいね。
※当ケネルではチャンピオン直仔以外は100万円以下でお迎え頂けます。

基本色に「レッドの色違い」程度のご認識しかお持ちでない方、
フツウのプードル専門ブリーダーとドッグショーに出陳し、研鑽を積むシリアス
ブリーダーが作出するプードルの違いが解らない方、白いプードルならどれも
皆同じに見える方は、基本色に対する価値観に大きな隔たりがございます。
良い子犬をお安くお譲りさせて頂いても、その価値を真っ当に評価して
頂けないものと考えますので、お譲りが難しい場合がございます。

基本色をご検討中の方は続くブログ記事にお目通し頂き、
レッド系との違い、普通のブリーダーが作るホワイトとショーブリーダーが
本気で作出したホワイトの大きな違いをご理解くださいます様、お願いします。

【参考】
ショーブリーダーの素晴らしい子犬達  リンクフリーだそうですので、
ご一緒に(クリック →) 目の保養 をさせて頂きましょう


この記事は2018年5月に作成しました。
 
 

▲このページのトップへ戻る

カテゴリー

フリーエリア

検索フォーム