FC2ブログ
ショコラちゃん 6才
2018 / 04 / 23 ( Mon )

6年前、トイプードルが2頭いるO様のおうちに、3頭目として
私のぷぅちゃん(ショコラちゃん プラチナシルバー)をお迎えくださいました。

実はお迎えを決めて頂くまでに私のわがまま(心配性)から
スンナリとは行かず、飼い主(O様)から「うちに譲る気が無いのなら
話しても無駄だから、はっきり言ってください。」とまで言わせてしまいました。
そんな中、ご縁があってお迎え頂いたショコラちゃんでしたが、
お迎え直後に子犬ちゃんがひどくお腹を壊し、生死をさ迷うほどで
獣医からは「パルボです。」と、ほぼ確定的に言われてしまいました。

けれども、O様は「ぷ~どるガーデンの子犬にパルボが出るはずが無い。」と
おっしゃって、外部に詳しい検査を依頼してくださった所、結果は「陰性」でした。

私も含め、普通の飼い主様なら「獣医が言うのだから、」とあっさり信用し、
外部に出してまで詳しい検査はしてくださらないと思います。
それどころか、「パルボの子犬を売りつけられた!」と憤慨し、
ブリーダーに補償を求める方が殆どでしょう。

O様は「パルボではない。」という強い信念がお有りでしたので、
手厚い看護をしてくださり、ショコラちゃんは奇跡のように回復しました。
O様でなければ助からなかった命でした。

飼い主様の中には お迎え後、しばらく経過していても、
「耳ダニが居たから犬を交換して欲しい。」
「小さなヘルニアが見つかったから情が移る前に犬を取り変えてほしい。」と
おっしゃる方も居る中、
当ケネルを信頼してくださったO様から教えられたことはたくさんあります。
私のブリーディング人生の中で、この先もずっと記憶に残る飼い主様です。

ショコラちゃん、6才のお誕生日おめでとう  
これからも楽しい思い出をたくさん作ってくださいね  

1okuda.jpg

2okuda.jpg

3okuda.jpg

4okuda.jpg

5okuda.jpg

6okuda.jpg

7okuda.jpg

8okuda.jpg


ホワイト・シルバー 【分譲済】 admin page top↑
* HOME *