FC2ブログ
参入オファー
2018 / 06 / 22 ( Fri )

ペット業界がトップシーズンに突入する3月から、ショップ店頭では軒並み、
生体価格が大幅値上げされている事にお気づきですか?


当ケネルがホームページで飼い主様を募集させて頂く子犬達にも
一般の方よりも多く、同業者さんからの買い付け希望が寄せられます。
「同業者様はご遠慮ください。」とお願いしていますのに。。
でも、身元を隠して成り済まされるよりは良いですね。

犬猫セリ市場の運営会社もブリーダーの囲い込みに大わらわなようで、
当ケネルにもセリ市場の親会社の営業マンが突然、
しかも自宅に挨拶に来られましてビックリしました。
訪問の主旨は、「セリ市場に貴女のプードルを出荷してください。」です。
動物取扱業を都道府県に届け出ている以上、一般家庭であっても
個人情報を公開している訳ですから、仕方が無いと言えばそうですけど。

ショップ経営の友人はセリ市で犬猫を仕入れています。
その方にこの話をしたところ、先日行われたセリ市の様子を教えてくれました。
なんと、最高値は59万円のメスのプードルだったそう。凄いですね
(頭部を含めた)体長が20cmほど? 今、大人気のアプリコットかな?
友人は「耳を見てみ。こりゃぁ、プードルでは無いよ。ミックスだよ。」と
言いましたが、画像では私もそう見えました。斜視が酷そうですね。

002_201803062017193b5.jpg

001_20180306201720173.jpg
※画像は友人が見せてくれた【セリ市】画面を携帯で撮らせてもらいました。

今は便利な世の中で関東で行われるセリ市に、全国から買い付け(入札)が
できるそうです。なので、59万円で落札した業者が誰なのか、
解らないそうですけど、仲介手数料や消費税も含めると
仕入れ価格は70万円近くになるそうですよ。
私はセリ市に関わった事が無いので、詳しくは知りませんが。


そういえば、、、 数年前にこんな事がありました。
当ケネルのホームページの募集情報を見た某業者さんが(その当時、
「プードル」で検索すると最上段にヒットした業者さん。今は違いますけど。)
その業者さんが、「掲載中の子犬を全部(確か4頭ほどいました。)
今すぐ、この場で買って帰りたい。」とおっしゃいました。
私はその業者に売るつもりは無かったのですが、
相手の気合いにかなり圧され気味で、だんだん怖くなって来た事と
(この金額では)絶対買わないだろうとタカをくくって、
「じゃあ、全部で税別200万なら売りますよ。」と言ってしまったのです。
すると、相手はにっこり微笑み、「良いですよ。」

「おつりは要らない。」と言って220万を現金で払って、全部の子犬を
連れて帰りました。ペット業者が使う「軽便かご」と呼ばれる小さなケージに
私達が手塩にかけた4頭の子犬が、業者の大きな手で詰め込まれるのを
目の前で見た時は情けなくて涙がこぼれました。
誤解のないように書きますけど、
自宅の外には黒塗りの高級車が止められていました。
売らない、と言い通せば、どんな報復が待っているか想像に難くありません。
幸い、「売買は一度限り」という条件は呑んでくれたのでホツとしましたが。


話は戻りますけど、今でもマトモな業者さんでも
目の前にお客さんが付いていれば、幾ら払ってでも子犬を買い付けます。
だって、今日、ブリーダーの言い値(たとえば80万円)で子犬を買いつけても
その子犬を150万で買いたいと手付金を入れて予約している客に
(極端な話)明日、その犬が売れるなら、業者は【濡れ手に粟】ですから。

だから、都心の有名人気ショップのバイヤーさんは私の子犬に
トップシーズンなら簡単に50万、60万を提示してきます。
その2倍、3倍の金額を出してでも、欲しい人が世の中に居るからです。


私が、ブリーダーが金儲けに走ったら、繁殖者としての本質を見失う、と考えるのは
こういう事です。誰であれ、買ってくれれば良いのなら、大手ショップの傘下に入り、
おかかえブリーダーになって、生体への責任も販売責任もぜ~んぶショップさんに
任せてしまいます。飼い主様からのクレームも無いし、
お客さん受けする犬さえ作っていれば、今より大金が転がり込んで来ますから。

現に月に何回も〇オンホールディングスから「傘下に入らないか?」と誘われますし、
営業からも電話がかかって来ます。1頭30~50万円で買い取ります、、とも。

では、なぜ、そうしないのか?
一言で言うなら、ブリーダーとしてのプライドです。
自分の手で世に出した子犬は自ら納得した飼い主様に託したい。
繁殖者としての切なる思い
 ・・・ です。

ペットショップが無くなればいいな、と思います。
子犬は生産者(ブリーダー)から迎える 、、、 この事が当たり前の世の中になれば
無責任な飼育放棄がなくなり、殺処分もゼロになると私は思います。
ショップさんも生業ブリーダーさんも売る相手を良く見てほしいな、と思います。
「うちは飼い主様を選んでいます。」もどきポスターを掲示しつつ、
「ペット禁止なんですけど、この子、泣きますかね?」と聞く様な人達に売らないで  
たとえノルマが有っても、あなたの良心ひとつで 腕の中の子犬は救われます。



message 【考え方】 admin page top↑
* HOME *