fc2ブログ

ご来舎にあたって

       

当面の間、ご来舎は原則として
ご契約者様ほか1名様、概ね90分以内でお願いします。
一般家庭の狭い応接室での対面説明ゆえ、
この方針を理解してくださる方のみ、お問い合わせください。


       

当ケネルはごく普通の、どこにでもあるような質素な一般家庭で、
不特定多数の方のご来訪を前提としたペットショップではございません。
そこで、ご来舎にあたっては幾つかお願いがございます。
皆様のご理解を賜わり、ご協力いただけましたら幸いです。

ご見学およびお引き渡しはどなた様にも概ね90分程度でお願いしています。
連休の初日などご来舎希望が集中するお日にちには
お約束時間の前後にも間をおかず、ご予約が入っています。
北海道や九州をはじめ、本州以外からのご来舎も珍しは無いことから、
可能な限り、お約束時間通りのご来舎をお待ちしております。

ご見学開始は午前9時からとさせていただき、9時以前は愛犬達のお世話に、
スタッフ全員が大変忙しくしています。
トリマーはご見学開始時間に合わせてお手入れを仕上げる予定でおりますので
僅か5分~10分早いご到着でも、すぐに対応できない場合が殆どでございます。
(敷地内とはいえ、離れた犬舎に居ますとインターホンに気付きません。)
それで大変申し上げにくいのですが、できましたらお車の方は車内で、
電車の方は春日部駅等で時間調整をお願いできましたらとても助かります。
※ 最寄り駅には時間調整して頂けるようなお店はありません。

乗り降りの短時間であっても隣接店舗の駐車場には絶対に停めないでください。
近隣住宅の門前など住宅街ゆえ、お連れ様の路上待機もおやめください。
自宅は商店街に隣接しており、道幅が狭い上に電柱が多く、
歩行者や自転車が頻繁に往来しますので、路上駐・停車はできません。
近隣店舗にお止めになりますと、他県ナンバーが珍しい事から
飼い主様がお帰りになった後で必ず当ケネルにクレームが来ます。
その様な事がございませんよう、ご協力願います。
当ケネルは駅前の住宅街にございます。毎週末多くのお客様がお見えに
なりますので、近隣への配慮を賜りますよう、重ねてご協力をお願いします。

ご見学の際は自宅の応接室(2階)にお通しします。
恐れ入りますが衛生上の観点から、≪素足≫はご遠慮頂いております。
また、ケネルまでのお足元は歩きにくく感じる方も居られますので、
歩きやすい履物をお勧めします。ご高齢で階段や段差がご不安な方は
どうぞご自宅で、子犬が参りますのを楽しみにお待ちくださいませ。
勝手なお願いばかりを申しまして大変恐縮に存じますが、
なにとぞご理解を頂きましてご協力を賜りますよう、どうぞ宜しくお願いします。
ケネル(自宅)入り口
小さな家ですので、見落として通過して行かれる方が多いです。
【ご注意】
送信させて頂いたメール件名《ご来舎案内》には駅や駐車場からの
詳細な道順を画像付きでご案内しております。
画像と照らし合わせててお越し頂けましたら徒歩2分ほど
わかりやすい場所ですが、画像をご覧にならずにお越しになりますと
迷いに迷って駅から無駄に歩くことになってしまいます。
なお、2022年11月現在、パチンコ店は営業を終了し、
テナント募集中となっており、一部は有料駐車場
となっております。
パチンコ店の看板はございませんので、ご注意ください。


急なご来舎について
一般家庭ゆえ何にもまして家庭を優先する事から、急なご来舎はご遠慮ください。
「ほんの数分だけ、玄関先ででも、」とおっしゃられましても、
私の子犬はそのようにしてお買い上げいただく「商品」ではございません。
プードルの子犬は日本犬などと違い、グルーミング(シャンプーブロー)の後、
美しい被毛も含め、じっくりご覧になってこそ子犬の素晴らしさをお解り頂けます。
また、ご見学前に子犬を最良の状態に整えるのは見学者様への礼儀かと思います。
そのような理由から、当日のご来舎お申込み・短すぎるご見学はお受けできません。
ご見学は対象の子犬を充分ご検討の上、余裕を持ってお申し付けください。


お引き渡し場所について
動物愛護法では事業所所在地を都道府県庁に登録し、
事業所の住所をホームページに掲載する決まりです。
中には事業所の所在地や責任者名、登録番号などを掲載しない
≪もぐりのブリーダー≫も多く居ますので、ご注意くださいね。

私達、動物取扱者は動物愛護法を遵守する義務が有り、
当ケネルも法律に従い、必要項目はすべてHPに掲載しています。
事業所ならびに所在地は管轄保健所が実地検査を行い、
それらに間違いが無い事は動物取扱業登録証(※)で証明されます。


当ケネルではプードル達のお世話をする際、
髪が長いスタッフは髪を束ねてヘアピンで留め
食品会社工場で使用する使い捨ての衛生帽子を全員が着用します。
ヒトの抜け毛が犬舎床に散らばらないためです。

お客様がお帰りになった後は必ず、応接室の窓を開け換気を徹底
ソファーから床まで、消毒薬を染み込ませたタオルで拭きます。
その際、お客様の長い髪(抜け毛)を指でつまみ上げて捨てるのは、
かなり気持ちの悪いもの
でございますので、
髪の長い方は結わえてくださるよう、
どなた様にもご来舎案内メールでお願いしております。

ずいぶん前の画像ですが、飼い主様のTシャツに貼り付いた
長い抜け毛
が抱かれている子犬の目や口に入らないかとヒヤヒヤします。
結髪にご協力くださいますよう、どうぞよろしくお願いします。

A3

2024年1月4日更新

 

▲このページのトップへ戻る

カテゴリー

フリーエリア

検索フォーム