fc2ブログ

見ようとしなければ見えない事


実物を見なければ判らない」と言う方がいらっしゃいますが、
実際にショップのケージ内で寝ていたり、ふざけ回っている子犬を見ても
表情やお顔立ちは判りにくくありませんか?
動き回る子犬はピントが合いにくいのでよく解らない動画も多いですね。
私は静止画像が一番、お顔立ちや構成、表情がよく解ると思います。

子犬の画像ってホントに撮りにくいです。
よく動く上、カメラに向かって突進して来たりします。
そんな中で掲載画像の子犬達のように
高いトリミングテーブルの上で四肢を踏ん張ってしっかり立てる子は
「何度も何度もトリミング台に乗っているんだな」
(丁寧に手入れされているんだな)、落ち着きがあるんだな、
カメラ目線の画像からは「人間とアイコンタクトできるんだな」、
「撮影者の声かけに反応してカメラを見ているんだな」、
爪も短く切り揃えられて、よくお手入れされているな」、
「お顔も上手にトリミングされているな」、、、つまり、
「子犬は嫌がらないで手入れをさせてくれる従順な性格なんだな」と
注意深く観察すれば、いろんな事が解るでしょう。

さらに当ケネルで言うなら、
ブログ、お客様からのおたよりやHPにもたくさんの情報を
掲載していますので、繁殖者の考え方やブリーディングポリシーなど、
ショップの比では無い量の情報が、知ろうとすれば幾らでも
画面を通して伝わる
はずです。
そして他ブリーダーさんとじっくり見比べてくだされば良いと思います。

お問い合わせの中には「一生涯の家族を探しているので
動画や画像では解らない、目で見てインスピレーションや
フィーリングで決めたい。」
と仰る方がたまに居られます。
一見、まことしやかに聞こえるこれらの言葉ですが、
ブリーダーからみれば、どこのどなた様かも解らない
見ず知らずの方を一般家庭の自宅にお招きするのは大変不安ですし、
子犬の立場としては、お迎え頂けるかどうか解らない方に弄られ、
抱っこされまくって、挙句の果てには「家に帰って良く考えます。」
これではあまりにも可哀想です。感情も記憶も有る生き物ですから。

まるで動物園のように子犬を弄りまわし、手から手へ抱っこしまくり、
口の中を開けたり、ケージに鼻が尽きそうな距離で子犬を眺めたり、
ストレスで子犬が心身にダメージを受け、夕食を食べ残そうが、
疲労困憊だろうが、見学者さんには何に責任もありませんからね。
ご自身に自覚は無いのでしょうが、目に余るほどやりたい放題です。
ショップならいくらでも抱っこさせてくれますから、
わざわざ見学禁止のブリーダーを選ばなくても、どうぞそういう所へ
いらっしゃってください。当ケネルは子犬の心身に負担が無い方法を
一番に考えるので、触りまくって決めたい方に当ケネルは不向きです。
※ 対面販売を遵守しておりますので、契約は子犬を見てからの締結です。
だた、子犬を見たいだけの見学のみ、お断りしております。

率直に言えば、犬を見る目が養われていない方は
動画を見ても静止画像を見ても、もっと言うなら実物を見ても
結果は同じです。何も解らない、見抜けない、でしょう。

動画で子犬がチョコチョコと動き回っているのを見れば
何か解ったような≪気がする≫だけです。
要所を見なければ、実物を見てもどの子犬にするか、決められません。
(見学者の自覚が無いまま、
やたら時間ばかりが経過し、子犬が疲弊するだけです。)

お客様にはたくさん選択肢があると思います。
私は「ぷ~どるガーデンに見学に来るのが初めて。」とおっしゃる方よりも
「いろんなブリーダーさんを見学してきました。」とおっしゃる方の方が
大歓迎です。なぜなら、当ケネルと他ケネル様との違い、子犬の質や
管理体制などの明白な違いをはっきり理解して頂けるからです。

買い手の皆様は≪賢い消費者≫になって頂きたいと思います。
子犬を見て選ぶ事にこだわり過ぎ、本当に大切な点を見逃す方は
大きな損をしている
と思います。画像から解る事はたくさんあるのに
「解らない」と思い込む方が多いのはとても残念です。
もちろんそれには私達ブリーダーの責任も大いに有るのですが。。。 

例えば、某画像の子犬は右手を挙げていますが、
足裏(肉球)が完璧に手入れされている様子が解りますか?
子犬の左手の爪はキッチリ切り揃えられています。
お耳やお口周りのトリミングから、このケネルレベルが相当高い事が解ります。
某画像からは子犬の頭の大きさ、お鼻の長さは女性の指幅(18ミリ)ほども
無い事が解りますし、ある画像からは子犬の頭が
親指と人差指で作った「C」の中にすっぽり収まる極小サイズなのが解ります。

某画像は子犬の方が人の手よりも前に来ています。
つまりカメラに近づいています。普通はカメラに近づく方が大きく見えますね?
この事から、立っている子犬は身長150cmの小柄な女性が
精一杯広げた手のひらよりも小さい事が解りますし、何より性格が解ります。
人の腰の高さほどもあるトリミング台の上で、
こうしてしっかり一人で立てる生後3か月の子犬など、まず居ません。
大抵は怖がってしゃがみ込んだり、興奮して暴れます。
人が両手で子犬を支えて固定して撮影された画像が殆どではありませんか?
なぜなら子犬が一人で立てないから、落ち着きが無いからです。

いかがですが? たった4枚の画像から、
子犬の性格や管理状態、ケネルレベルまで透けて見えるんです。
解らないのは見ようとしないからです。
多くの画像やいろんなHPを見慣れれば、多くの事が見えてきます。
見学だけがただ1つの正解ではありません。

むしろ、初めて訪問した繁殖者宅でブリーダー監視のもと、
素人の方が果たして子犬の本質を正確に見抜けるでしょうか?
私達がHPやブログで発信しているのと同じだけ、
繁殖者の考えやブリーディングポリシーを短い見学時間内に
ブリーダーから聞き出せる(理解できる)でしょうか?

繰り返しますが、
買い手の皆様は≪賢い消費者≫になって頂きたいと、切に願います。

▲このページのトップへ戻る

カテゴリー

フリーエリア

検索フォーム