FC2ブログ
食糞について
2018 / 10 / 29 ( Mon )

子犬が誤って排泄物(便)を食べてしまう行為を「食糞」と言います。
愛らしい子犬が食糞している所を見つけた時の飼い主様の驚きは
相当なものでしょうし、絶対に止めてほしいと思う気持ちはお察しします。
しかし、犬にとって食糞はさほど重大な行為では無いのです。

原因として幾つかあげてみますが、どれも決定的なものではありません。

●消化しきれないフードやフードの添加物(肉汁のニオイなど)が
便の中に残ってる。酵素の分泌や腸の吸収力が不充分、
腸内細菌のバランスが悪いなどにより、未消化フードが排泄されている。

●母犬からの刷り込み(特にメスの子犬に起きやすいと言われています)
これは本能によるもので、母犬は自分の子犬の局部を舐めて排泄を促し、
排泄物は(便も尿も)すべて食べてしまいます。清潔好きな母犬のお世話を
常に受けていた子犬が母犬の真似をするとも言われています。

●新しい環境への不安(ストレス)から警戒し、自分の形跡を隠そうとする。
大昔、荒野を自由に歩いていた犬達は敵の襲来を防ぐため、
巣穴に排泄物を残しませんでした。その名残りであるとも言われています。

●トイレの躾けで叱られた。(糞を隠そうとする。)
●ひま(退屈)でおもちゃ代わりに遊んでいるうちになんとなく食べてしまう。
●食事量が足りない。 
規定量を食べていても食糞する子はいます。アメリカでは食事量では無く、
ビタミン・ミネラルなどのアンバランスであるとの説もあります。
良質のドッグフードを与えていれば、こういった心配はまずありませんが、
心配でサプリメントを投与したり、犬用の食糞防止食品を与える方も
いらっしゃいます。商品名などの詳細はショップさんでお尋ねくださいね。

対策ですが、排泄したらすぐに片づけるのが最も有効だと考えられています。
しかし「子犬の目の前でウンチを片付けない方が良い」と言う人もいます。
ウンチをしたらすぐ、ウンチよりおいしいオヤツをご褒美に少量与えます。
慣れれば排便と同時にオヤツをくれる人の手に注目するようになります。
苦い味の食糞防止薬は「効果があった」と聞いた試しがありません。
ブリーダー達もあの手この手で試行錯誤しているようですが、
これといった決め手は無いようです。

食糞は先にあげた理由から、子犬時代だけに起きるようです。
大きくなれば排泄が安定しますので、時間帯を把握して予防することも
可能ですし、何より成犬になっても食糞癖のあるプードルは居ません。
一過性のものであるとの認識が必要です。

当ケネルでは子犬から成犬までどっとわんを基本に手作り食を
トッピングしている事から、食糞はありません。
子犬達は生まれ育った環境に慣れ親しんでいますからストレスを
受ける事もありません。
けれども新しいおうちに迎えられ、全面開放型のサークルに居る所を
四方から見られるなどの刺激を受けたり、ストレスや不安から
食糞が見られたという報告が年に数件程度寄せられます。
しかし、どの子も一過性のもので短期間に改善しています。
※四面開放型のサークルでは四面を布で囲うなどして
子犬が落ち着いて過ごせるように工夫してあげましょう。

お引き渡し前にお知らせした「子犬の飼い方」貼付URLの中にも
有益な情報が書かれていますので、併せてお読みくださいね。

元記事は2013年に作成しました。



食糞が改善した飼い主様からのメールをご紹介します。
 うちでは茹でキャベツをご飯にトッピングしたり、
うんちをした後のご褒美にあげたりしております。
最近では、うんちをする際にご褒美が気になるのか
こちらの様子を伺いながらうんちをするようになり、
うんちをすると直ぐにしっぽを振りながら寄ってきます。
でも、私が気づくのが遅いと(ウンチを)クンクン匂いを嗅いで
時には口にくわえた時に発見することもあるので
まだまだ目を離さないように注意しています。


 お迎え後は廊下にケージを置いていましたが
家族が通るので落ち着かなかったのか、お迎え3日後くらいから
食糞をするようになりました。
しかも、夜中なので(朝起きたらシーツに便のアトが付いている)
どうしたものかと悩んでいましたが、ぷ~どるガーデンさんから
「最初の一週間はサークルの4面全部を布で囲う」ように言われたことを
思いだし、急いでバスタオルで囲い、落ち着ける部屋にサークルを
移動した所、食糞がなくなりました。今では全然しなくなりました。


 わが家ではフードに茹でたほうれん草少々やキャベツを添加しています。
すると便の臭いが変わるのか、
クンクンするものの、まったく食べなくなりました。
やっぱりブリーダーさんがおっしゃtったように、フードに犬が好むニオイの
添加物が入っていて、それが便にも残るのかも知れませんね。
とにかく、改善したのがうれしくてご報告しますね。


 食糞について質問です。
家に私がいる時は、ウンチをしたら、ドットわんを投げて、
取りにいっている間に片付けていましたが、戻ってきてウンチを探して、
無いことが多くなったので、チェルちゃんは私から見えないトイレでこっそり
ウンチをして食べるようになりました。(LDKが22畳でトイレ3ヶ所設置)
また、このあいだまでウンチをしている時に、
ドットワンを見せると飛んできましたが、ドットワンを見せても来ないで、
ウンチを食べる方を選んでしまう状態に陥っています。。。(T_T)
食事量が少ないのかな?と悩み、ドッグフードでしつけのご褒美を
少し増やしたりしましたが、なかなか効果がありません。
インターネットで調べると、キャベツやかぼちゃなどが効果があると
書かれていました。今まで、ドットわんのドッグフードとスープのみでしたが、
これらも入れてみようかと思います。
三好さんのブログによれば、三好さんも手作り食を与えているようですが、
どのような食材を与えていましたか?
我が家に来た初めは、まだ直ぐには食糞せず、
トイレにウンチが転がっていたこともありました。
手作り食がキーポイントなのかなあ?と悩んでいます。
ご教授、宜しくお願い致します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アドバイスありがとうございます。
今日は三好さんにメールをしてから、追加のワクチン接種に行き、
獣医さんにも食糞について相談してみました。
獣医さんもなるべく早く癖を断ち切る方が良いとのことでした。
まずは食事をするタイミングを変えたり、少し量を増やしたり、
外で排泄することを覚えさせてはとのご意見でした。
今日はかぼちゃとほうれん草を食事に混ぜてみました。
すると、排便をしてからクンクンと匂いをかいで、
食べるのを躊躇している姿がありました。
そして、ドッグフードを投げるとそちらに向かいました。
いろいろ試してまた行き詰まりましたら、
ドッグトレーナーさんにも相談してみますね。
いろいろとご指導、ご鞭撻、ありがとうございます!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
チェルちゃんは元気にしています。現在、生後156日で760グラムです。
唯一、食糞の悩みだけありましたが、
食糞対策をして改善致しましたので、報告します。
食糞にはかなり参っていましたので、いくつかの対策を全て同時に行いました。
まず、糞をしてクンクン匂いを嗅いでいる時に、低い声で「NO」と言うようにしました。
食べたらてをつっこんで取り出したことが2回あります。
排便したらのご褒美を今まではドットわんドッグフード一粒でしたが、
ドットわんのかつおステーキか、ドットわんのささみジャーキーを少しあげて、
ドッグフードも5粒位あげて、すごく良いご褒美が待っていることを植え付けました。
チェルちゃんは食欲旺盛で、糞も美味しいご馳走になっているように思いましたので、
糞をまずくする試みもしました。
食糞対策にいいと言われる、ほうれん草とかぼちゃの食事を与えたり、
今は茹でキャベツとパイナップルを少しのヨーグルトに
食糞対策用のシロップをかけて提供しています。
全て食糞対策に良いと言われるもののてんこ盛り(笑)
それとは別にドットわんのドッグフードも1回大さじ弱は与えています。
(ご褒美であげるドッグフードを増やしたので、1回の食事量は減らしました。)
わざと糞の匂いを嗅ぐ余裕を与えて、匂いを嗅ぐ度に「NO」と言い、
こちらに来たらご褒美をあげる訓練もやりました。
このようにして、匂いを嗅いで食べることは、いけないことと植え付けました。
どれが効いたのかは定かではありませんが、劇的に改善しました。
まず、便をして私がいたら、今までは私に取られないように
速攻で糞をたべましたが、私に飛んで走ってきてご褒美を貰いに来ます。
糞よりご褒美を貰いたいようです。
私が少し遠くにいて気が付かないと、クンクン糞の匂いは嗅いでいますが、
食べずにいます。私が、匂いをかいでいるのを見かけ、「NO」というと、
こちらに来てご褒美を貰います。プードルの頭の良さを感じています。
今では、私や家族がいる所では、絶対に食糞しなくなりました。
お留守番中は分かりません。便はありませんから。
でも、排便の回数も減ってきているようなので、お留守番中、就寝中は
あまりおしっこもしてないので、便もしていない可能性もあります。
まあ、例えたまにお留守番中は食糞してしまっていたとしても、
目の前で食べられ続けた日々を思うと、見えない分許せます(笑)
今回は食糞対策をして食事の全体量を増やしたので、
体重が増えることを心配しました。
今までは1週間で20~40グラム位の体重増加でしたが、
食事量を増やしてからは1週間で50~60グラム位の体重増加に
なるようになっています。食事量で調整しています。
早食いなので、早食い防止のお皿にすると、
ドーグフードの食べる時間がかかるようになりました(笑)
今は、チェルちゃんは食事量が少し増えて喜んでいるようだし、
私も急激な体重増加はなくてほっとしています。
また、目の前で食糞される心配やストレスがなくなり、本当に良かったです。
これからも体重増加に気をつけながら、
チェルちゃんとの生活を楽しんでいきたいです。

 

病気/お悩み admin page top↑
* HOME *