fc2ブログ

①転売屋に騙されない


私は「転売屋」と「なりすまし・似非ブリーダー」が大っ嫌いです。
これまでに散々、騙され、酷い目に遭わされましたので。
今もたまに引っかかり、一般家庭だと思って渡してしまう事も

金儲け第一主義の「拝金なんちゃってブリーダー」と「転売屋」を
見破る最も解りやすい箇所は自称ブリーダーの「手」と「ツメ」です。
子犬に会いに行く時に注意してご覧ください。特に「ツメ」。
お産や子犬管理は消毒が重要ですから
何度も何度も消毒液に浸す「手肌」はガサガサに荒れやすく、
お産介助を担う繁殖者の「ツメ」は皆さん、一様に短いです。
この 両方が絶対条件 であることは
飼い主の皆様にもご理解頂けるでしょう。

コチラの記事 転売屋の長いツメ ほどでは無くても
少しの長さでも、本当に自家繁殖を行うブリーダーなら
お産介助で母子を傷つけますから怖くてツメは伸ばせません。
特に2キロ台の小さなママわんはお産介助が必ず必要ですから、
美しいツメの自称ブリーダーさんが自家繁殖をしていると言い張るなら
獣医に丸投げで難産の末に帝王切開され、産湯を使った後の子犬を
受け取っているだけでしょう。ツメが長いとへその緒だって結べません。

ツメは人間の医療者同様、短く切って清潔を保つべき
少しでも長さがあったり、ネイルが美しく保たれていたり、
手肌がきれいであれば、その人はブリーダーではありません。

ネイルチップやシールは誰でも解りますが、カラーも見ます。
特に出血は神経質に注意しますから、赤やマダラ模様のカラーは
繁殖者は付けません。絶対に、です。
46年のブリーディング経験の中で、そんな手をした真摯で
本物のブリーダーに出会った経験はたった一度もありません。
どうか騙されず、見抜いてください。


金儲け第一主義の拝金なんちゃってブリーダーと転売屋を見破る
もう1つの着眼点は「子犬価格です。本当に自家繁殖の子犬なら
価格が「なぜ、ぷ~どるガーデンの2倍・3倍ですか

高値なのは私達のように極小プードルの作出を得意とする繁殖者から
子犬を買い付け(仕入れ)ているからでしょう
私の仲間達の所にも全国から大勢のショップさんや転売屋が来ます。
仕入れた子犬を転売して金儲けをするのですから、質の良い子犬を
作出するプライドを持った繁殖者は子犬を(業者に)安く売りません。
(当ケネルもショップさんへの売値は直譲価格の1.5倍~2倍です。)
ですから、ぷ~どるガーデンがHPで直譲30万円の子犬を
ショップが仕入れた場合は45万円ですから、
販売価格は100万近くになります。当たり前の話ですね。

もちろん、中には「いつも買ってくれるお得意様」には直売よりも
安くするブリーダーもいます。ショップと生産者の提携関係ですね。
そんな転売屋なら ~80万ほどで売るかも知れません。

いずれにしても
本当の自家繁殖で生まれた子犬なら、よほどの拝金主義でない限り
愛玩タイプの子犬1頭の価格が100万近くもしません。

当ケネルのように2kg台のティーカップ ママわんでも1回の出産に
2~3頭は産んでくれますから、生涯出産回数を3~4産で留めても
1頭のママわんは在舎中に10頭の子犬を私達に与えてくれます。

ママわんの第二の人生のための持参品、医療費や必要経費、
全て含めても、当ケネルの直譲価格で充分すぎるほど賄えます。


だから、当ケネルの子犬価格よりも高値で販売される子犬は
その子犬の販売者がどんな美辞麗句、真っ当に聞こえる理由を
並べ立てても
、その販売者は「なりすまし仕入れ型ブリーダー」か
「転売屋」または「拝金主義のブリーダー」なのは間違いないのです。
子犬価格こそが売り手の素性を明らかにします。


余談?ですが、最近、横行しているので追記します。
全国どこの犬猫セリ市も生後57日を過ぎないと出荷できないそうです。
それで、カネ儲け最優先の商業ブリーダー達は
ポータルサイトやSNSなどで「子犬が産まれました。」と宣伝します。
まだ目も明かない子犬の画像を皆様もご覧になった事がお有りでしょう。
で、出荷時期ギリギリまでサイトやSNSで高く(セリ市で予想される
落札価格の10倍くらいで)売ってみて、売れなければ出荷時期に
セリ市に出す。
そういう「パピーミル=生産者」をよく見かけます。
この話はセリ市に出入りするペットショップ経営の古い友人から
聞いた話ですが、ポータルサイトに掲載している動物取扱業登録番号と
セリ市出荷時の登録番号が一致するのを(友人の)パソコンで
見せて貰ったので本当の話です。試しに高値で自力販売してみて、
売れなかったら、セリ市出荷、
ってことですね。
別に悪徳行為ではありません。転売屋より すこぶる真っ当な売り方です。
ただ、セリ市に出せばヒトケタの子犬を、その10倍の価格で買わされる
「お客様」は本当にお気の毒
です。業界のウラを書きましたが
子犬を選ぶより先に、まずはブリーダーをお選びになる事ですね。


また、ネットニュースに有る通り、動物病院を併営するペットショップに
ロクな所が無いように「身内に獣医が居るブリーダー」はお勧め
できません。
絶対に絶対に「自分=繁殖者の非」を認めません。

先住犬の事として飼い主様に聞いた話。お迎え直後に子犬の下痢が始まり、
ブリーダーの身内の獣医に診せた所(無料だから)、「ストレスですね~」と
言われ、整腸剤で様子を見ていたが、ますます下痢が酷くなり、そのうち
子犬がグッタリしはじめたので、慌てて飼い主宅近くの動物病院に行ったら
体内に糞線虫(寄生虫)がいっぱい居て、「整腸剤だけで様子を見ていたら
命が危ぶまれる所だった。」と言われ、九死に一生を得たと仰っていました。
繁殖者に掛け合った所、「ウチの獣医はストレスだと言うので保証できない。
感染経路もウチでは無い。」と突っぱねられ、泣き寝入りした、、、と。
動物病院併設のショップあるある、ですが、個人でこれだと怖いですね。
獣医は「雇われ」や「親族」では無く、その地に足を付けて店舗を構え、
院長自らが自信とプライドを持って診察する動物病院が良いでしょう。
自宅兼病院なら、なお安心ですね。



最後に
当たり前ですけど、
子犬は動画を見て選びましょう。
販売画面に動画を載せず、画像だけしか無い子犬は
「客寄せ画像」の可能性が非常に高いです。
「ウェブカメラ」でライブ配信対応していても、です。客寄せですから。
つい最近、騙されそうになった方のお話を聞きました。怖いですね。

以下は同業者向けの記事です。
「なりすましブリーダー」と「転売屋」は私のブログやHPの文を
盗用します。ここにも、そこにも、呆れるくらいあちこちで見ます。
巧みに言い回しを変えたり、言葉の順序を入れ替えたりしています。
自分の主張を自分の言葉で書いた文章にはチカラがありますが、
誰かの言葉を盗用しても説得力に欠けるのです。極めつけは
「当方の(盗用した)文面をそのまま、または一部書き換えて流用」
しないでください、、と注意書きが添えられていたりします。
当ケネルのHPやブログを隅々まで読んでくださっている貴女の事ですよ。


この記事は2023年8月に作成しました。



▲このページのトップへ戻る

カテゴリー

フリーエリア

検索フォーム