fc2ブログ

【注意喚起】子犬検索/ポータルサイト


増える犬猫購入時のトラブル

【重要】 ポータルサイトを通して子犬を迎える際の注意点
①販売者の素性をしっかり調べる。
過去に外国から輸入した1本200円程度の粗悪なワクチンを自分で
客の犬に接種し、客を騙してワクチン代をせしめ、薬事法違反で逮捕された
悪徳ブリーダーが今現在もポータルサイトで飼い主様を募集しています。
現在も実名報道されています。 薬事法ドットコム 
ポータルサイトで飼い主様を募集している似非ブリーダーの中には
仕入れ目的で当ケネルに連絡してくる方が大勢います。
サイトを見ていると、「あっ、この人も、この人も、、」って感じです。
繁殖者達から仕入れた子犬を2倍以上(100万前後)の高額で
転売していますね。見抜きましょう。このように仕入れ販売なのに
ブリーダーを装う、ペット販売業者なのに個人を装う、等々
このギョーカイは嘘つきだらけ。しっかり調べて騙されないように。
転売屋の長いツメ 

②ブリーダーときちんと売買契約書を交わす。
健康診断や代金受領証を含め、書類をきちんと出せないブリーダーとは
売買しない方が良いです。一事が万事で犬の管理もだらしないでしょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ポータルサイト」には大手が3つほど、中小合わせると更に多くの
サイトがあるようです。皆様もポータルサイトをご覧になった事が
あると思います。実際にショップさんやブリーダー宅を訪問して
犬猫を選ぶ時でも、ある程度の審美眼は求められますが、
ポータルサイトを犬猫選びのキッカケとなさる場合は尚の事、
サイトとブリーダーを選ぶ洞察力が必要です。

数あるサイトにはそれぞれ「傾向」があります。私の知る限りでは、
 大手ショップ子飼いの生産者(パピーミル・ブリーダー)が
大手に買い取り拒否された生体の出品が多い国内最大のサイト。
(ブリーダー同士は互いの名前や販路を意外によく知っています。)
 大手ショップ子飼いのパピーミルが、ポータルサイトに出すのも
ためらう重大欠陥持ちの子犬を何も解らない素人に激安販売するサイト。
掲載無料、成約手数料も無料なので繁殖 引退 廃用犬も掲載。
 掲載しているブリーダーに「業者」が少なく(他サイトと比較して
業者が さほど多く無いという意味)、ブリーダーの販売スタンスを
尊重してくれる比較的良心的な(縛りの少ない)サイト。
ただし、ブリーダー登録の審査が緩いので逮捕歴が有る者も。
良いブリーダーとして販売サイトに登録 しつつ、
実際は2部屋に400頭もの犬 を閉じ込めて虐待し、
逮捕されたり。 程度の差は多かれ少なかれ、
繁殖屋(セリ市出荷のパピーミル)は概ねこんな感じでしょう。

しかし、買い手様が掲載業者(ブリーダー)の投稿内容を慎重に
注意深く読み込むなら矛盾点が現れ、内情は必ず透けて見えます。
ポータルサイトで子犬を探すのは探し始めの第一歩のようなものですから
最初は何も解らなくても、とにかく数を見る事だと思います。
ブリーダーが書いている内容を読み慣れ、画像や動画も見慣れてくると
子犬の質はもちろん、繁殖背景など多くの事が解ってきます。

当ケネルのように検索上位にランキングされるために
専門業者に委託せず、訳の分からないパピーミル達が集結するような
ポータルサイトへの掲載を避けるとなると販路が大いに狭まってしまうので
ひとりでも多くの方に私の子犬を見ていただき、より良い飼い主様に
出会えるようにしてあげるのは子犬にとって良いこと
だと考えるなら
質の良いサイト(前述の)を選んで無料宣伝させて頂くのも
ネット社会における選択肢の1つと考えます。このよう理由から、
優良ポータルサイトへの情報掲載は今後もございます。


飼い主様がポータルサイトをご利用になる際に注意が必要な点を幾つか。
洞察力を備え販売者を選ぶ眼を養う。
ブリーダーが書いている説明文をしっかり読んで、
子犬の動画や画像の先にあるケネルの内情を推察してみる事。
大手ショップのお抱えブリーダーが、ショップに買い取り拒否された子犬や
セリ市に出しても二束三文にしかならないような欠点だらけの子犬を、
何もわからないド素人に売りつけようとしているだけかも知れません。
繁殖者から数十万で買い付けた子犬を100万前後で売る転売ヤーかも
知れません。まだ目も明かない時から画像を撮って掲載し、
売れなければ犬猫セリ市に流す積りかも知れません。
ブリーダーの説明文に矛盾が無いか、一貫性があるかどうかも重要です。
文章にはブリーダーの繁殖姿勢や本質、性格が現れると私は考えます。

生後56日未満の子犬ついて
まだ目も明かない子犬を目に良くないフラッシュに晒して
撮影するブリーダーから子犬を買う方のお考えが知れません。
その理由
誕生翌日または数日経ったくらいで「ティーとか
タイニーとか良く言えるなぁ、あなたは神か。」と問いたい。
買い手様に迎合した けしからん業者だと私は考えます。
この様な業者の多くは生まれて間もない子犬に
数十万円から百万円近い価格を子犬に付けます。
競り市に出荷できる最短生後日数(8週齢56日)ギリギリまで
サイトに載せて、売れればラッキー、売れなければ即行で
犬猫セリ市に出荷します。だから、そのブリーダーの
販売子犬の中には生後60日過ぎの子犬が1頭も居ないのです。
買い手様は「目が明いたばかりの子犬が100万で売れた。」と
勘違いなさいますが、嘘八百も良い所です。このようなカラクリが
常態化しているギョーカイですから、皆様お気を付けくださいね。

金額について 【注意喚起】
ポータルサイト経由の売買ではサイトに書かれている通り、
飼い主様がサイトに直接、仲介手数料を払う必要はありませんが、
売り手(ブリーダー)は3万円~10万円程度の成約手数料を
ポータルサイトに支払います。繁殖者は皆、この手数料を販売価格に
上乗せするので、実際は飼い主様が支払っている事になりますね。

たとえば当ケネルのホームページ価格30万円(税込33万円)の子犬を
ポータルサイトに載せる場合、成約手数料(※)が仮に2万円だとすると
ポータルサイトの掲載価格は35万円になる、という事です。

サイト経由でぷ~どるガーデンのホームページに辿り着かれた方は
【サイトとブリーダー、サイトと飼い主様】の契約上、サイト表記価格が
販売価格
となります。飼い主様がご自分でぷ~どるガーデンのHPを
ご覧になってHP経由でお問い合わせ頂く場合はHP価格です。

サイトで当ケネルの子犬を見つけてくださり、
サイト経由で当ケネルに問い合わせたが、
後にぷ~どるガーデンのホームページをご自分で見つけてくださり、
(前述の理由から、サイト価格とHP価格には差がありますので)
「ホームページの価格に値下げしてください。」と仰られましても
それは出来ません。(仲介サイトで禁止されている行為)ですので
どうぞ皆様お気を付けくださいね。


▲このページのトップへ戻る

カテゴリー

フリーエリア

検索フォーム