fc2ブログ

2022年4月~5月のご寄付


今月もたくさんの方から寄付金をお寄せ頂き、ありがとうございました。
皆様からお寄せ頂く寄付金は公益社団法人 日本愛玩動物協会 または
公益社団法人 日本動物福祉協会 に寄付させて頂きます。
ご寄付は2か月分を取りまとめさせて頂き、【奇数月】に送金します。

kifu.jpg

2022年5月23日 送金しました。
ケネル所在地以外の郵便局から送金した場合、
プライバシー保護の観点から、局名は開示致しません。

【犬舎名入り】は皆様から寄せられました4月と5月の寄付金です。
ケネルスタッフからの寄付金も含まれております。
送金日以降、お預かりした寄付金は次回送金に組み入れます。

また、100円、10円など硬貨のご寄付はこちらで切りの良い数字まで
追加致しまして、千円単位にして寄付金に組み入れてございます。

私達一人ひとりは≪微力ではあるが、無力ではない
殺処分は病気より、老衰より、交通事故より、一年で最も多いペットの死因と
なっています。当ケネルでは、首輪だけを残して殺処分される罪の無い命を
ひとつでも多く救おうと募金活動を行う団体に協賛し、寄付金を届けています。
(ケネルのお目に付く場所に募金箱を置いています。)
わずかな金額でも集まれば大きな力になります。
ひとりでも多くの方が温かいお気持ちをお寄せくださいますように、、、
ぜひ、お力を貸してください。愛犬家の皆様、どうぞ宜しくお願いします。

また、当ケネルでは個人篤志家が私財を投じて運営する埼玉県内のシェルターに
定期的にドッグフードを届けています。
このシェルターはマスコミにも取り上げられました。(Webニュース掲載画像=2枚とも)
ブリーダーの遺棄犬や老齢や病気などで行き場の無い犬達が終生飼養されています。

2014220.jpg

2014221.jpg


毎月、寄附金をお送りくださいます皆様、今月もありがとうございました。
長きにわたり寄付を続ける行為は、生き物に深い愛情を
抱き続けなければ 決して出来る事ではありません。


タカイ様
ホリグチ様
ナカミチ様

1_20220520173402145.jpg

2_2022052017340041d.jpg

3_20220520173359040.jpg

4_202205201733570ce.jpg

5_20220520173356d1c.jpg

金額の多寡に関わらず、寄付はとても難しい行為です。
誰もが口先では「殺処分禁止」を叫ぶけれども、
実際に行動を起こすのは本当に難しいです。

殆どの飼い主さんは自分の愛犬には温かくて美味しい食事を与え、
人気のトリミングサロンを予約し、可愛いお洋服を着せ、
最善の医療を受けさせ、快適な部屋に置かれたふかふかのベッドで
愛犬がしあわせそうに寛ぐ姿を見て、それだけで満足なさいます。

そんな中、毎月毎月決まった額を当ケネルに託してくださる飼い主様の
温かいお気持ちには本当に頭が下がる思いが致します。
何事もそうですが、特に寄付行為においては
継続していく事はとても難しい
と私自身も感じます。 

人は誰でもお金が大事で、自分や自分の大切なものに使いたいと考えます。
けれども、動物を大切に扱い、殺処分ゼロに協賛する当ケネルの姿勢に共感して
私の子犬をお迎えくださる飼い主様は、その様な考えの方では無いと信じます。


ご自分の愛犬に惜しみなく費やすお金のごく一部を
遺棄された犬達の命を救う活動にお寄せくださった皆様に
心からの感謝の気持ちをお伝えします。今月もありがとうございました。
今月も暖かいお手紙とご寄付が寄せられました。

スタッフの一人が言いました。
「私達に寄付金を託してくださる飼い主様って やっぱり、
お譲りした子犬の価値を
本当に理解してくださる方たち
ですよね
健康診断とウィルスチェック代の2万円、訓練士の行動審査料金を
ウチが負担してでも、健康で欠点(問題)の無い子犬を
とてもお安く分譲している事と
子犬の質を真っ当に評価してくださるから
寄付というカタチで表してくださる
んですよね
その通りですね。寄付行為にはそんな想いも込められていると感じます。
皆様、ありがとうございます。


ブログカテゴリー「お譲りした子犬達」やこちらのご寄付画像を拝見し、
巣立って行った子犬達や飼い主様に想いを馳せております。

※硬貨のご寄付も送金額に組み入れてございます。

6_202205201735292b9.jpg

7_202205201735280b2.jpg

8_2022052017352675f.jpg

9_20220520173525d04.jpg

10_20220520173523add.jpg

11_20220520173522980.jpg

12_202205201735207d9.jpg

13_202205201735195bf.jpg

受け取らせて頂いたお日にちにより、
来月分として送金させて頂く場合がございます。画像紛失等の
手違いにより、本欄への掲載漏れがございましたら深謝いたします。
※画像を紛失してしまった場合も、寄付金の手違いはございません。
寄付金は間違いなくお預かりし、送金額に組み込まれておりますので
どうぞご安心くださいませ。


殺処分撲滅に全く無関心な方も大勢いらっしゃる中、
ご寄付をお寄せくださり、ありがとうございました。
僅かなお金でも集まれば大きな力になると信じています。
募金活動は草の根運動ですが、
私達一人ひとりは≪微力ではあるが、無力ではない≫
これからも協賛を続けてまいりたいと思います。どうぞよろしくお願いします。



 

▲このページのトップへ戻る

2022年2月~3月のご寄付


今月もたくさんの方から寄付金をお寄せ頂き、ありがとうございました。
皆様からお寄せ頂く寄付金は公益社団法人 日本愛玩動物協会 または
公益社団法人 日本動物福祉協会 に寄付させて頂きます。
ご寄付は2か月分を取りまとめさせて頂き、【奇数月】に送金します。

P1290015.jpg
2022年3月30日 送金しました。
ケネル所在地以外の郵便局から送金した場合、
プライバシー保護の観点から、局名は開示致しません。

【犬舎名入り】は皆様から寄せられました2月と3月の寄付金です。
ケネルスタッフからの寄付金も含まれております。
送金日以降、お預かりした寄付金は次回送金に組み入れます。


私達一人ひとりは≪微力ではあるが、無力ではない
殺処分は病気より、老衰より、交通事故より、一年で最も多いペットの死因と
なっています。当ケネルでは、首輪だけを残して殺処分される罪の無い命を
ひとつでも多く救おうと募金活動を行う団体に協賛し、寄付金を届けています。
(ケネルのお目に付く場所に募金箱を置いています。)
わずかな金額でも集まれば大きな力になります。
ひとりでも多くの方が温かいお気持ちをお寄せくださいますように、、、
ぜひ、お力を貸してください。愛犬家の皆様、どうぞ宜しくお願いします。

また、当ケネルでは個人篤志家が私財を投じて運営する埼玉県内のシェルターに
定期的にドッグフードを届けています。
このシェルターはマスコミにも取り上げられました。(Webニュース掲載画像=2枚とも)
ブリーダーの遺棄犬や老齢や病気などで行き場の無い犬達が終生飼養されています。

2014220.jpg

2014221.jpg


毎月、寄附金をお送りくださいます皆様、今月もありがとうございました。
長きにわたり寄付を続ける行為は、生き物に深い愛情を
抱き続けなければ 決して出来る事ではありません。


タカイ様
ホリグチ様
モリヤマ様
ノムラ様

1_2022032918092108a.jpg

2_20220329180920e13.jpg

3_20220329180918760.jpg

4_202203291809177e0.jpg

5_202203291809155ec.jpg

6_20220329180914d03.jpg

金額の多寡に関わらず、寄付はとても難しい行為です。
誰もが口先では「殺処分禁止」を叫ぶけれども、
実際に行動を起こすのは本当に難しいです。

殆どの飼い主さんは自分の愛犬には温かくて美味しい食事を与え、
人気のトリミングサロンを予約し、可愛いお洋服を着せ、
最善の医療を受けさせ、快適な部屋に置かれたふかふかのベッドで
愛犬がしあわせそうに寛ぐ姿を見て、それだけで満足なさいます。

そんな中、毎月毎月決まった額を当ケネルに託してくださる飼い主様の
温かいお気持ちには本当に頭が下がる思いが致します。
何事もそうですが、特に寄付行為においては
継続していく事はとても難しい
と私自身も感じます。 

人は誰でもお金が大事で、自分や自分の大切なものに使いたいと考えます。
けれども、動物を大切に扱い、殺処分ゼロに協賛する当ケネルの姿勢に共感して
私の子犬をお迎えくださる飼い主様は、その様な考えの方では無いと信じます。


ご自分の愛犬に惜しみなく費やすお金のごく一部を
遺棄された犬達の命を救う活動にお寄せくださった皆様に
心からの感謝の気持ちをお伝えします。今月もありがとうございました。
今月も暖かいお手紙とご寄付が寄せられました。

スタッフの一人が言いました。
「私達に寄付金を託してくださる飼い主様って やっぱり、
お譲りした子犬の価値を
本当に理解してくださる方たち
ですよね
健康診断とウィルスチェック代の2万円、訓練士の行動審査料金を
ウチが負担してでも、健康で欠点(問題)の無い子犬を
とてもお安く分譲している事と
子犬の質を真っ当に評価してくださるから
寄付というカタチで表してくださる
んですよね
その通りですね。寄付行為にはそんな想いも込められていると感じます。
皆様、ありがとうございます。


ブログカテゴリー「お譲りした子犬達」やこちらのご寄付画像を拝見し、
巣立って行った子犬達や飼い主様に想いを馳せております。

画像は 子犬の誕生日ごと に掲載しております。

4_20220206175708c38.jpg

5_20220206175707023.jpg

6_20220206175705a36.jpg

7_20220206175704b4d.jpg

8_202202061757021ea.jpg

9_20220206175701392.jpg

10_20220206175659a47.jpg

11_20220206175658c46.jpg

12_202202061756565dd.jpg
7_20220329181318c24.jpg

8_20220329181317709.jpg

9_20220329181315512.jpg

10_20220329181314455.jpg

11_20220329181843f4d.jpg

12_20220329181842cb4.jpg

13_20220329181840fad.jpg

14_20220329181839a9a.jpg

15_20220329181837072.jpg

16_20220329181952084.jpg

17_20220329181951b9e.jpg

18_20220329181949aea.jpg


受け取らせて頂いたお日にちにより、
来月分として送金させて頂く場合がございます。画像紛失等の
手違いにより、本欄への掲載漏れがございましたら深謝いたします。
※画像を紛失してしまった場合も、寄付金の手違いはございません。
寄付金は間違いなくお預かりし、送金額に組み込まれておりますので
どうぞご安心くださいませ。


殺処分撲滅に全く無関心な方も大勢いらっしゃる中、
ご寄付をお寄せくださり、ありがとうございました。
僅かなお金でも集まれば大きな力になると信じています。
募金活動は草の根運動ですが、
私達一人ひとりは≪微力ではあるが、無力ではない≫
これからも協賛を続けてまいりたいと思います。どうぞよろしくお願いします。



 

▲このページのトップへ戻る

2021年12月~2022年1月のご寄付


今月もたくさんの方から寄付金をお寄せ頂き、ありがとうございました。
皆様からお寄せ頂く寄付金は公益社団法人 日本愛玩動物協会 または
公益社団法人 日本動物福祉協会 に寄付させて頂きます。
ご寄付は2か月分を取りまとめさせて頂き、【奇数月】に送金します。

P1270405.jpg

2022年1月25日送金しました。
ケネル所在地以外の郵便局から送金した場合、
プライバシー保護の観点から、局名は開示致しません。

【犬舎名入り】は皆様から寄せられました12月・1月の寄付金です。
ケネルスタッフからの寄付金も含まれております。
送金日以降、お預かりした寄付金は次回送金に組み入れます。


私達一人ひとりは≪微力ではあるが、無力ではない
殺処分は病気より、老衰より、交通事故より、一年で最も多いペットの死因と
なっています。当ケネルでは、首輪だけを残して殺処分される罪の無い命を
ひとつでも多く救おうと募金活動を行う団体に協賛し、寄付金を届けています。
わずかな金額でも集まれば大きな力になります。
ひとりでも多くの方が温かいお気持ちをお寄せくださいますように、、、
ぜひ、お力を貸してください。愛犬家の皆様、どうぞ宜しくお願いします。

また、当ケネルでは個人篤志家が私財を投じて運営する埼玉県内のシェルターに
定期的にドッグフードを届けています。
このシェルターはマスコミにも取り上げられました。(Webニュース掲載画像=2枚とも)
ブリーダーの遺棄犬や老齢や病気などで行き場の無い犬達が終生飼養されています。

2014220.jpg

2014221.jpg

毎月、寄附金をお送りくださいます皆様、今月もありがとうございました。
長きにわたり寄付を続ける行為は、生き物に深い愛情を
抱き続けなければ 決して出来る事ではありません。


タカイ様
ホリグチ様
モリヤマ様
ノムラ様

13_20211230194832eff.jpg

14_202112301948319df.jpg

15_20211230194829411.jpg

12_2021123019482885f.jpg


金額の多寡に関わらず、寄付はとても難しい行為です。
誰もが口先では「殺処分禁止」を叫ぶけれども、
実際に行動を起こすのは本当に難しいです。

殆どの飼い主さんは自分の愛犬には温かくて美味しい食事を与え、
人気のトリミングサロンを予約し、可愛いお洋服を着せ、
最善の医療を受けさせ、快適な部屋に置かれたふかふかのベッドで
愛犬がしあわせそうに寛ぐ姿を見て、それだけで満足なさいます。

そんな中、毎月毎月決まった額を当ケネルに託してくださる飼い主様の
温かいお気持ちには本当に頭が下がる思いが致します。
何事もそうですが、特に寄付行為においては
継続していく事はとても難しい
と私自身も感じます。 

人は誰でもお金が大事で、自分や自分の大切なものに使いたいと考えます。
けれども、動物を大切に扱い、殺処分ゼロに協賛する当ケネルの姿勢に共感して
私の子犬をお迎えくださる飼い主様は、その様な考えの方では無いと信じます。


ご自分の愛犬に惜しみなく費やすお金のごく一部を
遺棄された犬達の命を救う活動にお寄せくださった皆様に
心からの感謝の気持ちをお伝えします。今月もありがとうございました。
今月も暖かいお手紙とご寄付が寄せられました。

スタッフの一人が言いました。
「私達に寄付金を託してくださる飼い主様って やっぱり、
お譲りした子犬の価値を
本当に理解してくださる方たち
ですよね
健康診断とウィルスチェック代の2万円、訓練士の行動審査料金を
ウチが負担してでも、健康で欠点(問題)の無い子犬を
とてもお安く分譲している事と
子犬の質を真っ当に評価してくださるから
寄付というカタチで表してくださる
んですよね
その通りですね。寄付行為にはそんな想いも込められていると感じます。
皆様、ありがとうございます。


ブログカテゴリー「お譲りした子犬達」やこちらのご寄付画像を拝見し、
巣立って行った子犬達や飼い主様に想いを馳せております。

画像は 子犬の誕生日ごと に掲載しております。

0_20220101114345b12.jpg

1_202112301952458d4.jpg

2_20211230195243f95.jpg

3_2021123019524205d.jpg

4_20211230195240f20.jpg

5_202112301952393ac.jpg

6_202112301951149c3.jpg

7_20211230195113090.jpg

8_202112301951118eb.jpg

9_202112301951108c9.jpg

10_20211230195108604.jpg

11_2021123019510737c.jpg


受け取らせて頂いたお日にちにより、
来月分として送金させて頂く場合がございます。画像紛失等の
手違いにより、本欄への掲載漏れがございましたら深謝いたします。
※画像を紛失してしまった場合も、寄付金の手違いはございません。
寄付金は間違いなくお預かりし、送金額に組み込まれておりますので
どうぞご安心くださいませ。


殺処分撲滅に全く無関心な方も大勢いらっしゃる中、
ご寄付をお寄せくださり、ありがとうございました。
僅かなお金でも集まれば大きな力になると信じています。
募金活動は草の根運動ですが、
私達一人ひとりは≪微力ではあるが、無力ではない≫
これからも協賛を続けてまいりたいと思います。どうぞよろしくお願いします。



 

▲このページのトップへ戻る

2021年10月~11月のご寄付


今月もたくさんの方から寄付金をお寄せ頂き、ありがとうございました。
皆様からお寄せ頂く寄付金は公益社団法人 日本愛玩動物協会 または
公益社団法人 日本動物福祉協会 に寄付させて頂きます。
ご寄付は2か月分を取りまとめさせて頂き、【奇数月】に送金します。

P1260358.jpg

2021年11月25日送金しました。
ケネル所在地以外の郵便局から送金した場合、
プライバシー保護の観点から、局名は開示致しません。

【犬舎名入り】は皆様から寄せられました10月11月の寄付金です。
ケネルスタッフからの寄付金も含まれております。
送金日以降、お預かりした寄付金は次回送金に組み入れます。


私達一人ひとりは≪微力ではあるが、無力ではない
殺処分は病気より、老衰より、交通事故より、一年で最も多いペットの死因と
なっています。当ケネルでは、首輪だけを残して殺処分される罪の無い命を
ひとつでも多く救おうと募金活動を行う団体に協賛し、寄付金を届けています。
(ケネルのお目に付く場所に募金箱を置いています。)
わずかな金額でも集まれば大きな力になります。
ひとりでも多くの方が温かいお気持ちをお寄せくださいますように、、、
ぜひ、お力を貸してください。愛犬家の皆様、どうぞ宜しくお願いします。

また、当ケネルでは個人篤志家が私財を投じて運営する埼玉県内のシェルターに
定期的にドッグフードを届けています。
このシェルターはマスコミにも取り上げられました。(Webニュース掲載画像=2枚とも)
ブリーダーの遺棄犬や老齢や病気などで行き場の無い犬達が終生飼養されています。

2014220.jpg

2014221.jpg

毎月、寄附金をお送りくださいます皆様、今月もありがとうございました。
長きにわたり寄付を続ける行為は、生き物に深い愛情を
抱き続けなければ 決して出来る事ではありません。


タカイ様
ホリグチ様

6_20211009110139211.jpg

13_20211111140755d33.jpg

14_20211111140757e52.jpg

金額の多寡に関わらず、寄付はとても難しい行為です。
誰もが口先では「殺処分禁止」を叫ぶけれども、
実際に行動を起こすのは本当に難しいです。

殆どの飼い主さんは自分の愛犬には温かくて美味しい食事を与え、
人気のトリミングサロンを予約し、可愛いお洋服を着せ、
最善の医療を受けさせ、快適な部屋に置かれたふかふかのベッドで
愛犬がしあわせそうに寛ぐ姿を見て、それだけで満足なさいます。

そんな中、毎月毎月決まった額を当ケネルに託してくださる飼い主様の
温かいお気持ちには本当に頭が下がる思いが致します。
何事もそうですが、特に寄付行為においては
継続していく事はとても難しい
と私自身も感じます。 

人は誰でもお金が大事で、自分や自分の大切なものに使いたいと考えます。
けれども、動物を大切に扱い、殺処分ゼロに協賛する当ケネルの姿勢に共感して
私の子犬をお迎えくださる飼い主様は、その様な考えの方では無いと信じます。


ご自分の愛犬に惜しみなく費やすお金のごく一部を
遺棄された犬達の命を救う活動にお寄せくださった皆様に
心からの感謝の気持ちをお伝えします。今月もありがとうございました。
今月も暖かいお手紙とご寄付が寄せられました。

スタッフの一人が言いました。
「私達に寄付金を託してくださる飼い主様って やっぱり、
お譲りした子犬の価値を
本当に理解してくださる方たち
ですよね
健康診断とウィルスチェック代の2万円、訓練士の行動審査料金を
ウチが負担してでも、健康で欠点(問題)の無い子犬を
とてもお安く分譲している事と
子犬の質を真っ当に評価してくださるから
寄付というカタチで表してくださる
んですよね
その通りですね。寄付行為にはそんな想いも込められていると感じます。
皆様、ありがとうございます。


ブログカテゴリー「お譲りした子犬達」やこちらのご寄付画像を拝見し、
巣立って行った子犬達や飼い主様に想いを馳せております。

画像は 子犬の誕生日ごと に掲載しております。

2021年11月8日 匿名希望 N様より、10,000円
ありがとうございました。

91a.jpg

91b.jpg

824c.jpg

824b.jpg

824a.jpg

1_2021111114100838d.jpg

2_20211111141006932.jpg

  基本色の子犬をお迎えくださった飼い主様からのご寄付です。

3_202111111410053eb.jpg

4_202111111410031bf.jpg

5_20211111141002007.jpg

今治タオルをたくさん送ってくださいました。

100_20211111152530d8e.jpg
  ありがとうございました。


6_20211111141000e82.jpg

7_202111111409597aa.jpg

8_2021111114095761a.jpg

9_20211111140956132.jpg

10_20211111140954878.jpg

11_20211111140953d36.jpg

12_202111111409513d2.jpg

受け取らせて頂いたお日にちにより、
来月分として送金させて頂く場合がございます。画像紛失等の
手違いにより、本欄への掲載漏れがございましたら深謝いたします。
※画像を紛失してしまった場合も、寄付金の手違いはございません。
寄付金は間違いなくお預かりし、送金額に組み込まれておりますので
どうぞご安心くださいませ。


殺処分撲滅に全く無関心な方も大勢いらっしゃる中、
ご寄付をお寄せくださり、ありがとうございました。
僅かなお金でも集まれば大きな力になると信じています。
募金活動は草の根運動ですが、
私達一人ひとりは≪微力ではあるが、無力ではない≫
これからも協賛を続けてまいりたいと思います。どうぞよろしくお願いします。



 

▲このページのトップへ戻る

2021年8月~9月のご寄付


今月もたくさんの方から寄付金をお寄せ頂き、ありがとうございました。
皆様からお寄せ頂く寄付金は公益社団法人 日本愛玩動物協会 または
公益社団法人 日本動物福祉協会 に寄付させて頂きます。
ご寄付は2か月分を取りまとめさせて頂き、【奇数月】に送金します。

P1250245.jpg
2021年9月28日送金しました。
ケネル所在地以外の郵便局から送金した場合、
プライバシー保護の観点から、局名は開示致しません。

【犬舎名入り】は皆様から寄せられました8月と9月の寄付金です。
ケネルスタッフからの寄付金も含まれております。
送金日以降、お預かりした寄付金は次回送金に組み入れます。


私達一人ひとりは≪微力ではあるが、無力ではない
殺処分は病気より、老衰より、交通事故より、一年で最も多いペットの死因と
なっています。当ケネルでは、首輪だけを残して殺処分される罪の無い命を
ひとつでも多く救おうと募金活動を行う団体に協賛し、寄付金を届けています。
(ケネルのお目に付く場所に募金箱を置いています。)
わずかな金額でも集まれば大きな力になります。
ひとりでも多くの方が温かいお気持ちをお寄せくださいますように、、、
ぜひ、お力を貸してください。愛犬家の皆様、どうぞ宜しくお願いします。

また、当ケネルでは個人篤志家が私財を投じて運営する埼玉県内のシェルターに
定期的にドッグフードを届けています。
このシェルターはマスコミにも取り上げられました。(Webニュース掲載画像=2枚とも)
ブリーダーの遺棄犬や老齢や病気などで行き場の無い犬達が終生飼養されています。

2014220.jpg

2014221.jpg

毎月、寄附金をお送りくださいます皆様、今月もありがとうございました。
長きにわたり寄付を続ける行為は、生き物に深い愛情を
抱き続けなければ 決して出来る事ではありません。


タカイ様
ホリグチ様
ノムラ様

1_20211009110146ca9.jpg

2_20211009110145127.jpg

3_20211009110143e07.jpg

4_20211009110142269.jpg

5_20211009110140cc1.jpg

1_20210818173528e90.jpg

金額の多寡に関わらず、寄付はとても難しい行為です。
誰もが口先では「殺処分禁止」を叫ぶけれども、
実際に行動を起こすのは本当に難しいです。

殆どの飼い主さんは自分の愛犬には温かくて美味しい食事を与え、
人気のトリミングサロンを予約し、可愛いお洋服を着せ、
最善の医療を受けさせ、快適な部屋に置かれたふかふかのベッドで
愛犬がしあわせそうに寛ぐ姿を見て、それだけで満足なさいます。

そんな中、毎月毎月決まった額を当ケネルに託してくださる飼い主様の
温かいお気持ちには本当に頭が下がる思いが致します。
何事もそうですが、特に寄付行為においては
継続していく事はとても難しい
と私自身も感じます。 

人は誰でもお金が大事で、自分や自分の大切なものに使いたいと考えます。
けれども、動物を大切に扱い、殺処分ゼロに協賛する当ケネルの姿勢に共感して
私の子犬をお迎えくださる飼い主様は、その様な考えの方では無いと信じます。


ご自分の愛犬に惜しみなく費やすお金のごく一部を
遺棄された犬達の命を救う活動にお寄せくださった皆様に
心からの感謝の気持ちをお伝えします。今月もありがとうございました。
今月も暖かいお手紙とご寄付が寄せられました。

スタッフの一人が言いました。
「私達に寄付金を託してくださる飼い主様って やっぱり、
お譲りした子犬の価値を
本当に理解してくださる方たち
ですよね
健康診断とウィルスチェック代の2万円、訓練士の行動審査料金を
ウチが負担してでも、健康で欠点(問題)の無い子犬を
とてもお安く分譲している事と
子犬の質を真っ当に評価してくださるから
寄付というカタチで表してくださる
んですよね
その通りですね。寄付行為にはそんな想いも込められていると感じます。
皆様、ありがとうございます。


ブログカテゴリー「お譲りした子犬達」やこちらのご寄付画像を拝見し、
巣立って行った子犬達や飼い主様に想いを馳せております。


P1240717.jpg

画像は 子犬の誕生日ごと に掲載しております。

7171.jpg

 レッド系のキャンセル料として

P1250183.jpg

 基本色のキャンセル料として

P1250182.jpg

P1250186.jpg

P1250184.jpg

P1250185.jpg

P1240776.jpg

P1240777.jpg

P1240765.jpg

2_2021081817352654d.jpg

3_20210818173525e26.jpg

4_20210818173523e07.jpg

5_202108181735226c2.jpg

6_20210818173520351.jpg

7_202108181735199b0.jpg

P1240719.jpg

P1240602.jpg

P1240883.jpg

受け取らせて頂いたお日にちにより、
来月分として送金させて頂く場合がございます。画像紛失等の
手違いにより、本欄への掲載漏れがございましたら深謝いたします。
※画像を紛失してしまった場合も、寄付金の手違いはございません。
寄付金は間違いなくお預かりし、送金額に組み込まれておりますので
どうぞご安心くださいませ。


殺処分撲滅に全く無関心な方も大勢いらっしゃる中、
ご寄付をお寄せくださり、ありがとうございました。
僅かなお金でも集まれば大きな力になると信じています。
募金活動は草の根運動ですが、
私達一人ひとりは≪微力ではあるが、無力ではない≫
これからも協賛を続けてまいりたいと思います。どうぞよろしくお願いします。



 

▲このページのトップへ戻る

カテゴリー

フリーエリア

検索フォーム