FC2ブログ
ケネルの感染対策

新型コロナは恐ろしいですし、
これによって大きな影響を受けた方が大勢いらっしゃいます。
一日も早い終息が待たれますね。

そんな中でも私にとってひとつだけ良い点があります。
それは病原体に対する皆様のご認識が変わったのでは?と
思えることです。
ウィルス、細菌、真菌、原虫など、目に見えないバイキンに対して
世間の認識は非常に甘い(無知に等しい)と感じておりましたので。

買い手様のご認識不足から
犬舎を見せない(客を入れない)ブリーダーは
(汚すぎて)とても客に見せられない状況だから。
両親犬を見せないブリーダーは
(両親犬を)虐待してボロボロな状態だから、
見せられないのだろう。
 ・・・  等々、

感染症対策を徹底しているナーバスなブリーダーは皆、
散々な言われようでした。

けれども最近になってやっと、接触感染、 飛沫感染、
空気感染(エアロゾル)、媒介物感染など
が知られるようになり、
真面目なブリーダー達が
見ず知らずの他人様をケネルに入れない理由、
両親犬をやみくもに見せたり、触らせない理由

ご理解頂けるようになりました。これは大いに歓迎するべき傾向です。

当ケネルで行っている感染症対策の一部をお知らせしますね。
ケネルに入る前
入念な手洗い。冬でもヒジまで洗います。
(手洗い方法は身内の外科医から徹底指導を受けます。)
髪をしばってヘアピンで留め、食品工場で被る衛生帽とマスクを着用。
足元は医療用のクロックスのみ。
他犬種を扱う友人ブリーダーは被毛が付着しない服装を指示しますが、
プードルは抜け毛が飛散しないので、特に指定しません。スカート不可。

禁止事項
犬の触りまわし(うちの獣医が絶対に嫌います。)
犬を触った手で別の犬に触る事です。
当ケネルの成犬達は原則、室内フリーなのでケージに入れっぱなしでは
ありません。ひとりになりたい子は自分専用のクレートに入り、
自分のタオルケットの上で休みます。全クレートのトビラは外しています。
わずか15畳ほどの成犬スペースに消毒液は10カ所以上設置。
感染症は「人間の手と靴底」から、「犬の口と肺」に入る、ので。
足元(医療用クロックス)は一日のお世話終了後に
消毒薬を満たしたバケツにシューズ全体を浸してから干します。
お世話中は靴底消毒液をすべての出入り口(踏み込み)に設置。
踏み込み液アンティックビルコンを使用。一日3回交換します。
手指消毒はアルボナースを使用。手洗い石鹸はイソジンです。
消毒薬は獣医指導の元、季節に応じ、定期的に種類を変えます。
また、ケージや器具の消毒・滅菌には高水準消毒薬を使います。

スタッフでさえ、これだけ神経を尖らせているのに、何の危機感も無い
第三者様にケネルに入っていただくなんて、とんでもない話です。
獣医でさえも着替えて、スタッフと同じようにして入ります。
獣医こそキタナイのです。病原体の巣窟ですから。

畜共通感染症の防止  
犬を触った手で(自分の)口や目を触らない。犬は何と言ってもイヌです。
イヌの口内には危険なバイキンがたくさん居ます。
皆様も口移しで食べ物を与えない(箸で与える時も)ご注意くださいね。

うちの成犬達は皆、お行儀が良いので室内フリーにしても
あちこちに排泄物をまき散らす事がありません。
なので、大型トイレトレーを2カ所設置でコト足ります。
みんなトイレトレーに排泄してくれますので、トイレのお世話は楽です。

以上は成犬スタッフが守ってくれている約束の一部ですが、
産後のママわん、新生仔の担当してくれるスタッフは更に大変です。
(当ケネルでは母犬・新生仔室と成犬犬舎は完全分離させています。)

新生仔は長年、シロさんが担当してくれています。
新生仔には、獣医並みの知識哺育技術 が要求されます。
ママわんには精神的ケアが大事ですが、シロさんは心優しいので適任です。
母子室や新生仔の哺育環境などはシロさんが記事を書いていますので
良かったらブログをお読みくださいね。


ケネル紹介 admin page top↑
子犬用のタオル

子犬ちゃん飼養担当のシロです。
本業は損保代理店(自営)で、自動車保険を扱っています。

日差しはもう、初夏ですね。
洗濯物がよく乾くので有難い季節ですが、
プードル達の暑さ対策もそろそろ必要で
ランの屋根に紫外線を遮る黒い寒冷紗を掛けました。
これで随分、暑さが緩和されます。

子犬ちゃんが使う 新品タオル が大量に届きました。
提携しているタオル業者さんから定期的に届けられますが、
今年はコロナの影響でタオルを発注するホテルが激減。
在庫が余っているそうで、新品タオルがお安く買えました。

いつもは高級ホテル払い下げの中古タオルです。
高級ホテルの中古タオルは素材がしっかりしている上、
適度に使わていたので吸水性が良く、柔軟性もあるので、
ショーブリーダー仲間では手入れ用に好んで使う人が多く、
動物病院やトリマーさん達にも人気が有ります。
送られてきたのは300枚ほどです。価格は一枚150円。
送料が高くなりましたね

image1_20200513075916840.jpg

こんな感じで使っています。 
成犬達はクレートに洗いたてのバスタオルを毎日一枚づつ、
入れてやりますが、子犬はすぐに汚すので 1か所汚れただけで
バスタオル1枚を交換すると大量の洗濯物が出ますから
汚れた部分だけ交換できるフェイスタオルを
1頭に付き、1日2回 フルチェンジで合計8枚使います。
トイレトレーニングが終了しないうちは、よく失敗するので
交換枚数は1日1頭につき、10枚以上になる時もあります。

10_20200513075918b04.jpg

下の画像はベビーランに出る順番を待つ子犬たちです。
狭いケージに、いつもこんなにたくさんの子犬を
詰め込んでいるわけではありませんので誤解が無いように。

通常は60×90cmのサークルに1頭づつ、個室管理をしています。
生後7週(49日)までは上の画像の右2つ(高さのあるサークル)で
24時間母子一緒に過ごしています。左の2室が子犬の個室で、
ベビールームには子犬専用の個室が 6室 あります。
他にタタミ一畳分(90×180cm)の室内ベビーランがあります。
子犬の運動(足腰)のためには本当はコルクが良いのですが、
高価ですし、トイレの失敗も有るので、タオルを使っています。

ブリーダーで成犬や子犬の飼養管理にタオルを使うブリーダーは
大変少ない
です。何も敷かないか、よくて新聞紙です。

ショップでもプラスティック床にちぎった紙をバラ撒いていますね。
汚物が散らからないので管理は楽でしょうけど、
まだまだ柔らかい子犬の足腰には、
摩擦が大きく、しっかり踏ん張れるタオルが最適
です。

201914a.jpg

子犬が2~3頭の時の洗濯物はこれくらいで済みますが、
ベビーラッシュになれば、専用洗濯機で1日に100枚は洗います。
日光消毒が一番ですが、雨天に備えて大型乾燥機もありますよ。

20191319.jpg

子犬飼養担当のシロでした
 

ケネル紹介 admin page top↑
子犬室のレイアウト

子犬の飼養担当 「シロ」です。
子犬室のレイアウトはこんなかんじです。
使い勝手の良いように、常に工夫しています。

310.jpg

20191311.jpg

20191312.jpg

20191313.jpg

ヒーターは絶対に必要です。
室内温度が365日24時間一定に保たれているマンションでも、
一日中エアコンをつけっぱなしでも、ペット専用ヒーターは必要です。
当ケネルでは、母犬の体温と同じ(38℃)をキープできる
ヒーターをご案内しています。(ワット数の少ない粗悪品不可)

20191315.jpg

子犬と同じサイズの柔らかいぬいぐるみを置いてあげると
ぬいぐるみが温まり、子犬は自分の仲間だと思って安心します。

20191316.jpg


二重ガラスの先は南に面したドッグランです。
(建物は東南角地に立地)
暖かい午前中か、お昼寝後にベビーランで遊びます。
ランは軽自動車が3台入る広さですが、
子犬ちゃん用に小さく仕切って遊ばせています。

20191317.jpg

ランの上はご覧の通り
毎日お洗濯物の花が咲き、日光に充分あてて消毒します。
天気の悪い日は殺菌も兼ねて、大型乾燥機で一気に乾かします。

20191318.jpg

20191319.jpg

20191320.jpg


ケネル紹介 admin page top↑
飼養環境

「シロ」です
保険代理店を自営しています。
ペット保険は頻繁に補償内容が変わるので、
定期的にパンフレットを取り寄せ、
常にプードルに最適で、飼い主様にとってベストな商品
ご案内できるよう、約款を隅から隅まで読み込んで、
飼い主様に代わって比較検討しています。

2019131.jpg





子犬室をご案内しますね。

お世話に使うグッズがひとまとめになったワゴンです。

2019135.jpg

2019136.jpg

獣医指導のもと、サプリメントを飲ませる時もあります。

おもちゃで遊んであげるのは大切な知育教育です。
ブリーダー(人間)に遊んでもらった経験が無いまま育った子犬は
遊び方を知りません。環境に慣れたら、たくさん遊んであげましょう。

2019137.jpg

2019138.jpg

イヤークリーナー

2019138a.jpg

食前・食後は体重をきっちり計測し、1頭1頭、記録しておきます。
最低でも、食後は20g増えるように確認します。

ウエットティッシュで口の周りを拭いてあげます。

2019139.jpg



こちらはスタッフが手作りした洋服です。
普段は着せませんが、撮影の時はおしゃれをします

2019132.jpg

2019133.jpg

2019134.jpg


ケネル紹介 admin page top↑
ベビーラン

東南に位置するベビーランです。
夏は涼しい午前中、それ以外の季節は暖かい時間帯を選んで
みんなで延べ30分程度、日光浴をします。
室内運動場でもガラス越しに日向ぼっこができますが
しっかり歩けるようになった子犬達はやっぱりお外が大好き
ランに放してあげると大喜びで思い思いの遊びを始めます。
真ん中に置いたトイレにも自分で行くことができます
一日に何度か、きょうだいや他の子犬達と遊ぶことで社会性を身に着けます。

puppyrun1.jpg


puppyrun2.jpg


夫が作った木々の間のバードレストランには時々可愛いお客様が訪れ、
四季折々の趣が楽しめます


puppyrun3.jpg



ケネル紹介 admin page top↑
* HOME * next