fc2ブログ

転売屋の長いツメ


タイトルが真実なので、同業者からのアクセスが多いです。
同業者の皆様、そんなに警戒しなくても、ウソをつかず、真面目に
ブリーディングなさっていれば
怖いものなど何も無いでしょう

この記事は【ウソつき業者】の摘発目的では無く、
あくまでも「飼い主様が騙されないように」との注意勧告ですから
転売屋の皆様、自分の事かとヒヤヒヤしなくても大丈夫ですよ。
そして、この記事をご覧の転売屋の皆様、私のホームページや
ブログ記事からの盗用は慎んでください。プライドを持ちましょうね。

以下、飼い主様向けの注意勧告です。
まず最初に、散々騙され、ひどい目に遭わされてきたので、
私は息をするようにウソをつく転売屋が大っキライです。

私達のようにボディサイズが小さな子犬のブリーディングを
得意とするケネルから一般飼い主になりすまして子犬を買い付け、
仕入れ値の何倍もの価格で高額販売する、いわゆる転バイヤーが
引きも切らず横行し、まんまと騙されるお気の毒な飼い主様が
あとを絶ちません。動物愛護法では繁殖者は子犬を登録事業所で
引き渡す義務がありますから、動物取扱業登録証の住所が
〇〇-101とか集合住宅は有り得ないでしょう。
集合住宅でブリーディングできますか分譲マンションでも
飼育頭数が決められています。転売屋確定なのに、
買い手様は「これはおかしい・・・」とお考えにならないのでしょうか

国内最大の仲介サイト み〇なのブリーダーでも横行しています。
売主が飼い主近所の犬屋に子犬を売り、飼い主は近所の犬屋から
子犬を買うので一見合法ですが、トラブルが起きたら売主(生産者)も
近所の犬屋も責任をとりませんよ。もちろん仲介サイトもノータッチです。
このような転売屋(責任の転嫁)を取り締まるために【繁殖地における
繁殖者直譲】を環境省が打ち出したのに転売屋はズル賢いですね。
ちなみに買い手さんは近所の犬屋に数万円手数料を払うんですよ。
業者達の食い物にされても全く気づかないとはお目出たい話です。


買い手が何故、いとも簡単に仲介屋に騙されるのかな?と思いますが、
一般の飼い主様が(転売屋を)見抜くのはまだまだ難しいようです。
ペットショップは自家繁殖で生まれた犬猫とセリ市で仕入れた子犬を
一緒に販売するのは当然でしょうけど、セリ市仕入れなのに自家繁殖を
装うブリーダーも大勢居ますから、さらに混乱してしまいますね。
特にブリーダーで「友人ブリーダーの所で生まれた」とか、「子返し※1
先輩ブリーダー」の話が出たら、まず100%仕入れ転売でしょうね。
※1 「交配謝礼の子返し」は通常1頭で、複数頭返る事はありません。
お顔立ちがバラバラなのも仕入れ販売の大きな特徴です。
質の良い計画繁殖から生まれた子犬はお顔やサイズが揃います。
ケネルの特徴は顔に出ますから、作出子犬のタイプは皆、よく似ます。
ある転売屋のHPに この 部分が引用されていましたけど 
その転売屋は同じパピーミルから子犬を仕入れているだけです。



先日、洞察力の鋭い聡明な飼い主様が私の子犬を迎えてくださり、
その方が「転売屋を見破った」ポイントを教えてくださいましたので
お知らせしますね。私も「なるほど!」と思いましたよ。

転売屋さんは中年女性で明るい茶髪で長い爪には赤のネイル、
お花のチップが付いていたそうです。飼い主様は「あんな長いツメでは
料理を作るのにも不便だろうな、」と思ったとおっしゃいました。
なにより、「あの長い爪で触って生まれたばかりの子犬や
母犬を傷付けないのでしょうか?」 ・・・ と。
まさに、おっしゃるとおりですね。
難産だったらお産介助(いきみに合わせて子犬を引っ張り出す)が
必要ですし、万一の場合の蘇生や初乳を飲ませる際にも
長い爪は子犬や母犬を傷つけます。衛生面でも問題が残ります。
私達は人間の医療者を見習って、つめはギリギリまで短く切ります。
先の転売屋は間違いなく、繁殖には携わっていないでしょう。
まさにことわざ通り、「爪の長いヤツ」ですね。
※この記事を読んだのでしょうね、
転売屋が自分の長い爪を隠すようにして子犬を撮影している
画像をよく見かけるようになりました。皆様、お気づきですか


20230627.jpg

20230628.jpg

large_IMG_6471.jpg

P2320822.jpg

この飼い主様はしっかりした洞察力をお持ちで事なきを得ましたが
皆様もブリーダーの外見には充分ご注意くださいね。
自分の身を飾るのに熱心でブランド物で固めたブリーダーや
成金趣味の応接室に案内されれば容易に転売屋と見抜けますが、
逆に服装がだらしなく、頭髪が汚い、爪先が黒いのも要注意です。
ブリーダー自身の見た目が清潔なら、犬の管理も行き届いており
立派で無くても整った外観の犬舎なら内部は見学するまでもなく、
しっかり管理されて清潔です。何ごとも一事が万事です。

・・・ おまけ ・・・
ネットニュースに有る通り、動物病院を併営するペットショップに
ロクな所が無いように「身内に獣医が居るブリーダー」はお勧め
できません。
絶対に絶対に「自分=繁殖者の非」を認めません。

先住犬の事例として聞いた話ですが、お迎え直後に子犬の下痢が始まり、
ブリーダーの身内の獣医に診せた所(無料だから)「ストレスですね~」と
言われて整腸剤で様子を見ていたが、ますます下痢が酷くなり、そのうち
子犬がグッタリしはじめたので、慌てて飼い主宅近くの動物病院に行ったら
体内に糞線虫(寄生虫)がいっぱい居て、整腸剤だけで様子を見ていたら
命が危ぶまれる所だったそうです。(私の子犬の飼い主様:談)
繁殖者に掛け合った所「ウチの獣医はストレスだと言うので保証できない。
感染経路もウチでは無い。」と突っぱねられ、泣き寝入りした、、、と。
動物病院併設のショップあるある話ですが、個人でこれだと怖いですね。
獣医は「雇われ」や「親族」では無く、その地に足を付けて店舗を構え、
院長自らが自信とプライドを持って診察する動物病院が良いでしょう。
自宅兼病院なら、なお安心ですね。




閑話休題
環境省は法改正で規制を厳しくしていますが、抜け道だらけなので
もぐらたたきの如く、転売屋が横行しています。マンションの一室で
パソコン相手の旧タイプ(※2)もまだまだ健在ですが、先日は
ペットショップでアルバイト中の主婦が、店舗名義で買い付けた
子犬を自宅で転売していた例がありました。
セリ市場の雇われ獣医の奥様が常連転売屋だった事もあり。
※2 事業所所在地が〇〇コーポ、とか集合住宅でブリーダーを
いとなむ事はできません。分譲マンションでも不可能ですから

明らかな転売屋です。
売り手のをよく聞けばホンモノのブリーダーか、なりすましか、
カンタンに見抜けると思いますから、皆様ご注意を。

当ケネルは以前は画像をパクられる被害に遭いましたが、
最近はベッドやお洋服を特徴的なモノに変えたので
やすやすとパクられる事は少なくなりました。
でも、HPやブログの掲載文はしょっちゅう盗用されます。
飼い主様からの「通報」で見つかります。
今日も通報が2件 ・・・ 以下、当ケネルからの盗用
● 某転売屋が当ケネルから盗用した説明(抜粋=3年前の記事)
当犬舎は、生体代にお金を掛けるのではなく
お迎えした後の生活(ご飯や病院代等)に
お金を掛けてあげてほしいのでお安くお譲りしております。
当犬舎では小さいサイズのお母さん犬が多いため、
平均出産頭数が1~2頭で、生涯出産回数も制限します。
他方、よそ様のお母さん犬は柴犬サイズで、1回の出産で
5~8頭ほど産みます。大きい母犬は子犬をたくさん産むので
1頭の販売価格を安くしても充分、利益を確保できます。
簡単な計算で大きい母犬の出産がいかに効率が良いかが
お解りいただけます。
微妙に巧みに文言を書き換えていますが、私のホームページや
ブログからの盗用です。② は利益確保、効率よい出産
転売屋のホンネさく裂ですね(蔑笑)


● 某転売屋のテキトーな説明
パパはハンサムボーイ、ママも超可愛い美人さん
この子も絶対に可愛くなります!!!
その上、足の肉球かなり小さいです!
とゆう事は、今はしっかりガッチリ800g有りますが
将来サイズは1.5kgの予想です。
肉球が小さい!とゆう事は
大きくならない可能性 大!なんです!
楽しみな子です!!! 

え~~っ

よくもまぁ、ヌケヌケとウソが言えるなあ、愕然とします。
生後2カ月(60日)足らずで800gもある子犬が
1年後には1.5kgの予想です、と。
いろんなウソを見抜いて来ましたが、ここまで真っ赤なウソを
堂々と書けるとは、ある意味スゴイです
しかも、大ボラを吹く根拠は画像で見えない「肉球の大きさ」だけ。
さらに、この骨量の四肢と体型(体重)で肉球だけが小さいなら
まず100%、膝蓋骨に狂い=ユルミが出ます。あまりにも無知
信じて買う飼い主さんは本当に本当にお気の毒ですが、
ウソ八百を並べ立てて売られるこの子犬が一番可哀想です。

202006.jpg
※3年前、某サイトに掲載された画像で現在は見当たりません。


ついでに言えば
転売屋がこの子犬を競り市で仕入れたなら恐らく落札価格は10万円以下。
飼い主さんからぼったくった75万円が転売屋のフトコロに
ラーメン屋から転向した主婦の転売屋は「オイシすぎて止められない」と。
元美容師も、トラック運転手も、墓石屋さんも、み~んな、そう言ってます。
転売屋を見抜くには代々の犬の毛色を聞くのも良いでしょう。両親犬では
ダメですよ。「代々の毛色」です。転売屋はそこまで答えられません。

ギョーカイ常識として、
小型犬は犬種を問わず、2か月時の4~5倍の大きさになります。
販売価格85万円のこの子犬はおそらく5キロ以上になるでしょう。
画像を見る限り、私の眼には「立派なトイサイズ」に見えます。
いや、ミニチュアプードルかな?皆様、充分お気を付けください。
【参考資料】プードルのサイズバラエティーと平均体重
スタンダードプードル 15~19kg
ミディアムプードル   8~15kg
ミニチュアプードル   5~ 8kg
トイプードル       4~ 5kg
タイニープードル(血統書表記はトイプードル) 3kg~4kg
ティーカッププードル(同上)  2~ 3kg
マイクロティーカップ       1~ 2kg


この記事は2022年2月に作成しました。

 

▲このページのトップへ戻る

【注意喚起】子犬検索/ポータルサイト


増える犬猫購入時のトラブル

【重要】 ポータルサイトを通して子犬を迎える際の注意点
①販売者の素性をしっかり調べる。
過去に外国から輸入した1本200円程度の粗悪なワクチンを自分で
客の犬に接種し、客を騙してワクチン代をせしめ、薬事法違反で逮捕された
悪徳ブリーダーが今現在もポータルサイトで飼い主様を募集しています。
現在も実名報道されています。 薬事法ドットコム 
ポータルサイトで飼い主様を募集している似非ブリーダーの中には
仕入れ目的で当ケネルに連絡してくる方が大勢います。
サイトを見ていると、「あっ、この人も、この人も、、」って感じです。
繁殖者達から仕入れた子犬を2倍以上(100万前後)の高額で
転売していますね。見抜きましょう。このように仕入れ販売なのに
ブリーダーを装う、ペット販売業者なのに個人を装う、等々
このギョーカイは嘘つきだらけ。しっかり調べて騙されないように。
転売屋の長いツメ 

②ブリーダーときちんと売買契約書を交わす。
健康診断や代金受領証を含め、書類をきちんと出せないブリーダーとは
売買しない方が良いです。一事が万事で犬の管理もだらしないでしょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ポータルサイト」には大手が3つほど、中小合わせると更に多くの
サイトがあるようです。皆様もポータルサイトをご覧になった事が
あると思います。実際にショップさんやブリーダー宅を訪問して
犬猫を選ぶ時でも、ある程度の審美眼は求められますが、
ポータルサイトを犬猫選びのキッカケとなさる場合は尚の事、
サイトとブリーダーを選ぶ洞察力が必要です。

数あるサイトにはそれぞれ「傾向」があります。私の知る限りでは、
 大手ショップ子飼いの生産者(パピーミル・ブリーダー)が
大手に買い取り拒否された生体の出品が多い国内最大のサイト。
(ブリーダー同士は互いの名前や販路を意外によく知っています。)
 大手ショップ子飼いのパピーミルが、ポータルサイトに出すのも
ためらう重大欠陥持ちの子犬を何も解らない素人に激安販売するサイト。
掲載無料、成約手数料も無料なので繁殖 引退 廃用犬も掲載。
 掲載しているブリーダーに「業者」が少なく(他サイトと比較して
業者が さほど多く無いという意味)、ブリーダーの販売スタンスを
尊重してくれる比較的良心的な(縛りの少ない)サイト。
ただし、ブリーダー登録の審査が緩いので逮捕歴が有る者も。
良いブリーダーとして販売サイトに登録 しつつ、
実際は2部屋に400頭もの犬 を閉じ込めて虐待し、
逮捕されたり。 程度の差は多かれ少なかれ、
繁殖屋(セリ市出荷のパピーミル)は概ねこんな感じでしょう。

しかし、買い手様が掲載業者(ブリーダー)の投稿内容を慎重に
注意深く読み込むなら矛盾点が現れ、内情は必ず透けて見えます。
ポータルサイトで子犬を探すのは探し始めの第一歩のようなものですから
最初は何も解らなくても、とにかく数を見る事だと思います。
ブリーダーが書いている内容を読み慣れ、画像や動画も見慣れてくると
子犬の質はもちろん、繁殖背景など多くの事が解ってきます。

当ケネルのように検索上位にランキングされるために
専門業者に委託せず、訳の分からないパピーミル達が集結するような
ポータルサイトへの掲載を避けるとなると販路が大いに狭まってしまうので
ひとりでも多くの方に私の子犬を見ていただき、より良い飼い主様に
出会えるようにしてあげるのは子犬にとって良いこと
だと考えるなら
質の良いサイト(前述の)を選んで無料宣伝させて頂くのも
ネット社会における選択肢の1つと考えます。このよう理由から、
優良ポータルサイトへの情報掲載は今後もございます。


飼い主様がポータルサイトをご利用になる際に注意が必要な点を幾つか。
洞察力を備え販売者を選ぶ眼を養う。
ブリーダーが書いている説明文をしっかり読んで、
子犬の動画や画像の先にあるケネルの内情を推察してみる事。
大手ショップのお抱えブリーダーが、ショップに買い取り拒否された子犬や
セリ市に出しても二束三文にしかならないような欠点だらけの子犬を、
何もわからないド素人に売りつけようとしているだけかも知れません。
繁殖者から数十万で買い付けた子犬を100万前後で売る転売ヤーかも
知れません。まだ目も明かない時から画像を撮って掲載し、
売れなければ犬猫セリ市に流す積りかも知れません。
ブリーダーの説明文に矛盾が無いか、一貫性があるかどうかも重要です。
文章にはブリーダーの繁殖姿勢や本質、性格が現れると私は考えます。

生後56日未満の子犬ついて
まだ目も明かない子犬を目に良くないフラッシュに晒して
撮影するブリーダーから子犬を買う方のお考えが知れません。
その理由
誕生翌日または数日経ったくらいで「ティーとか
タイニーとか良く言えるなぁ、あなたは神か。」と問いたい。
買い手様に迎合した けしからん業者だと私は考えます。
この様な業者の多くは生まれて間もない子犬に
数十万円から百万円近い価格を子犬に付けます。
競り市に出荷できる最短生後日数(8週齢56日)ギリギリまで
サイトに載せて、売れればラッキー、売れなければ即行で
犬猫セリ市に出荷します。だから、そのブリーダーの
販売子犬の中には生後60日過ぎの子犬が1頭も居ないのです。
買い手様は「目が明いたばかりの子犬が100万で売れた。」と
勘違いなさいますが、嘘八百も良い所です。このようなカラクリが
常態化しているギョーカイですから、皆様お気を付けくださいね。

金額について 【注意喚起】
ポータルサイト経由の売買ではサイトに書かれている通り、
飼い主様がサイトに直接、仲介手数料を払う必要はありませんが、
売り手(ブリーダー)は3万円~10万円程度の成約手数料を
ポータルサイトに支払います。繁殖者は皆、この手数料を販売価格に
上乗せするので、実際は飼い主様が支払っている事になりますね。

たとえば当ケネルのホームページ価格30万円(税込33万円)の子犬を
ポータルサイトに載せる場合、成約手数料(※)が仮に2万円だとすると
ポータルサイトの掲載価格は35万円になる、という事です。

サイト経由でぷ~どるガーデンのホームページに辿り着かれた方は
【サイトとブリーダー、サイトと飼い主様】の契約上、サイト表記価格が
販売価格
となります。飼い主様がご自分でぷ~どるガーデンのHPを
ご覧になってHP経由でお問い合わせ頂く場合はHP価格です。

サイトで当ケネルの子犬を見つけてくださり、
サイト経由で当ケネルに問い合わせたが、
後にぷ~どるガーデンのホームページをご自分で見つけてくださり、
(前述の理由から、サイト価格とHP価格には差がありますので)
「ホームページの価格に値下げしてください。」と仰られましても
それは出来ません。(仲介サイトで禁止されている行為)ですので
どうぞ皆様お気を付けくださいね。


▲このページのトップへ戻る

‘’だまされない‘’ために


私は「転売屋」と「なりすまし・似非ブリーダー」が大っ嫌いです。
これまでも今も、散々ひどい目に遭わされていますので。

金儲け第一主義の「拝金なんちゃってブリーダー」と「転売屋」を
見破る最も解りやすい箇所は自称ブリーダーの「手」と「ツメ」です。
子犬に会いに行く時に注意してご覧ください。特に「ツメ」。
お産や子犬管理は消毒が重要ですから
何度も何度も消毒液に浸す「手肌」はガサガサに荒れやすく、
お産介助を担う繁殖者の「ツメ」は皆さん、一様に短いです。
この 両方が絶対条件 であることは
飼い主の皆様にもご理解頂けるでしょう。

コチラの記事 転売屋の長いツメ ほどでは無くても
少しの長さでも、本当に自家繁殖を行うブリーダーなら
お産介助で母子を傷つけますから怖くてツメは伸ばせません。
特に2キロ台の小さなママわんはお産介助が必ず必要ですから、
美しいツメの自称ブリーダーさんが自家繁殖をしていると言い張るなら
獣医に丸投げで難産の末に帝王切開され、産湯を使った後の子犬を
受け取っているだけでしょう。ツメが長いとへその緒だって結べません。

ツメは人間の医療者同様、短く切って清潔を保つべき
少しでも長さがあったり、ネイルが美しく保たれていたり、
手肌がきれいであれば、その人はブリーダーではありません。

46年のブリーディング経験の中で、そんな手をした真摯で
本物のブリーダーに出会った経験はたった一度もありません。
絶対に、です。どうか騙されず、見抜いてください。


金儲け第一主義の拝金なんちゃってブリーダーと転売屋を見破る
もう1つの着眼点は「子犬価格です。本当に自家繁殖の子犬なら
価格が「なぜ、ぷ~どるガーデンの2倍・3倍ですか

高値なのは私達のように極小プードルの作出を得意とする繁殖者から
子犬を買い付け(仕入れ)ているからでしょう
私の仲間達の所にも全国から大勢のショップさんや転売屋が来ます。
仕入れた子犬を転売して金儲けをするのですから、質の良い子犬を
作出するプライドを持った繁殖者は子犬を(業者に)安く売りません。
(当ケネルもショップさんへの売値は直譲価格の1.5倍~2倍です。)
ですから、ぷ~どるガーデンがHPで直譲30万円の子犬を
ショップが仕入れた場合は45万円ですから、
販売価格は100万近くになります。当たり前の話ですね。

もちろん、中には「いつも買ってくれるお得意様」には直売よりも
安くするブリーダーもいます。ショップと生産者の提携関係ですね。
そんな転売屋なら50万~80万ほどで売るかも知れません。

いずれにしても
本当の自家繁殖で生まれた子犬なら、よほどの拝金主義でない限り
愛玩タイプの子犬1頭の価格が50万~100万近くもしません。

当ケネルのように2kg台のティーカップ ママわんでも1回の出産に
2~3頭は産んでくれますから、生涯出産回数を3~4産で留めても
1頭のママわんは在舎中に10頭の子犬を私達に与えてくれます。

ママわんの第二の人生のための持参品、医療費や必要経費、
全て含めても、当ケネルの直譲価格で充分すぎるほど賄えます。


だから、当ケネルの子犬価格よりも高値で販売される子犬は
その子犬の販売者がどんな美辞麗句、真っ当に聞こえる理由を
並べ立てても
、その販売者は「なりすまし仕入れ型ブリーダー」か
「転売屋」または「拝金主義のブリーダー」なのは間違いないのです。
子犬価格こそが売り手の素性を明らかにします。



余談かも?ですが、最近、横行しているので追記します。
全国どこの犬猫セリ市も生後57日を過ぎないと出荷できないそうです。
それで、ポータルサイトやSNSなどで「産まれました。」と宣伝します。
まだ目も明かない子犬の画像を皆様もご覧になった事がお有りでしょう。
で、出荷時期ギリギリまでサイトやSNSで高く(セリ市で予想される
落札価格の10倍くらいで)売ってみて、売れなければ出荷時期に
セリ市に出す。そういう「パピーミル=生産者」がチラホラいます。
この話はセリ市に出入りするペットショップ経営の古い友人から
聞いた話ですが、ポータルサイトに掲載している登録番号と
セリ市出荷時の登録番号が一致するのを(友人の)パソコンで
見せて貰ったので本当の話です。高値で自力販売してみて、
売れなかったら、セリ市出荷、ってことですね。
別に悪徳行為ではありません。転売屋より頗るまっとうな売り方です。
ただ、セリ市に出せばヒトケタの子犬を、その10倍の価格で買わされる
「お客様」は本当にお気の毒です。業界のウラを書きましたが
子犬を選ぶより、まずはブリーダーをお選びになる事ですね。


ネットニュースに有る通り、動物病院を併営するペットショップに
ロクな所が無いように「身内に獣医が居るブリーダー」はお勧め
できません。
絶対に絶対に「自分=繁殖者の非」を認めません。

先住犬の事として聞いた話ではお迎え直後に子犬の下痢が始まって、
ブリーダーの身内の獣医に診せた所(無料だから)、「ストレスですね~」と
言われて整腸剤で様子見をしていたが、ますます下痢が酷くなり、そのうち
子犬がグッタリしはじめたので、慌てて飼い主宅近くの動物病院に行ったら
体内に糞線虫(寄生虫)がいっぱい居て、整腸剤だけで様子を見ていたら
命が危ぶまれる所だったそうです。(私の子犬の飼い主様:談)
繁殖者に掛け合った所「ウチの獣医はストレスだと言うので保証できない。
感染経路もウチでは無い。」と突っぱねられ、泣き寝入りした、、、と。
動物病院併設のショップあるある、ですが、個人でこれだと怖いですね。
獣医は「雇われ」や「親族」では無く、その地に足を付けて店舗を構え、
院長自らが自信とプライドを持って診察する動物病院が良いでしょう。
自宅兼病院なら、なお安心ですね。



最後に
当たり前ですけど、
子犬は動画を見て選びましょう。
販売画面に動画を載せず、画像だけしか無い子犬は
「客寄せ画像」の可能性が非常に高いです。
「ウェブカメラ」でライブ配信対応していても、です。客寄せですから。
つい最近、騙されそうになった方のお話を聞きました。怖いですね。



以下は同業者向けの記事です。
「なりすましブリーダー」と「転売屋」は私のブログやHPの文を
盗用します。ここにも、そこにも、呆れるくらいあちこちで見ます。
巧みに言い回しを変えたり、言葉の順序を入れ替えたりしています。
自分の主張を自分の言葉で書いた文章にはチカラがありますが、
誰かの言葉を盗用しても説得力に欠けるのです。極めつけは
「当方の(盗用した)文面をそのまま、または一部書き換えて流用」
しないでください、、と注意書きが添えられていたりします。
当ケネルのHPやブログを隅々まで読んでくださっている貴女の事です。


この記事は2023年8月に作成しました。



▲このページのトップへ戻る

ティーカッププードルの繁殖者は悪徳か。


人気犬種には批判が付き物です。
一昔前、CMで注目が集まったクリーム(白)のダックスや
少し前では「おとうさん犬」(北海道犬)にあやかって
人気を博した白い柴犬。これらの毛色は繁殖者の間では
「非常に良くない」とされ、ショーブリーダーでは交配はもちろん、
販売する事すら憚られるという認識でした。
ところが「珍しい」ともてはやされて引っ張りダコになり、
いつの間にか高値で取引されるようになった事から、
パピーミル達は(本来、淘汰されるべき個体を)喜んで繁殖するように
なりました。現在は改良も進み、白い柴犬やダックスも(さすがに
展覧会には出陳されませんが)当初のような極端に不健全な子犬は
少なくなりました。ある意味、熱心な繁殖の賜物かも知れませんが。

また、ミニチュアダックスを小さくしたようなカニンヘンダックスも
カニンヘン登録を増やしたい蓄犬団体が、ミニチュアとカニンヘンの
交配を推奨するかのような登録システムを構築した時代もありました。
(現在は廃止されています。)

これらの例から判るように、日本人は飼い犬に人と違う色やサイズを
強く求める傾向にあります。トイより小さいタイニーサイズ、
タイニーより小さいティーカップサイズ、更に小さなマイクロサイズと
人々の要求がエスカレートするから、子犬の価格がつり上がるから
金目当てで繁殖する者たちは競って極小サイズを作ろうとするのです。
極小サイズを作る繁殖者を「悪徳」のように言う人がいますが、需要が
あるから供給が成り立つわけで、不健康ななんちゃってティーカップ犬が
引きも切らずこの世に生まれてくる背景には売り手はもとより、
買い手様の責任もあるのでは?と私は考えます。新しいバラエティ
(マイクロサイズやティーカップサイズ)を作ろうとするブリーダーは
往々にして既存勢力からの反発を受けますが、白い柴犬やダックスが
正しいと言っているのではなく全てが悪ではない、現存する殆どの犬種は
人間に都合の良い様に改良に改良を重ねられて現在に至るわけですから
改良そのものを否定してしまっては何の進歩も無いんじゃないか、と
思うわけです。犬の改良スピード(期間)はものすごく速いです。
わずか3年足らずで3代祖全部を書き換えられるのですから。
このように書くと「では貴女は極小サイズを作り出すように推奨して
いるのですか?」との声が聞こえてきそうですが、そうではありません。

私が言いたいのは「金儲けのためにブームに乗って、無責任な繁殖を
するな!」と言う事です。先の柴犬を例にあげれば、健全な交配を
していても望まない個体(白い柴犬)は産まれてきます。これは仕方が
無い事です。しかし、高値で売れるという理由から「白い柴犬」を
たくさん産ませたくて白い犬同士を交配させると更に弱い個体
(目が見えなかったり、耳が聞こえなかったり)が産まれるリスクが
飛躍的に高くなります。
命を扱う私達ブリーダーは、こういうことを絶対にしてはいけないのです。

話をトイプードルに戻します。
ボディサイズの小さな犬を作り出すのは簡単です。
インブリード(近親交配)を繰り返せば良いのですから。
近親交配から生まれる個体が確実に小さくなる事はブリーダーなら
誰でも知っています。しかし、インブリード(近親交配)の弊害は
今やシロウトの方でもご存知です。

子犬の中で小さく生まれた女の子を育成して、さらに小さく生まれた
男の子と交配する。(男の子・女の子を逆転させてはいけません!)
これを繰り返すと高い確率で小さい遺伝子が固定されます。
※あくまでも理論上・経験上の話で生き物の遺伝に≪絶対≫はありません。
また、当ケネルは極小サイズにこだわった繁殖を行うものでもありません。

プードル人気に火が付き始めたころ、ブリーダー達は
「たくさんの子犬を産める大きなメス」を競って集めました。
年に2回(しか?)子犬を取れないので1回のお産でたくさん子犬を
産ませて「たくさん儲けたい」と考えるブリーダーが多かったのです。
私は大きなトイプードルの扱いが自分自身でとても大変に思えたので、
数を多く産んでくれなくても将来サイズが小さいプードルを作ろうと考え、
皆が大きいメスを奪い合う中でも小さめの子犬を残留させてきました。
当時は「こんなにプードルの子犬が高く売れる時代に、数を産まない
小さなメスばかり残すなんて、なんてバカなんだ!」と嘲笑されました。

レッドでプードルで女の子なら(どんな子犬でも)売れた時代は
すぐに終わり生産過剰により、大きくなる子犬の人気が急降下したのは
皆様もご存知の通りです。
しかしブリーダー達は数を産んでくれる大きなメス犬達を
極小遺伝子を受け継いだ小さなママわんに替えようとはしません。
理由はまずは「もったいない」からです。
大きなメス犬にたくさん産ませて、子犬達を小さく育てれば良いと
考えたからです。その結果、厳しい食事制限が課せられる事となります。
小さな子犬を産ませるために母犬の食事を制限する者もいると聞きます。
もう一つの理由は、(小さなママわんの)お産が大変だからです。
産後管理の大変さは大きなママわんの比では無く、本当に大変です。
さらに小さなママわんは母乳も少なく体力もないので育児には人間の
手助けが絶対に必要です。大きなママわんのように「放っておいても
育ててくれる」ことはあり得ません。生まれた極小赤ちゃんの育児にも
とても手が掛ります。毎日毎日24時間、神経が休まる事はありません。
ブリーダーが大きなメス犬を手放さないのは、こういう理由からです。

こういった無理なブリーディングから産まれた、いわゆるティーカップ
プードルがあまりにも多かったため、「極小サイズを作る繁殖者は悪徳、
ティーカップサイズにこだわるブリーダーはロクでもない」などの
間違った知識が(ネットを中心に)広がった、極小サイズは病気がちで、
不健全とのイメージはこのようにして構築されて行ったのだと思います。
さらに、こうして作られたなんちゃんてティーカップは大きなメス犬から
「大きくなる遺伝子」を受け継いでいますから、ティーカップと言われて
買った子犬がトイサイズにまで成長するのも極めて当たり前の話です。

結論付けます。
私は歳月をかけ、緩やかに健全に犬を改良して行く事を悪い事だとは
決して思いません。悠久の昔より世界各地でそのようにして改良を
重ねられた犬達が私達人類に大きな幸福をもたらしてくれたのだと
思うからです。しかし、本来あるべき姿から逸脱して、性急に不健全に
お金目当てで極小サイズを無理やり作り出そうとするのは、
ブリーダーとしてあるまじき行為です。

加えて、買い手様にも賢くなって頂きたいと思います。
子犬のお顔立ちやサイズにばかり目を奪われてはなりません。
そのティーカップちゃんが生を受けるまでの経緯、産まれ落ちてからの
躾けや内面(遺伝子や健全性)をしっかり見て頂きたいと思います。
そして最も重要なこれらの点はいくらHP画像を眺めていても解りません。
そのためにも繁殖者のブリーディングに対する考え方や子犬の育て方等を
時間をかけてじっくり調べてほしいな、と思います。


この記事は2016年に作成しました。


▲このページのトップへ戻る

ブリーダーの形態


皆様ご承知の通り、ブリーダーには様々な形態があります。
私が知る限りでも形態は6つほど有ると思います。

多犬種を大量飼育し、競り市出荷メインのいわゆるパピーミル
※粗悪なフード、不潔な環境、生き物を「商品」「産業動物」としか捉えず、
常に人気犬種を追い、生産の効率化 と利益を第一に考える商業ブリーダー。
国内外に店舗を構える大手ショップの提携(子飼い)ブリーダー。
ショップにハネられた子犬をセリ市に流したり、安売りサイトで投げ売り。
概ね20万円以下でネット販売されている子犬の多くがココで 「生産」 されます。
大手ショップが仕入れ拒否し、競り市でもハジかれた欠点持ちが殆ど。

上記①、②のブリーダーは毎月100頭以上を大量出荷しますので、
子犬を捌ききれず、毎日全国で開催される犬猫競り市への出荷はもちろん、
みんなのブリ〇ダーなどの仲介サイトにも常時、子犬を掲載しています。

このスペースには大手ショップバイヤーさんが見せてくださった
犬猫(インターネット)せり市のスクリーンショットを掲載していましたが、
関係者から「画像を削除しなければ、ぷ~どるガーデンさんに迷惑が掛かる。」
・・・ と言われましたので削除しました。
ウチに「迷惑が掛かる。」とはどういう意味でしょうね?
反社会勢力用語では「脅し」の場面で使われそうですが。
どうやらこのギョーカイは裏側を知られると非常に困るようです。
事実を正直に書くといつも同様の圧力を掛けられます。
おとなしく言われた通りにしておきますけどね。


そんな理由から、画像も掲載できませんが、
ココに載せていた画像の子犬は生後52日で体重500g台で、
55万円(消費税・手数料、それぞれ10%別途加算)で落札されて
いました。総額66万円で仕入れたこの子犬を
ショップは最低でも2倍、うまくすれば3倍以上の価格で販売します。
画像の横にはこの犬の数々の欠点、左下の灰色部分に落札者番号が
表示されており、鼻の色素が無く、ヘルニアや脱臼も有るようです。
それでも当ケネルが皆様に直譲する金額以上で落札され、
落札価格の3倍で店頭に並び、無知な飼い主の手に渡ります。
鼻色がピンクなのは色素欠落で重大欠点なのに(リップも虹彩も明るい)、
「珍しいお鼻の色ですよ。眼の色も薄くて優しいお顔ですね。」
とか、アルバイト店員さんに言われて無知な方は納得しちゃうんですね。
生産者はどんな犬でも売れてしまうなら、良い犬を作ろうとはしません。
ショップで粗悪な犬を買わない事が、パピーミル撲滅への第一歩
です。

上記のほかに
単犬種のみを飼育し、国内・外のドッグショーに出陳するプロブリーダー。
※ショー費用を賄うため、子犬価格が高すぎる。素人を見下す傾向があり、
子犬や成犬を売ったり、交配料で生活を維持している生業ブリーダーです。
※私の考える《プロブリーダー》とは《犬を売って生活している者》のこと。
利益を度外視しても自分が納得できる犬を作ろうとするシリアスブリーダー
※職人気質。自分の目で飼い主を探し、納得できない相手に子犬を売らない。
ショー出陳しない者は視野狭窄で自己満足の域を出ない、ただの「犬売り屋」。
生まれた子犬を自分が経営するショップで販売するブリーダー
※競り市で仕入れた子犬と一緒に販売します。売れ残れば再びセリ市に出荷。
自家繁殖を装う事が有るので注意。仕入れ販売は子犬のお顔立ちがバラバラ。
一般家庭のバックヤードブリーダー
※成犬10頭程度。元を取るためヒートのたびに交配し、母犬を高齢まで酷使。
人間と犬がリビング同居で不衛生。経験値と専門知識が不足、言動が偏る。
「リビング育ちの子犬が良い。」 と考えるのは妄想です。

いかがですか?
子犬をお探しの皆様、流通の裏側を知って賢い飼い主になりましょう。



この記事は2020年11月に作成しました。

 

▲このページのトップへ戻る

カテゴリー

フリーエリア

検索フォーム