fc2ブログ

★基本色の値段★


当ケネルはプードルの基本色(※)であるホワイト・シルバー・ブラックを
国内外のチャンピオン犬が直近に何頭も入った国内最高峰のラインで
ブリーディングしています。
いわゆる、ショーブリード、ショーラインと呼ばれるものですね。
※他にも基本色と呼ばれるカラーは有りますが、当ケネルでは扱いません。

この事を一般の飼い主様にお話しますと、ほぼ100%の方が
うちはドッグショーに出すわけではないので ・・・」とおっしゃいます。
※そんな事は私達ショーブリーダーは言われなくても百も承知です。
むしろ、ショーブリーダーはショーに出すレベルの犬を素人の方に売りません。

他の記事にも書きましたが、それでもお探しのプードルの条件をお尋ねしますと
毛量が有って、ブラックスキンで、目鼻の色素も入って、色ムラの無い子
首と尾をあげて、四肢を踏ん張ってしっかり立てる子、きれいに一直線を歩く子
物静かで無駄に泣かず、品が有って、聡明で、他のプードルがそばに来ても
まったく違うな~、と誰もが思うような子
・・・ これって正にショードッグだけが備えている条件ですよね? 


「最初は何も解らず、皆が連れている街でよく見かけるレッド系のプードルを
ショップで買ったけど、飼っているうちにだんだん目が肥えてきて、ブリーダーさんの
ホームページをあちこち見て行くうちにぷ~どるガーデンに辿り着いた。
ブログに出ているような優美で品位に満ちた美しい基本色をぜひ迎えたい。」と
おっしゃる方が殆どです。
加えて、「今飼っているレッドの子が4kgあるので、トイサイズは大きく感じる。
次はできれば1キロ台、大きくても2キロ未満の子が欲しい。ぷ~どるガーデンは
お金(利益)目的では無いと思うので、予算は50万以下。(レッドと同じくらい)
希望はシルバーの女の子で、50万で難しいなら55万円まで考えています。」


当ケネルの基本色に初めてお問い合わせくださる方は
ほぼ例外無く、このように おっしゃいます。

この様な展開になると、「あぁ、この方はブログを全くお読み頂いて無いのだな。
巣立った子犬達の画像だけを見てお問い合わせくださったのかな。」と思います。

通常、ブリーダーが直売で値段を付ける際に、その根拠となるもの。
パピーミルの場合
競り市場の相場が基準になります。
自分の犬が競り市場でどれくらいの価格で(ショップバイヤーに)セリ落とされるか。
時々、ショップ経営の知人から競り市相場を聞かされますが、「先週のセリは生後
50日で400gのレッド牝が80万だった、とか50日で1kgの牡が20万」とか。
セリの価格は季節で変動しますから、それを基準に直売価格を決めるのでしょうね。

少数家庭繁殖(いわゆるバックヤードブリーダー)の場合
家庭のリビングで人間と10頭程度のプードルが
共同生活を送っていて( なんて不潔な )ヒートが来るたびに交配する。
主婦の繁殖だから安いだろうと思うのは妄想です。
設備も経験も技術も無いシロウトでも、お金に関してはプロ並みなので、
繁殖屋仲間から聞く相場を基準に、儲けにシビアで貪欲です。
一度手にした金は生活費に消えたりするため、
トラブル解決には相当な労力を要します。
私が知る限りのバックヤード主婦ブリーダー全員に当てはまります。

私は主婦繁殖屋が嫌いです。
普通の飼い主ぶられ、これまでに何度も騙されました。
少数家庭繁殖だから価格が安いと考えるのは大間違いです。
犬は基本的には年2回 ヒート(交配適期)が来る動物ですが、不思議な事に
犬口密度(人口密度)が高くなればなるほど、自然の摂理が作用し、
ヒートが来なくなる傾向にあります。本能的に犬自身が繁殖制限をかけるそうです。
なので、10畳ほどのリビングに10頭もの犬を、しかもケージを積み重ねて飼うと
必然的にヒートの回数が減ります。犬も歳をとりますし、健全でない子犬が産まれる
リスクもあります。外(そと)交配なら交配料もかかりますし、何より10頭の成犬と
子犬を全頭、しっかり管理するなら年間の管理費用は100万円近いでしょう。
それらをぜ~んぶ、子犬価格に転嫁します。だから、素人繁殖でも結構お高いです。
素人に毛が生えた程度のブリーダーが自宅で産ませた子犬ならきっとお安い、、
と考えるのは妄想に過ぎません。ロクにお顔バリカンも入れられないような
無知で経験値の低い素人が繁殖したプードルなど、恐ろしくて手が出せません。


話が飛びついでに、
ショードッグがどのようにして作られるかを書きますね。
農耕民族の日本と狩猟民族である欧米の国々を比較するなら、
(日本犬を除く)全犬種において、悲しいかな、日本の犬質は完全に劣ります。
完敗です。
なので、どの犬種も最初は必ず、原産国または最も盛んに繁殖が行われている
外国から優秀な個体(その国では御用済のチャンピオン等)を輸入します。
プードル(レッド系)においては、古くはCALISA犬舎、ZAMORA犬舎などから
アメリカやカナダでチャンピオンを完成した犬が輸入されています。

最近は日本でもそこそこ良い犬が作られ始めていますが、更なる犬質向上のため
外国からオス犬(チャンピオン犬)を輸入する。購入費用は数百万から数千万円。
1千万前後が多いと思います。
ファミリーの頂点に立つ(ボス)ケネルが輸入する場合がほとんどですが、
(大枚払っても勝手に個人輸入出来ません。人的上下関係が有る世界ゆえ。)
傘下のブリーダーはボスケネルでの内部交配が一巡したあとに
「外(そと)交配開始」 ・・・ となって、晴れて交配して頂けるようになります。
ココがね 、ファミリーでないブリーダーは交配して貰えないんです。
だから、一匹オオカミ的なブリーダーでは犬質向上が望めません。

で、たとえば1千万で買いつけたオス犬の交配料はおいくらだと思われますか?
知る限りでは1回50万とか80万ですね。それだけ高くてもファミリーケネルの
ブリーダー達が「ワッ」と押し寄せますから、ボスケネルはすぐに元が取れます。
メスは1年に2回もヒートが来れば優秀ですが、オスは一日に何度も交配が
可能ですから、オスが人気犬になれば購入額の何倍も儲かるそうです。
輸入オスを交配して貰って産まれた子犬はどうなりますか?
私も含め、大抵のブリーダーはブリーディングのためにケネルに残し、
販売しません。(販売にはボスケネルの許可が要る所もあります。)

このようにして良い子だけを繁殖に用い、さらに良い子を得るために
また新たにボスケネルが買い付けたオスに交配をお願いする、、、
ボスケネルから信頼されればボスケネル繁殖のメス犬を譲ってもらう。
このような計画繁殖を何十年も繰り返し、積み重ねてきて
ブリーダーが育って行く(今が有る)わけですね。
なので、チャンピオン血統を何頭も直近に踏襲しているラインの子犬が
50万台や60万円台というのは、どのショーブリーダーでもあり得ない
のです。
もちろん、採算面は度外視できても、ブリーダーとしてのプライドや
犬の仕上がり(犬っぷり)も大きく影響します。当ケネルは後者です。

「たかが犬に100万も出せない。」とお考えの方は多いと思います。
たとえば車でも、私は100~200万の軽自動車で充分だと考えますが、
夫は、その10倍を払ってでも安全な車を勧めます。
世の中には中古車を買う人も居れば億近い車を買う人も
実際にいらっしゃいます。車でこれだから、家族の一員として十数年も
一緒に暮らす犬こそ、自分の価値観に合った個体を探すだろうに、と
私は思うのですが、これもまぁ、人それぞれって話ですね。
100万でフェラーリが買えない様に、50万以下でショーラインの子犬は買えません。
誰にでも解るような常識的な事を、「犬」となると解らない方が大変多いのです。
逆に「気に入ったら、金額は関係ない。」とおっしゃる方も大勢いらっしゃいます。
チャンピオン直仔は私達ブリーダーも全力を傾注して作出しますから、
その価値を正しく評価してくださる方にお譲りしたいと思います。

「相場が解らない。」とおっしゃる方。
情報が氾濫する今の世の中で、もっと精力的に情報収集をなさってください。
犬の価格相場がお解りで無い方に、仮に当ケネルがお安く分譲しても
「こんなものか。」とお思いになる程度で、「安くて良い犬が手に入った。」とは
感じて頂けないでしょうから、ブリーダーを落胆させるだけの結果になります。
ご予算の範囲でご自身が納得できる買い物をする努力はどんな場合も必要で
犬も同じです。
10万円程度で販売されているレッド系もいます。
20万、30万円台のシルバーもたくさんいます。
価格だけにとらわれず、安い理由、高く感じる理由をよ~くお考えください。
同じ100万円のシルバーが居たとして、その価格が提示される根拠
よく調べてみましょう。仲介業者がブリーダーから中レベルの犬を買い付け、
仕入れ価格の3倍で売られているだけかもしれません。
当ケネルにお越しになったお客様の中に、プードル業界では知らない者が
居ないと言われるほどの世界的に著名な名門ケネルから、
予約して1年近く待った子犬を150万円で迎えた方がいらっしゃいました。
実際にその犬を見せて頂くとオーバーサイズで、不正咬合。
膝蓋骨がグラグラで、私達が見れば、どう贔屓目に見ても
「血統書記載の犬では無いな。」と確信する、明らかな駄犬でした。
「ブランド好き素人」だと足元を見られてフッかけられたのでしょう。
後で、スタッフ達が「気の毒にね。」と話していましたが、私もそう思いました。
高いから良い、とは言いきれませんが、安い犬が悪いのは間違いありません。

不動産に掘り出し物はない、と不動産会社経営の友人が言いますが、
これは生き物にも当てはまると確信します。
きちんと作られたショーラインの基本色が50万円以下で手に入るとは凡そ
今の日本では考えられません。最高峰レベルの基本色を作出している
ショーブリーダーである当ケネルに居ないのですから、世の中には居ません。


当ケネルでは、レッドのお色違いをお探しの(いわゆるド・ペットタイプ)の
基本色でしたら50万円~お譲りできます。
しかし、ブログに掲載しているような優美さや気品には少々欠けます。
本当のペット、レッドのお色違いです。
当ケネルの基本色にお問い合わせくださる方の殆どは、
ブログに掲載しているような子犬をお望みになりますから、
そうなれば国内に数頭も居ない希少子犬ですから当然、
価格帯は80万円~150万円(いずれも税別)程度をご予定ください。
資金面で難しい方はお探し条件を緩和するか、
当ケネルに限定せず、他所様でお探しくださいね。


この記事は2017年1月に作成しました。

上記記事を作成後、プードルブームが再来しましたので、
2020年代に入ってからの価格はお問い合わせください。

 
 

▲このページのトップへ戻る

★ショーに出さないので★


「ブログ 巣立った基本色(ホワイト・シルバー・ブラック)
ホームページの巣立った子犬達 を見ました。
どの子もお顔がすごく可愛くてサイズがとても小さい。
ケネルもしっかり管理されているようなので、ぷ~どるガーデンから
そこ(ブログやホームページ)に掲載されているような子犬を
ぜひともお迎えしたいと思い、問い合わせました。」
寄せられるメールの ほぼ全部がこの様なご主旨です。
有難うございます
私の基本色をお目に留めてくださる方は皆様、
お目が肥えていらっしゃいますので、ペットショップの子犬はもちろん、
多犬種多頭飼育のパピーミルやショーチャレンジしない自称プードル
専門ブリーダーが作出したような子犬はお気に召さず、かと言って、
プードル専門トップショーブリーダーの子犬は概ねトイサイズですから、
サイズが大きく、ガッチリ体格で、希望に合わないとおっしゃいます。
(規定サイズ内で大きく無くても、その方は大きく感じるという話。)

それで、
ホームページには掲載していない当ケネル(ショー部門)の概要を
電話で簡単にお話しした後、お探しの子犬条件を詳しくお伺いしますと、
皆様からは、ほぼほぼ同じようなお答えが返ってきます。
つまり、
お目目が真っ黒でマズルが短く、お顔の可愛い子
色素がしっかり入っている子
腹下毛が床に付きそうなほど毛量や密度のある子
骨格構成がしっかりしていて、歩き方がキレイな子
おとなしく従順な性格で賢い子
成犬時1kg台、大きくても2kg未満の子
さらには、
一緒に連れて歩くと皆が振り向くような子
他のプードル飼い主から羨ましがられるような子
もっと言うなら、
国内で何頭も見かけないような素晴らしい子
ドッグショー会場に連れて行っても見劣りしないような子

そんな絵に書いたような子犬、ウチのケネルで作出できるかな
イヤイヤ、その前に、探せば日本のどこかに居るのか
・・・ と思えるような非常に難しい条件のオンパレードです。
理想が高い事はとても良い事ですが、果たしてそんなプードルが
この世に居るのか、実物を見てみたいと時々思います
で、ご予算は となって、相応のご提示を頂く場合も有りますが、
中には「50万円くらいで。」とおっしゃる無謀な方も  
お探し条件に合う子犬、日本に数頭居るか居ないかの希少子犬でも、
この方には50万の価値しか無いんだ、、、と落胆しますが、
まぁ、それはそれとして ・・・。

一番困るのが、
ドッグショーに出すつもりは無いので
そこまでの子犬は要らないんです

・・・ とおっしゃる方。
この一言が発せられると私は「あー、この方はブログをな~んにも読んで
くださって無い。」と感じ、残念ですが、一気にお断りモードに突入します。

基本色にはブリーダー生命をかけていますから、
ショーブリーダーを落胆させるには充分なお言葉です。
誤解が無いように書きますが、ドッグショーに出せるレベルの子犬です、と
言っているのではありません。
ショーに出せない犬=アナタ(飼い主様の)ペットでは無いという事。
私の基本色子犬はレッド系子犬の色違いではありませんし、
ショーチャレンジしないそこらの繁殖屋の子犬と同等では無い、という話。
これらはブログにしっかり書いていますから誤解の仕様が無い筈ですが、
アナタは記事をな~んも読んでないでしょ、という事です。

ショーブリーダーは
ドッグショーに出すようなプードルを
一般の方には 
売りません。
 
どんな大金を積まれても、絶対に売りません。
一般家庭でショードッグをドッグショーに出すためには
都心の一流ホテルに1カ月間滞在するほどの育成費用が毎月毎月
(短くても半年、平均1年間ほど)かかりますし、ショーに出すまでの
お手入れや勝ち上がった時の(ハンドラーへの)報酬、
全国のショー会場までの輸送費などなど、お金が幾らあっても足りません。
子犬の購入費用の何倍ものお金が先々必要になります。
今のご時世、たとえ「ショーに出す積り」で買ったとしても私達の様な
ごくごくフツウの一般家庭には莫大過ぎる負担になるように思います。

よって、一般家庭で家族の一員としてお迎えになる子犬に
ドッグショーに出す積りは無いのでそこまでの子犬は要らない、、のは
当たり前中の当たり前で、
仮にショードッグをお渡ししても飼い主様が犬を潰してしまう、
お宝の持ち腐れになってしまう
、という事です。
この事はブログのアチコチに書いていますので、
「ウチはドッグショーに出す積りは無いので、
そこまでの子犬は要らないんです。」 
というお言葉を聞くたびに
「あぁ、この方はブログを読んでくださって無いな、
せいぜい画像だけをご覧になった程度かな。」
本気で本物の基本色をお探しでは無いかも
・・・ と受け止めますし、残念ながら多くの場合この予感は的中します。


現役ショーブリーダーが作る本物の基本色をお探しの方は・・・
ご自分が望んで居られる条件を率直に正直に おっしゃってください。
ご希望条件に見合う予算をお考え頂けるなら、国内に数頭も居ないような
極上プードルをご案内させて頂く自信はございます。
何が何でも高額予算を準備しないと買えない、、のでは有りません。
ご自分が望んで居られる事を率直に正直に仰って頂く、とは
はっきり言って、お探しの子犬レベルとご予算が見合うかどうかです。
生体価格の他に諸費用(消費税・動物保険など)も別途実費が必要です。
ご自分が望んでおられる子犬に幾らまで予算を組めるか。
電話で伺うと見栄を張る方が多いですね。
レッド並みの低すぎる予算をご提示頂くこともありますが、そのような時は
率直に「それでは難しい」とお伝えします。飼い主様も実際の予算以上に
見栄を張らず、正直におっしゃってください。
「80万円まで、、」とおっしゃった方に80万円の子犬をご案内したら
「予算がきびしい。」では双方が無駄な時間を費やしただけですから。
ご予算が50万円台でも大いに結構です。
喜んでご案内します。

ただし、極小・極上・極美を望まないでください。

どんなモノにも相場が有ることをご理解ください。
当ケネルはお金目的ではありませんが、ボランティアでもありません。
仕入れ値で販売価格が変動するショップさんと違い、ショーブリーダーが
付ける生体価格は犬質に正比例 します。高い子犬は質が良いです。
「犬質の違い」とは「飼い主様が犬に求める条件の違い」です。
毛量が有る子犬の方が少ない子犬よりも単純にお高いということです。

広くたくさんのプードルを見て犬を見る眼を養ってほしい。
※レッド系はペットですが、当ケネルの基本色はプードル本来の優美さ
オーラを楽しみたい方向きです。レッド系のお色違いやナンチャッテ
プードル専門ブリーダーが産ませた基本色との違いが解らない方は
当ケネルとは価値観が違いますので、私の基本色は不向きです。

犬を見る眼を養う、とjは ・・・
実際に行って見なくても、ネット画像や動画だけでも、数を見慣れれば必ず
犬を見る眼が養われます。(雑誌はダメです。生きて動く犬を見てください。)
犬を見る眼が養われれば、相場も解ってきます。
生後70日で300台、体高・体長10cmの女の子が、目を皿のようにして
日本中を探しても国内に数頭も居ない事や、そんな希少子犬が50万円で
入手できる筈が無い事などがハッキリ見えてきます。
希少子犬の心身をしっかり育て上げるため ママわん、繁殖者やスタッフが
どれほど心血を注いできたか、に思いを馳せて頂けたら更に嬉しく思います。
 
この記事は2020年12月に作成しました。
 
  

▲このページのトップへ戻る

★ショーブリードとショーライン★


ショーブリードとショーラインについて
時々ご質問を頂きますので、当ケネルの見解を書かせて頂きます。
(ブリーダーによって考え方は様々です。)

 ショーブリード
ドッグショーを短期間で勝ち上がり、チャンピオン完成を目指す
ブリーディングのことです。
当然、両親はチャンピオンまたはチャンピオン直仔(娘)で
一般の方への分譲は当初から考えておりません。

しかしながら、サイズが小さく(ナノ・マイクロ)リンク映えしない、
性格がおとなしく、ショードッグに不可欠な負けん気の強さが無い、
等の理由から、家庭犬にふさわしいと判断した子は
「わが家のチャンピオン」として大切に育ててくださる方に
お譲りする場合がございます。
完成度が高く、ショードッグがそのまま小さくなったような
惚れ惚れする極上・極美プードルです。完全予約制。


 ショーライン
チャンピオン犬をおじいさん、おばあさんに持つ、など
ショーブリードに用いる父母犬と
非常に近い血縁関係にあるプードルを指します。
〇〇ライン、とは系統、血統のことです。

ドッグショー出陳を第一目標にブリーディングを行いますが、
いわゆるショー落ちの子犬はコンパニオンタイプ、ご家庭のペットとして
飼い主様を募集させて頂く場合がございます。予約制。


 上記の他に、ショーラインを踏襲するけれども
最初からコンパニオンドッグ、ご家庭の伴侶犬としてブリーディング
する事がございます。当ケネルではこのラインのママわんが少ないので
出産は1年に1、2回有るか無いかで、大変希少となっております。
レッド系とほぼ同じ価格帯でお譲りします。予約できません。

▲このページのトップへ戻る

★ショーラインとペットタイプ★


当ケネルのレッド系は両親犬ともペットラインのみですが、
ホワイトやシルバー等、基本色の母方にはショーラインとペットラインがあります。
ラインが違えば同じパパワンを配しても、まったくタイプの違う子犬が産まれます。
飼い主様のお好みにより、お好きなタイプをお選び頂けます

私はショーブリーダーで、常に犬質を追及しますから
当然ショーライン重視ですが、レッド系のような≪可愛さ≫重視で
基本色をお探しの方から見れば、真ん丸お目目、小さなお耳の
ペットラインホワイトの方がお好みに合うかも知れません

価格帯も全く違います
例えばショーラインの基本色(女の子)は50万円台以下では
まず分譲しませんが、ペットタイプは40万円台から居ります。
※ケネルの状況により特別プレゼント価格でお譲りする機会もございます。
両タイプの子犬を掲載しますので、是非見比べてご覧ください。
当ケネルはペットタイプでもショップ様や他ケネル様の基本色とは
まったく違います。基礎がきっちり出来上がっているのは、
どちらのタイプも同じだからです。違うのは≪オーラ≫。。。 
雰囲気とも言い換えられますが、これが全く違います。お好みですね

ぷ~どるガーデンでは2023年以降、ペットラインは作出しておりません。
スタッフブリードで生まれる可能性はございます。(完全予約制)



ペットタイプ 48万円(分譲済み) 小さめタイニーサイズ予想 女の子    
【父】JKC-CH直仔 3代祖14頭中INT-CH1頭 JKC-CH9頭 スマッシュ3頭 CN:ファン  
【母】JKC-CH孫

201461710.jpg 201461711.jpg

201461713.jpg 201461712.jpg

201461715.jpg 201461714.jpg



ショーライン 120万円(分譲済み) 
【父】JKC-CH直仔 3代祖14頭中INT-CH1頭 JKC-CH9頭 スマッシュ3頭 CN:ファン  
【母】3代祖14頭中インターナショナルチャンピオン1頭 JKCチャンピオン10頭 直近にスマッシュ3本
今春までショーリングを走っていた当ケネル最高のママわん♪初仔です。

20146171.jpg

20146178.jpg

20146172.jpg

20146174.jpg

20146173.jpg

20146177.jpg

20146176.jpg 20146175.jpg


この記事は2018年に作成しました。

▲このページのトップへ戻る

カテゴリー

フリーエリア

検索フォーム