fc2ブログ

欠点の無い子犬


各都道府県内のどこかで、毎日開催される生体セリ市には
1か所につき、平均1000頭を超える犬猫が出荷されるそうです。
※ ブリーダーは生産者・荷主と呼ばれます。
この呼称、生き物を商品として扱う業態を如実に表していますね。

大手ホールディングス母体のショッピングモールに店舗を構える
バイヤーさん達は手分けして全国のセリ市に連日顔を出して
買い付けに奔走するようです。(大手ショップの中には
セリ市出荷の生産者を呼び、犬猫を持ち込ませる事も有るそう。)
大手の仕入れセンター(?)に持ち込めば頭数を買って貰えるので
かなり遠方からでも生産者たちは喜んで持ち込む、と聞きました。

で、生産者たちは
大手の仕入れ部でハジかれた犬猫(明らかな欠点持ち
隠れた瑕疵が疑われる個体、容姿が劣る個体など)を
犬猫セリ市に持ち込みます。セリ市以外に仕入れ方法を持たない
中小のショップは大手がハジいた犬猫を(競り市で)仕入れます。

ホームセンターなどは中小ショップで売れ残り、再セリに出された
生体を仕入れているとの噂もあります。(私は真偽を知りません。)

話は戻りますが、1回の開催で1000頭以上出荷される犬猫の
100%とまでは行かないものの、かなり高い確率で何らかの欠点が
あります。これは、犬猫セリ市にネット参入している私の古い友人と
一緒に開催中のセリ画面を見せてもらったことがあるので事実です。
ヘルニア、膝蓋骨脱臼、斜視、目の白濁、股関節脱臼などの欠点が
表記されている犬猫でも次々に落札されて行く
ので驚きました。
そんな欠点持ちでも店頭に並べられて、買う客がいるワケですから。

欠点が無い子犬は本当に少ないです。
ショップに行かれて、お目当ての子犬について欠点の有る無しを
お店の方にお聞きになれば、私の言う事が本当かどうか解ります。

ぷ~どるガーデンのホームページだけをご覧になる方は、
欠点ある子犬がデビューした事が今まで一度も無かったので
欠点が無くて当然だと大きな思い違いをなさいますが、
世の中に居る子犬の中で「全く欠点の無い子犬」を
探し出す
のは、まさに「至難の業」です。

※ 当ケネルでは先天的な欠点を持つ子犬は獣医を介して
大学病院に託します。治癒後、学生さんが飼ってくださるそうです。
小さな欠点がある子は子供達の友人や知人を通して無料で
差し上げています。(里親募集は致しません。)



セリ市は入札方式ですから、高値を付けたバイヤーがセリ落とします。
プードルの場合、サイズが小さめでちょっと可愛い女の子なら落札価格は
40~80万円くらい。さらに手数料と消費税、各々10%づつ加算されて
80万の子犬ならバイヤーは100万ほど払います。売値はその2~3倍。
欠点ズラリでお顔やサイズがフツウなら落札価格は30万円くらい。
概ね、女の子の方が高値傾向ですが、お顔とサイズ、欠点の有る無しで
落札価格が決まるので、性差はあまり関係ないですね。
ここまででお解りのように、健康で欠点の無いプードルの子犬を
犬猫セリ市場で20万円以下
買い付けできる可能性は ほとんど ありません。


よろしいですか?
ネットや安売りサイトで20万円以下で販売されているプードルの子犬は
セリ市に出しても最低落札価格の20万円にも満たない子犬である、
という事。それを知っている繁殖屋が、
何も知らない素人に押し付けようとする魂胆がミエミエの粗悪犬です。

隠れた欠点持ちでも初期費用(犬の値段)を抑えようとする方は
飛びつくかも?ですが、欠点持ちの生き物を可哀そうだからと献身的
自己満足で迎えるのはご自由ですが、後々の高額医療費と心労が
目に見えています。それなら遺棄犬をボランティアから迎えてください。

繰り返しますが、2022年夏現在、犬猫セリ市場で20万円以下で
落札される(欠点の無い)プードルの子犬など ほぼ居ません。

もし居たとしても重大な欠点があるか、将来リスクのある問題仔です。
価格だけを見て生き物を買う愚かさ に、
ぜひ気づいてください。


ランニングコスト(月々の動物保険料、フード代、トリミング代)が
掛かるので、犬の購入費用は安く抑えたいとお考えの方は特にキケンです。
欠点持ち(隠れた瑕疵や繁殖者だけが知っている遺伝)を掴まされないよう
充分注意してください。そんな気の毒な飼い主様をたくさん知っています。
お気の毒な飼い主の皆様が口を揃えて仰ったこと、
「最初は何も解らず、値段の安い仔をショップで買ったが、
ずっと病気病気で多額の医療費に懲りた。
次からは信頼のおけるブリーダーから迎えようと痛感した。」


利益だけを求めないぷ~どるガーデンでは子犬の幸せと
飼い主様の喜びを第一にブリーディング、子犬分譲を行っています。
子犬、飼い主様、両親犬、スタッフを含むブリーダー、
それぞれが喜びを持ってプードルとの暮らしを楽しみたいと願っています。

▲このページのトップへ戻る

カテゴリー

フリーエリア

検索フォーム