FC2ブログ
隠さず全て公開します。

どんな些細な出来事でも、飼い主様から寄せられたクレームは
後日、全て本カテゴリーに公開します。

もちろん、個人は特定されませんので、
個人情報保護法には触れません。抵触すら致しません。



悪質なクレーマー対策について
まず滅多に遭遇しませんが(十年に一度か、千人に一人程度)、
一定の割合で世の中に存在するモンスタークレーマー対応として、
理不尽で執拗なクレーム電話は録音、メールは長期保存し、
不当な要求対策 をとっています。
当ケネルはブリーダーで、弁護士でも無ければ獣医でも有りません。
ケネル業務に支障が生じると判断した場合は獣医等と協議の上、
代理人に委任します。代理人は法律の専門家ですのでご安心ください。

お迎え頂いた子犬に問題が有れば、遠慮なさらず、
ご主張の根拠(証拠)を添えて、正々堂々とおっしゃってくださいね。
当ケネルでは売買契約書に則り、誠実に対応させて頂きます。







誹謗中傷/トラブル admin page top↑
条件が違いますね

だいぶ前の事で、もう時効だから書いてもいいかな、と思います。

春のベビーラッシュでしたので、
ご高齢者のお散歩友達やお子様方の小さな弟、妹として
「健康で性格の良い子犬」をお探しの方
向けに
10万円台後半から20万円台前半の超お手頃価格で
(画像なしで)仮予約を募集した時がありました。

自称、医大教授夫人から
「希望はティーカップサイズの濃いレッドで、一度見学したい。」旨の
ご連絡を頂きましたので、ご見学やサイズに関する当ケネルのスタンスを
ご存知ないのかな?と思いつつも、関連するブログ記事をご案内。
加えて経験上、社会的地位が高く、ハイスペックでアカデミックな方は
何を選ぶにせよ、最上・最高をお望みになる傾向に有り、
ほぼ例外なく、ホワイト等の基本色(価格はレッドの3倍)を
お選びになりますので、この奥様にも犬質の違いを伝えました。
(後日、このご案内が奥様の猛烈な怒りを買う羽目になるのですが。)

この奥様からは、超お手頃価格の子犬の仮予約をお申しつけ頂きました。
今回は健康で性格が良い子犬を超お手頃価格でご紹介しており、
容姿(お顔や毛色、サイズ等)重視の方
(多少価格が上がっても)ホームページデビューを待ち、
掲載された複数頭の子犬画像や動画を見比べて、ご自身で選んだ子犬
お申しつけくださるようホームページで説明しており、奥様もご存知でした。

仮予約を承る時点で画像撮影はまだです。
獣医健診と訓練士審査に合格すれば画像や動画を撮影し、
仮予約くださった方に個別送信。お気に召して頂けたらご予約となります。
もちろん、正式なご契約前には実物をご確認頂けますし、
子犬がお気に召さなければ、どの時点でもキャンセルできます。


上記の手順通り、スタッフがこの奥様に、
「仮予約頂いている子犬の画像と動画をこれから送信します。」
と、電話でお知らせしたところ、奥様から
(送られて来る画像の子犬は)「お目目が大きい子ですよね?」 と
聞かれたそうです。
それを聞いたスタッフは、仮予約の条件(健康で性格が良ければ
容姿にこだわらない)とは齟齬がある
ので たいそう驚き、
すぐ私の所に報告に来ました。 
ご案内した子犬 、、、、、 国内最高峰級
33.jpg

それで、私はこの奥様に「今回は健康で性格が良い子犬をお探しの方に
超お手頃価格で分譲しており、容姿にこだわりがある方はホームページ
子犬説明に記載通り、画像(動画)デビューを待ってお申し付けください。
ただし、健康・性格、容姿、サイズまで揃った子犬(50万円以上)は
すでにリピーター様がおさえて居られます。(一般募集しません。)
仮予約に際し、当ケネルが提示した条件と先ほどの電話で奥様が仰った事
(お目目が大きい子ですよね?)、HPトップに載っている〇のような子犬が
欲しい・・・ では仮予約の条件が全然違いますので、
キャンセルを承ります。
 一応、子犬の画像等は送信しますが
お気に召さない場合はお知らせください。」 と伝え、
上記メールを送信した直後に子犬画像5枚と動画を送信しました。

これらは全部事実ですが、これがこの奥様の怒りスイッチを押したらしく
恐ろしいまでの逆鱗に触れるんですね~。
この後、私が今まで経験したことが無いような展開になります。

立て続けに3回電話が鳴ったので、私も慌てて架け直したのですが
奥様の声を聞いた私の第一印象は「肺活量がすごいなあ。」
私にひと言も発言の機会を与えず、一気にご自分の不満を
ぶちまけ(まさにこの表現がピッタリ)られました。
相手(私の)発言を遮るがごとく、ご自分の主張をマシンガンのように
早口で捲し立てる方に限って、相手からの反論を非常に恐れておられます。
自身が正論を述べているという自信があれば、
相手の話を落ち着いて聞く余裕が出る
はずですから。
メールでも急に論調を変えたり、乱暴な言葉使いに急変させる方は
総じて言うに事欠くか、自身の理不尽な主張に気付き始めておられます。

人は相手のあまりにも理不尽な言動に対しては意外に冷静になれるものです。
奥様の後ろでお子様方のにぎやかな声が聞こえましたから
気配からしてご家族がお揃いだったのでしょう。
母親が電話越しに一方的に捲し立てる様子を見ているお子達への影響は?
恐らく名門幼稚園などではないでしょうし、この先、お受験なさるなら
「ママがキレた~」と後ろで叫んでいる様では家庭環境が透けて見えますよ。
社会的地位が高くていらっしゃるご主人様は電話口で口角泡を飛ばして
叫ぶ妻を見て、どのようにお感じになるでしょう? もはや、諦めですかね。

私との電話を録音し、送られてきたメールを全部 YOU TUBE に晒して
どちらの言い分が正しいか、を視聴者に判断してもらうと仰いました。

こういうハシタナイ相手が怖くてネットを介した子犬分譲はできません。
そのために高い顧問料を払ってIT弁護士と契約していますので。
また、過去にモンスター消費者から酷い目に遭わされた経験から、
私が送信するメールは一字一句、どこを突かれても証拠を出せるよう、
細心の注意を払って作成、推敲しておりますし、電話は録音します。
奥様いわく、お兄様は弁護士だそうですので、
「お兄様と良くご相談なさって、犯罪にならない範囲でご自由にどうぞ。」と
申し上げましたよ。

奥様は、「100万のホワイトや50万のレッドを買おうとすれば買えるし、
実際、そっちの子犬が欲しかった、ウチの年収は2000万あるので。」
と仰いましたが、これを聞いて、「あら、まぁ」 と思いました。
年収2千万を堂々と人様に言えるって、まさか高収入だと思っておられる?
私の周りには年商〇十億、〇億の方が大勢居られますから、
数千万程度の年収では恥ずかしくてとてもとても言えません。
これで、この奥様がお付き合いなさっている方々も炙り出されてしまいます。
私の友人には年金生活者も、シングルマザーも居られますが、
誰一人として自分の(しかも夫の)年収を自慢したり、卑下したりしません。
所得が少なくても、日々清々しく、心満たされて過ごして居られます。

中産階級のやや上くらいだったり、一代、二代の成金族はすぐ解ります。
本当の意味で裕福な、いわゆる富裕層の方々は私などが逆立ちしても
お側にも寄れないほど、あらゆる面で余裕がお有りです。
言葉遣いや態度の端々に育ちの良さがにじみ出て、天性の品位を感じます。
相手(私)に話す機会を与えず、感情に任せて一方的に捲し立てる方もまた
お育ちを隠しきれないと言うことです。

それにしても驚いた点が2つ
 医学部の大学教授の年収って、2000万円ほどしか無いのですね。
身内の国立病院勤務医(外科)が土日はアルバイトをするので
「そんなに薄給なの?」といつも笑われていますが、事実なんですね。
それなら割に合わないですね~。2000万だと税金も高いですしね。

 キャンセルを承ります。これをこの奥様は
「私にキャンセルを言い渡された。」とお受け取りになりましたが、
文脈などからしても、私の表現が誤解を招いたとは考え難いのですが?
キャンセルを承りましたとは言っておりませんし、
「承る=うけたまわる」という表現は相手を敬い、相手に判断を委ね、その命令に
従う姿勢を示す際に使う、正しい日本語(謙譲語)
ではございませんか?
Ⓐ 「健康で性格の良い子を超お手頃価格でお譲りします。」 
Ⓑ 「お顔重視の方はHPデビューの中からお好きな子犬をお申し付けください。」
・・・ Ⓐ の条件でお受けした仮予約を、Ⓑ 「お目目の大きい子」に変更したのは
他ならぬ奥様ですから、「送られてきた子犬の画像や動画をご覧頂いて
お気に召さなかった場合はキャンセルを承りますので、早く仰ってください。」 と
お伝えしただけですけどね。

この奥様は「私はアナウンサーで国語(※)のプロです。」とおっしゃいましたが、
「キャンセルしてほしい、キャンセルさせたい。」と、もし私が考えていたなら
(そういう相手に)子犬画像を送信しますかね?

(※)後に私の子犬を迎えてくださったNHKキャスターの男性に聞きましたら、
我々の国語は「日本語」で、「国語」とは教科名です。
プロは「日本語」を国語と表現しません、と仰いました。


言った言わない、聞いた、聞かない、は契約を伴う売買には付き物で、
そういう事を言いたいがために この記事を書いているのではありません。
今回の件で私は、付け焼き刃はメッキが剥がれると知りました。
当ケネルには政界、経済(財)界、芸能界、スポーツ界、マスコミ界などから
立派な方が大勢お見えになります。
そういった方々から教えられる事はたくさんあり、お客様がブリーダーを
育ててくださると実感しますが、反面教師からも学べるのだと思いました。 

この記事を複数の第三者に見せて見解を求めたところ、「奥様の希望は
仮予約を受けた時の条件とは違うけれども、一応、画像などを送信するので
子犬が気に入らなければキャンセルできますよ、という意味でしょ?」

全員が異口同音に申しました。曲解する人は誰ひとり居らず、安心しました。
 

この件に懲りて、当ケネルでは2020年1月以降、
原則として、基本色以外の 「画像なしでのご予約」 は承っておりません。
原則、と書きましたのは私のプードルを育ててくださっているリピーター様、
または実際に身近に見て触って良く知っておられる方は除外しますので。

ご予約の時点で双方が合意した事を後になって覆す方が時々居られます。
お迎え時期については、ご予約時に「確約できない」と必ずお伝えしますが
その時は「解りました。」と仰っても後になって「だいたい いつ頃になるか?」と
聞いてこられる等。こういう商談は怖くて進められません。
工業製品では無いので、お迎えがいつになるか お話しできない事も
ご予約時にはキッチリお話しして、ご了承頂いているのですが。
もちろん、(お引渡しの)最終期限は決めます。通常 数か月以内ですが、
それさえ待てない方はショップや商業繁殖者から
セリ市で二束三文の子犬を高値でお買い求めください。
価値のある子犬をお探しの方は全国にゴマンといらっしゃいますから、
当然、お待ち期間は生じます。
また、商談はブリーダーとご自身(客)1対1だと思っておられるようですが、
多くの場合、1:1ではなく、ブリーダーは多数のご予約者様(お客様)と
同時進行でお話しております。

ケネルの運営ペースを乱され、私達からブリーディングの楽しさを奪い、
まだか まだかと(まるで権利が有るかのように)急かし、
(お顔を重視しない条件で合意したにもかかわらず)目はどうだ?
足の長さはどうだ?などと、外見重視の発言(質問)を繰り返し、
人より先んじで自分優位で子犬を選びたい、他の誰よりも早く
確実に子犬を手に入れたい、そういう魂胆(敢えてこう表現します)が
ミエミエな方ばかりでした。毎回必ず複数名様居られる、
「画像デビュー前の予約」をお申しつけになる方の殆どは
当ケネルのブリーディング方針、分譲方針に深いご理解を賜り、
「画像デビュー後のお問い合わせ」を遵守し、静かに見守ってくださる
多くのファンシャーの皆様を足蹴にするような方
ばかりであったと認識しております。

このような理由から、当ケネルは今後、原則として
画像なしでのご予約、
デビュー前予約はお受けしません
ので
どうぞご了承くださいませ。

この記事は2020年1月に作成しました。

 
 

誹謗中傷/トラブル admin page top↑
ゴネ得/動物保険

約1年前に私の子犬を迎えてくださった方のゴネ得 事例。

殆どの動物保険は乳歯遺残(永久歯に生え変わる時期になっても
乳歯が抜けず、両方が混在する状態=二枚歯)は保険対象外ですが、
小型犬は乳歯遺残が多発傾向にある事から、
当ケネルでは乳歯遺残の治療に使える動物保険をご案内しています。

少し考えれば解ることですが、
人間でも美容的要素が強い施術や予防的措置には
健康保険が使えないように、動物保険もこれらは適用外
です。

解りやすく言うと、( ①、②は獣医の判断に依ります。)
① 乳歯遺残があり、永久歯の歯並びが悪くなるかもしれないので、
美容上、芳しく無いから乳歯を抜きましょう ・・・ 保険対象外です。
② 乳歯遺残により歯肉に炎症が起き、口臭もあり、健康面での
悪影響が増しているため、乳歯を抜きましょう ・・・ 保険対象です。

今回、この飼い主様は自分自身で
「歯並びが悪くなると困るので、乳歯を抜いてください。」と
仰ったそうです。抜歯理由は 完全に美容目的 ですね。
たとえ、② の傾向があったにせよ、飼い主が美容目的を主張する以上、
獣医は② の理由で動物保険を使おうとはしません。
当然、抜歯費用14000円は全額自己負担 です。

ところが、飼い主はこれを納得しませんでした。
その理由、、、
「保険募集人は乳歯の抜歯は保険が使えると言った。」の一点張りでした。
ウチの募集人は保険のプロですし、
日本に動物保険が出来た20年前から同じ対面説明を繰り返していますので
この方にも同じように説明しているんですね。
しかし、頑として自分の非を認めず 「乳歯抜歯に保険が使えると言われた。」 と。

こういう方は数百人にひとり、必ず居られます。
ご商売をなさっている方には分かって頂けると思います。
お勤めの方にはご理解頂けないでしょうけど ・・・。
世間ではモンスターコンシュマー(不当なクレームによって販売側に対して
不当な要求を通させる一般消費者)と呼ばれ、この方はその典型です。

保険会社の営業担当も粘り強く、ウチの主張を繰り返し伝えてくれたようですが
結局のところ、この飼い主はお金を払えない(払いたくない)のでしょうね。
保険会社もこの方を特別扱いできないので、
「抜歯費用をなんとか(ウチで)払ってもらえないか。」と懇願して来ました。
「(ウチの)損失分は別のカタチで補填させて頂きますので、、」 と。

まぁ、14000円くらいでトラブルが長引くのも面倒ですし、
私名義で飼い主の口座に送金しましたけどね。
こちらには全く非が無いのに、飼い主のゴネ得を認めるのは悔しいですが、
このテの方はこういう生き方を今後も続けて行かれるのでしょう。
私が飼い主なら、14000円でブリーダーとの関係が悪くなるくらいなら
ブリーダーには請求しない。自分が保険説明をしっかり聞かなかった、
乳歯抜歯について思い違いをしていたらみっともない、、と考えますけどね。

飼い主の思い違いは明白です。
(乳歯遺残で保険が使える場合と使えない場合について、
保険の重要事項説明にもはっきり書いてありますし、
募集人は毎回、その箇所を読み合わせて説明しています。
さらに、ご親切に、対面販売時の説明項目にも謳っています。

  飼い主に提示する当ケネルの対面説明文書
A5_2020080915264756f.jpg
「美容目的の抜歯は保険対象外です。」 と口頭でも伝えます。

どんなショーバイも、クレーマー・モンスター対策として損金を計上します。
そして、そこに付け入る(この飼い主のような)さもしい人が存在します。
このようなタイプの方は総じて、「お金が欲しかったのでは無い。」と仰います。
どういうワケか、お金を手にした後には皆様 必ず、そうおっしゃいます。
当ケネルから振り込まれた通帳を見て、この方は嬉しかったでしょうか?

そしてそれより何より、14000円を惜しむ
この方のもとに居る私の子犬は
幸せに暮らせているでしょうか?


私達ブリーダーは1頭の犬にかけるお金を惜しんではいけません。
同時に、飼い主様もまた、犬に(それも医療に)かかるお金を
出し惜しんではいけないと考えます。
百万単位ならまだしも、僅か数万円であれば、尚更では有りませんか?


遺残乳歯の抜歯はたいていの場合、避妊手術と同時に行います。
当ケネルも対面説明時にそのようにお勧めしています。
また、乳歯がグラグラしはじめた頃には固いオモチャやガムを噛ませると
良いと言われます。乳歯が1本も抜けず、全部残る事は有りませんので
生え変わり時期の子犬のお口の中は注意してケアしてあげましょう。

 

誹謗中傷/トラブル admin page top↑
同業者様へ ・・・ モンスター消費者を見抜く

今回は同業者様向けの記事です。

客としての権利意識が異常に強い、いわゆるモンスター消費者
一定の割合で世の中に存在します。同業者様はもちろんですが、
私の子犬の飼い主様の中でも「客商売」をなさっている方は100%、
地雷(モンスター客)を踏んでしまった経験がお有りのようです。

モンスター消費者の特徴
〇社会に対する鬱憤(ストレス)をぶつけている。
〇正義感が異常に強く自分は正義で相手は悪 と決めつけている。
〇自分は社会的に良いことをしていると完全に思いこんでいる。
〇強い消費者(被害者)意識を持っている。
〇言っていることがコロコロ変わり、結局何を言いたいのかが分からない。

つい先日も、紙一重の所でモンスターと関わらずに済み、ホッとしました。 
久々に非常に不愉快な気持ちになりましたが、相手の本性を見抜けず、
売買契約まで進んでいたら、、、と思うとゾッとします。
子犬を渡さずに済んで、本当に良かったです。

コトの顛末を書いてみますので
同業者の皆様、ぜひ参考になさってくださいね。


この≪お客様≫からはホームページに文字情報のみ
(画像が無く、生年月日と性別のみ)を記載している複数の子犬について
「即決したいので画像が見たい。体重などの詳細と複数頭を比べた違いなど
もっと詳しい情報を知りたい。」とのお電話がありました。もちろん匿名です。
※当ケネルでは電話によるお問い合わせはご遠慮くださいますよう、
ホームページの電話番号表記の真下に併記しております。
それを無視して電話をかけてくる時点で身勝手な方だと推測します。
それで私は「子犬画像と体重などのスペックを掲載するまでお待ちください。」と
何度もお願いし、健診などが済んでいないので、今はまだ詳細情報を
お伝えできないし(お伝えしたとしても)子犬の画像をご覧頂くまで
仮予約は受けられない旨を、執拗に繰り返される同じ内容の質問に対し、
30分以上もの時間を費やして
懇切丁寧に説明しました。

しかし、その電話の翌日
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お問い合せ種別 = お問い合せ
お名前 = 〇〇 〇〇
〒番号 = ×××-××××
都道府県 = 〇〇県
市町村・番地 = 〇〇市〇〇 〇丁目〇番地〇〇
アパ・マン名 =
携帯電話 = ×××-××××-××××
メールアドレス =
お問合せ内容 =
昨日お電話させていただきました、〇〇と申します。
DとEのワンちゃんの価格の差があるのはなぜですか?
兄弟かと思うのですが。
現時点での即決は可能でしょうか?
宜しくお願い致します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【私】
えっ? えっ?
昨日、画像を公開するまでは子犬を即決できないし、
仮予約もお受けできない事と、詳細についても現時点では
お知らせできない理由をあれほど詳しく説明しましたよね?
画像と体重などのスペックが公開されてからお問い合わせくださるように
何度もお願いしましたよね? なのに、今日、このメールですか???

にんじんやトイレットペーパーを買う時だって、
産地や素材くらいはチェックしますよね? 買うのは生き物ですよ?
どんなブリーダーが、どんなポリシーの下で子犬を作出したのか、
どのような考え方をするブリーダーなのか? 
画像や価格より前に、、、そういった事の方が気になりませんか?
INFOはお読みくださいましたか? ブログは?
お目通しだけでは無く、きちんと内容をご理解頂けましたか?
記事に目を通す事と内容を理解し、納得する事はまるで違います。
経験上、画像も無い時点で、個人情報を開示せず、
電話だけで情報を得ようとする人はたいてい身勝手でわがまま
です。
同業者の皆様、そう思いませんか?

なので私は、電話の問い合わせには相手の言う事を聞き漏らさぬよう
必ずメモを取り、こちらが話す内容にも細心の注意を払って対応します。
電話の主がどこのどなた様か、私には全く解らないのですから、
ブリーダーに警戒されて当たり前です。
では、電話で問い合わせる側はどうですか?
ブリーダーの話を主婦の世間話(立ち話)程度に聞き流していませんか?
もしそうなら、それは相手に対してとても失礼な行為です。

上記メールに対する 当ケネルからの返信
差出人: ぷ~どる♪ガーデン
送信日時: 2018年3月2日 13:02
宛先: 〇〇様
件名: Re: 【お問い合せ】お問い合わせ
数多くの情報の中からお問い合わせいただき有難うございます。
当ケネルではどちら様にも、ホームページに詳細を掲載する前の
お問い合わせにはお答えしておりません。
理由は前回、電話で詳しくお話しした通りです。
即決につきましても、ホームページに記載通りです。
ネットを介した売買は、記載情報をよくお読み頂けない方、
充分ご理解頂けない方とは難しいように思います。
〇〇様におかれましては記載情報にお目通し頂けず、
非常に急いでおられるようにお見受けいたしますので、
衝動買いを防ぐ意味からも、今しばらく冷静にお考え
くださいますよう、お願いします 。

よって当面当ケネルへのお問い合わせはお控えくださいますよう、
お願いします。またのご縁がありましたら、どうぞよろしくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
≪お客様≫からの返信
ぷーどる♪ガーデン様
〇〇と申します。
先日、家内が失礼な問い合わせを送付したばかりに不愉快な思いを
させてしまったようで申し訳ございません。
ただ、貴殿の一方的な「出禁」メールで家内も傷ついているので
少しばかり言い訳させて戴きますと、家内も貴HP・ブログには一通り
目を通させて頂いた上で問い合わせ致しております。
また、前日の電話対応についてもご親切に対応頂いたようで
家内も喜んでおりました。ところが、翌日なると前日とは違った対応に
家内も戸惑ったようです。

確かにHP・ブログには「電話の質問は2回まで
後は正規に問い合わせを」と記載されているので貴対応は正当と思いますが、
その質問に対する回答で、いきなり「今後出禁」のようなメール
如何かと思います。(HP・ブログ読み込みが足りないのは否定できませんが)

様々な方との対応に苦慮することも多いようですので、
貴対応を理解する部分もありますが、貴殿の一方的なメールで家内も
傷ついている事も御理解頂きたくメール致しました。
せめて電話等で直接話して双方納得でいう事が出来なかったのと
思うと残念です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
上記メールに対する 当ケネルからの返信
私がお電話で、奥様が何度も繰り返しお尋ねになる同 じ内容の質問に
何十分も丁寧にお答えした事は奥様の脳内からはすっぽ抜けでしょうか?
以下に奥様に電話でお話しした事をかいつまんで記載しますが、
ご記憶に無いとなれば、それまでです。

〇画像なしでの即決はリピーター様、ご紹介者様を対象にしており、
特に当ケネルの成犬をご覧になった事が無い初めての方にはどなた様にも等しく
ホームページに画像を出すまで、お問い合わせは待って頂くよう、お願いしています。
また、リピーター様等であっても、スペックを出すまでは問い合わせをお待 ち頂くよう
皆様にお願いしております。

〇当ケネルは子犬デビューに先立ち、2名の獣医師ならびにドッグトレーナーの
審査を受け、それらに合格する事を条件としています。
加えて、犬はスタッフ全員が育てているので、全員の意見(販売するかどうか)が
一致してから画像デビューさせるので、現時点(画像やスペックが出ていない時点)で
お問い合わせを頂いても、何もお答えできませんので、画像デビューをお待ちください。

〇前回は全頭がリピーター様に決まったので、ホームページデビューは
有りませんでしたが、トップシーズンの3月から5月は、その頃にデビュー数が増えるよう
調整してブリーディング していますので、春はデビュー数が多いため、お急ぎにならず
この先の画像デビューをお待ちください。


この後、私が送信したメールに関して
ご主人と思しき男性(身元を明かさず)から電話が有りました。
私が最も怒り心頭なのは、この男性との電話でのやりとりです。
自分の妻と私(お互い年配の成人同士)が話した件について、
双方の電話の内容も正確に把握しないまま
奥様がおっしゃる事を鵜呑みにして、相手(私)に的外れな電話を
架けて来ること自体、礼を失する行為ではないかと思いますけどね。
納得できないなら(私なら)自力で解決しますね、夫の品位を下げるような
真似は絶対に致しません。だって、オトナですもの。それに、また聞きよりも
直接お話しした方が経緯も良く解るし、納得しやすいのではありませんか?
妻の代わりに内容を正確に把握できる筈が無い夫がシャシャリ出て、
妻から聞いた「ブリーダーの言い分」を盲信して相手にクレームを言う、
・・・ この時点で彼らは終わっていますね、【終了】です。

一事が万事
犬と飼い主の相性も有るでしょうが、犬を迎えてから長いお付き合いになる
飼い主様とブリーダーの相性はそれ以上に重要です。


(ご主人?からの)電話によると、私が
当面当ケネルへのお問い合わせはお控えくださいますよう、
お願いします。またのご縁がありましたら、どうぞよろしくお願いします。
・・・ と送信した内容が、彼らの脳内では出入り禁止に変換されてしまうんですね。
さらに、ブログに「電話は2回まで」と記載した点も指摘されました。
「2回までは電話しても良い筈だ。ウチはまだ1回しか架けていない。」と。
この点については深謝し、急いで「2回目以降」と訂正しましたけどね。

しかし、そもそも、何を急いでいるんですか?
画像やスペック、子犬情報の掲載を待てず、
電話で今すぐ、子犬の詳細説明を求める理由は何ですか?

人より先んじて、自分だけいち早く情報を知りたい、
知った上で優位に子犬を選びたいというお気持ちが透けて見えます。

ですから、
個人情報を明かさず、電話で聞きたいことだけを問い合わせて来る方は
総じて身勝手でわがまま
だと書きました。
客商売をなさっている方で、私のこの意見に異議を唱える方は
まずいらっしゃらないと思います。お勤めの方にはお解り頂けません。

また、「2回まで」 に現れているように、重箱のスミを突くがごとく、
些細な表記の間違いを指摘してくるのもモンスターに共通する特徴です。
「出禁」 で解る通り、
相手の言葉を勝手に自分流に変換し、他罰的な思い込みの呪縛から
容易に逃れられないのもモンスターに共通する傾向です。

同業者の皆様、こういうモンスター客に関わっては大変ですよ。
どれほど子犬がダブついていても、背に腹は代えられなくても、
絶対に避ける のが賢明です。


生体にはどんなに注意を払っても防ぎきれない事がいくつもあります。
耳ダニの卵に効く薬は無いし、地球に常在する原虫類の完全駆虫や
全ての遺伝病の解明(完ぺきな予防)も現在の獣医学では無理です。
けれども、モンスター客は絶対に絶対にそれを許しません。
些細なトラブルであっても冷静な話し合いが全くできず、
理不尽な理由をでっちあげて法外な賠償金や慰謝料を請求してくるタイプ、
証拠をねつ造してでも裁判沙汰にしようとするタイプ、
万一、犬が亡くなろうものなら、その治療費を全額負担しても、代金を返しても、
誠心誠意謝罪の言葉を伝えても、「金で解決しようとするのは許せない。
死んだ犬の代わりにはならない。もっと誠意を見せろ。」と言い張るタイプです。
同業者の方、想像に難くないですよね?
 空恐ろしいですね  
触ってはイケナイ別世界の人
です。

今回のモンスター客はこの先、
私のファミリーケネル以外に問い合わせをすると思います。
同業の皆様、相手を見抜く洞察力を身につけましょう。
私も被害に遭わないように、今後も細心の注意を払いたいと思います。



誹謗中傷/トラブル admin page top↑
モンスター消費者

インターネットでケネル情報を発信し、子犬の飼い主様募集を行う以上、
様々な考えの方と関わらなければならないのは仕方ありません。
お勤めの方にはなかなかご理解頂けないかも知れませんが、
ご商売をなさっている方は接客・販売方法を問わず、
モンスター消費者に手こずった経験が少なからずお有りだろうと思います。

私(ブリーダー)や私の家族(別の自営業)が長きにわたり、
多くのお客様と関わる中で、その殆どのお客様はとても常識的で
マナーを弁えていらっしゃる、いわゆる一般的な≪普通の方≫です。
しかし数ある中には一般人には到底、太刀打ちできない(想像もつかない様な)
他罰的で自己中心的で、王様のように振る舞われる方がいらっしゃいます。
どこをどう押せばそういう理論展開になるのだろう、、と誰もが首をひねるような。

親戚の警察官は、「世の中には正論が全く通じない人が一定数存在する。
そういうヤツらは相手にしない事だ。」 と言いますが、お客様として対応するなかで
そういう相手かどうかを、いったいどうすれば見抜けるのでしょうか?

ウィキペディアによるモンスター消費者の特徴
社会に対する鬱憤(ストレス)をぶつけている
正義感が異常に強く自分は正義で相手は悪 と決めつけている
自分は社会的に良いことをしていると完全に思いこんでいる
強い消費者(被害者)意識を持っている
言っていることがコロコロ変わり、結局何を言いたいのか分からない
相手(批判対象)への人格否定

子犬を販売する際にはお相手から送られてくるメールや
電話でお話させて頂いたご様子などから有る程度はお人柄がしのばれます。
(買い手様もブリーダーの言葉遣いや態度をしっかり観察なさると思います。)
それでも、何か気に入らない事、自分の思い通りにならない事が起きた途端、
攻撃モードにスイッチが入り豹変する
性質の方を「事前に見抜け」と言われても
殆ど不可能
な気がします。

わが家の顧問弁護士が言うには
「人は自分に都合が良いように思考回路が変わる。」のだそうです。
何度も何度も、自分に都合の良いように書いたり話したりしているうちに
それが真実になってしまう。
思い込んでしまうのだそうです。

大きな事件を起こした容疑者が取り調べや裁判などで
真実とはかけ離れたとんでもない供述を始めるのは良くある事だそうです。
嘘とか思い違いでは無く、本人はそう信じ込んでいるそうです。怖いですね。

例えば「言った」・「言わない」の水かけ論もそうです。
私の経験では、飼い主様の目の前で子犬を歩かせて(歩き方を)ご覧頂いたのに
数週間経って「お迎え時から歩き方が変だった。」と言われた事がありました。
※この飼い主様は西武球団の有名選手の奥さまです。
後日、お子様が子犬を落として指にヒビが入った、と判明しました。
この方もご自身が嘘をついている自覚に乏しく、そう思い込んでしまったので
最初にしっかり歩いていた事を忘れてしまう(認識や記憶が無くなる)のだそう。
このような人間の変化は心理学でも証明されているそうです。

丁寧に時間をかけてきちんと口頭で説明したのに全く理解して頂けなかった。
何でそんな(作り)話になっちゃうの? 文書の読解力が無い??
本当に、本当にいろいろ有ります。

もっともタチが悪いのは腹いせによる事実無根の誹謗中傷ですね。
仲間たちは大金を払って都合の悪い書き込みを表示させない≪対策≫を
講じているようですが、私は≪解る方は解ってくださる≫と思いますので
特に何もしません。放置です。

子犬を迎えに自宅に来てくださった方を「不適切な飼い主」と判断して
子犬の分譲をお断りする場合がたまにあります。
売ってしまえばそれで済むのでしょうが、みすみす子犬を不幸にさせるわけには
まいりませんので、断固お断りするわけです。
すると案の定、すぐさまネット上で報復されます。
〇無い事(×有る事)〇無い事、匿名を隠れ蓑に言いたい放題 書かれます。

ウチのIT弁護士が言うには、そういう人には関わらないのが一番だそうです。
「この人には売れない。」と判断するにはそれなりの理由がありましたが、
「やっぱりこういう人だったんだ。売らなくて正解だった。」と納得します。

ともあれ、世の中に一定数存在する特異な人達を避けて通る方法は有りません。
事故に遭ったようなものだと弁護士は言いますけど。
事故率は低く抑えたいですね(笑)。



誹謗中傷/トラブル admin page top↑
* HOME * next