fc2ブログ

隠さず全て公開します。


お客様や飼い主様とのトラブルを何ひとつ隠さず公開しているサイトを
私は見たことがありません。公開しないのは運営側にも非があるから、
公にしたくない(できない)のでしょう。
しかし他人様を相手に売り買いをして、しかも生き物を扱うのであれば
なおさら、トラブルが無い方が不思議です。当ケネルのように
年間50頭ほどしか分譲しないような小規模ブリーダーでも、
多ければ年に1~2人、少なくても100人に1件程度は
「地雷」を隠し持ち、言葉が通じない宇宙人に遭遇します。
なので、トラブルが無い販売者などどこにも居ない、
皆さん、隠しているとしか思えません。

このカテゴリーでは どんな小さな出来事でも、
飼い主様から寄せられたクレームや当ケネルが子犬の分譲や
以後の関わりをお断りした事例は後日、全て公開します。
もちろん個人は特定されません。保護法にも抵触致しません。


悪質なクレーマー対策について
滅多に遭遇しませんが(10年に一度か、1000人に一人程度)、
一定の割合で世に存在するスーパーモンスタークレーマー対応として、
理不尽で執拗なクレーム電話は録音、メールは長期間保存し、
不当な要求対策 をとっております。

双方のコミュニティで早期解決が期待できそうに無い場合や
ケネル業務に支障が生じると判断した際には獣医等と協議の上、
代理人(顧問弁護士)に一任します。

お迎え頂いた子犬に問題が有れば、遠慮なさらず、
ご主張の根拠(証拠)を添えて、正々堂々とおっしゃってくださいね。
当ケネルは正当な主張以外の嘘や誤魔化し、言い訳は致しません。
売買契約書に則って、誠実に対応
させて頂きます。


▲このページのトップへ戻る

見抜けませんでした。

2020年11月生まれの子犬をお迎えの飼い主から
2021年3月に寄せられた他罰的で理不尽な言いがかり。

2021年1月に子犬をお引渡しした後、3月までの2か月間
子犬に全く水を飲ませなかった
そうです。
それで、シャンプーの時に流れる水を子犬が狂ったように飲み、
そのことが子犬のトラウマになったのかは定かではありませんが、
水を与えるたびにおかしな飲み方をするので、ブリーダー宅では
水を与えていなかったのでは無いか、水ぐらいマトモに飲める犬を
寄こせ、、、という信じられない言いがかりです。

お渡し時の子犬は生後75日くらいでしたが、それまでの間
ブリーダーが子犬に水を飲ませないで育てたのではないかと言い放つ
(この方は自称 会社経営者ですが)、今回不運にもこのような
「地雷」を踏んでしまいました。メールのやり取りを引用します。


始まりは
「水を飲む時に(子犬が)慌てて、むせる。」
というメールでした。その件に対する当ケネルの返事
ぷ~どるガーデンのメール
>>> 大切にお育てくださいまして、ありがとうございます。
>>> 獣医に確認したところ、水を飲むとき以外に症状が無いのなら
>>> 皿から飲ませず、給水器に変えてみたらどうか?との意見でした。
>>> 冷たい水が鼻への刺激になる事もあるそうです。
>>> 短吻種では無いので気管の問題は考えにくいとの事です。
>>> 食器の高さを変える事もお試しください。よろしくお願いします。



飼い主からのメール
送信済み: 2021年03月04日 午後 9:24
件名: Re: レッド女の子 桃リボン
これまで、3回同じ事になってまして、、、
最初に給水機、次にシャンプーする時流れてる水で、
次に今日餌入れから水飲んだ時です。
餌入れでも、もっと水の量を少なくすれば大丈夫でした。
大丈夫な量は小さじ一杯くらい、ダメな量は小さじ3杯以上です。。
火曜日に動物病院に連れていきました、 鼻をクシュッと 
鼻水をとばしてくしゃみのようなのを繰り返していたので、
風邪かなと気になって行ったのですが、
獣医も風邪なのか、アレルギーなのか判断できないので、
抗生物質を1週間与えてまた来て下さいとなりました、
家に帰って様子をみていると、くしゃみのようなのは
ほとんどしなくなっていたので、薬は与えていません。
考えたら、シャンプーする時に呼吸できなくなったあとから
くしゃみのように鼻に違和感あるのかその症状があり。
今回も直後はクシュクシュ鼻くしゃみしてました。
そちらではまだ水は与えていなかったのですよね?
シャンプーされたと思いますが、水を飲んだり しませんでしたか?
ご飯の時もすごい急いで食べるので、
呼吸大丈夫か食べ終わるまで目が離せません。
小さすぎるから、鼻に水が入って呼吸できなくなるんですかね。
今日はホントに死なせたと思いました。
硬直して泡吹いてしまうんです(T . T)  どうしたものか。
取りあえす水は与えるとしてもほんの少量ずつ
与えようと思ってますが。 困りました。。


ぷ~どるガーデンのメール
>>> Sent: Friday, March 5, 2021 9:53
>>> Subject:   様 11/24産 レッド女の子
>>> 在舎時の成長記録を確認しましたが、
>>> シャンプー時も問題なく、育児記録にも特記事項が無いので
>>> スタッフの記憶に残る問題点は無かったようです。
>>> 飲水はご愛犬を含め、その日の状態によって、食後の15CCを
>>> 全部飲む事もあれば飲み残す事もあったようです。
>>> 飲食の様子は行動審査時にドッグトレーナーも見ていますので
>>> 水や食事に普通以上に執着(?)するようならチェックが
>>> 入りますが、ご愛犬は特記事項も無く、問題無かったようです。
>>> 極小サイズですので飲食時の個々の特性(癖)のようなものかも
>>> 知れませんし、心理状態の変化も考えられるかも知れません。
>>> 現状を見ていないので何とも申し上げられませんが、
>>> 極小の飼い主様はその子その子に応じた育て方をなさる方が多いので
>>> 今しばらく危険な状況を避けながら(お手数・ご心配をおかけしますが)
>>> もう少し成長するまで気長に様子見をして頂けたらと思います。
>>> なお、何らかの確定診断が出ましたら当ケネルにお知らせください。
>>> 獣医の診断に疑問がおありのようでしたら、
>>> 病院を変えて見られるのも良いかもしれません。
>>> 症状が出ている時に動画を撮って獣医に見せるのも良いでしょう。
>>> 引き続き、どうぞよろしくお願いします。



飼い主からのメール
送信済み: 2021年03月05日 午後 2:38
件名: RE:   様 11/24産 レッド女の子
飲み水に関しては問題なかった、給水機もつけてたのですね
んーーそうなんですね。家に迎え入れてからは、
ドックフードをお湯でふやかすのでそれで水分取れるので
特に与えなくてよいと思って、水は与えていませんでした。
ずっと水を飲みたかったのかもしれませんね、
それで、水を与えたら異常に執着しているのかなと思いました。

今しばらく危険な状況を避けながら仰る通り、少量あげて様子見ます。
もう一度、動物病院にも連れていってみてもらいます。
鼻をクシュクシュするのも気になりますし。
飲み水で再現するのは簡単なのです、
ただ、ホントに窒息しそうになるので可哀そうで。。
再現させるために死んでしまったらと思うと怖いですが、
動物病院で先生の前で水飲ませてみます。
動物病院で診断結果でましたらご連絡します。
セカンドオピニオンも心得ています、
そうそう、飲み水以外はすごく元気でやんちゃでとても可愛らしいです、
ケージ内ではトイレも100%ですし、
先住犬とも問題なさそうです。それでは、引き続き宜しくお願いします。


飼い主からのメール
送信済み: 2021年03月11日 午後 5:18
件名: RE:   様 11/24産 レッド女の子
>> 以下、後報になります。
>> 3/9 動物病院で飲水時の症状を話したところ、
>> 送付の様な精密検査を行いました。
>> (検査内容は送付の通りです。)
>> 結果は特に異状なしとのこと。
>>半日入院して、餌、水を与えて観察したようですが、
>> 問題なかったようです。

>> 最後に私の目の前で再現するか、水を飲ませてみましたが、
>> 若干ゲホッとしてうまく飲めなかったように見えましたが、
>> 自宅で与えた時のような呼吸困難にならず、水への執着も見られませんでした。
>> 慣れない場所で、緊張とか警戒あるのかかなりおとなしく落ち着きがありました。
>> 医師も様子見ながら水の量を加減して与えるしかないですね、との事。
>> 3/10 昼に食事に与えた際に、
>> ドックフードを食べ終わるのを見計らって、横から水を少量ずつ足して
>> あげていたところ、再発。(4回目です。)
>> 症状は同じで、呼吸ができなくなり、苦しそう、ふらついて横に倒れるので
>> 支えて背中をさするくらいしかできません。また死なせたかと思いました。。。
>> 食べたり飲んだりで呼吸を忘れてしまうのか・・・。。
>> 3/11 昼に食事
>> 少し考えて、ドックフードの隣に、水をたっぷりの皿を同時に置きました
>> ドックフードを夢中食べ終わったあとに、水を飲み始め満足したくらい飲んだと思います、
>> ゲホッとむせてきたので、水の皿をさげました。
>> 食事のたびに大丈夫か観察しながら与えています。
>> ドックフード食事にかなり執着があるよう(とにかく急いで食べる・・・)なので、
>> 月曜から日に3回食事にしています、
>> 朝7時、昼13時、夜19時
>> 体重は順調に増えています650g 、1回12g×3=1日に36g
>> 医師に聞いても、ペットショップに聞いても
>> 飲水で呼吸困難は見たことも、聞いたこともないと言っています。。。
>> →医師は
>> 呼吸も落ち着いている、心臓も正常の雑音もない
>> 検査しても異常はみあたらないのに、何故だろう・・・。
>> とにかく様子を見て加減しながら飲食させるしかないと思っています。
>> 成長とともに普通に飲水してくれることを願って。
>> また、変わったことがあればご連絡いたします。
>> 宜しくお願いします。給餌量・回数とも当ケネルの指導を完全に無視。

  
これらは子犬が飼い主から強いストレスを受けたために生じる
典型的な症例です。ブリーダー100人に聞けば100人が同意します。
検査しても原因が解らない、病院ではまったく起きない症状が帰宅後
飼い主と一緒に居る時だけ出る ・・・ これこそがストレス症候群です。
獣医は本当のことは言いませんよ、「子犬にストレスなど与えていない。
心配しているだけだ。」と本気で思い込んでいる飼い主(大事なお客様)と
トラブルになるでしょうし、ヤブ医者扱いされるのがオチですから。

子犬をストレス症候群に追い込んでしまうほど神経質な飼い主は総じて
自分が神経質であると絶対に認めません。自覚が無いのでしょう。
中には「自分は神経質ではない。」と断言する方も居られます。
客商売をなさっている方はうなづいてくださると思います。


ぷ~どるガーデンのメール
> 大切にお育て頂きありがとうございます。
> 以前にもお伝えしましたが、獣医で
> 子犬に先天的な疾患があると確定診断された場合は
> 契約に従って保証させていただきますので
> お知らせください。添付書類は拝見できませんでした。
> どうぞよろしくお願いします。



> 2021/03/12 15:21 飼い主からのメール
> PDFうけとれないんですか?!


ぷ~どる♪ガーデン のメール
どうしてもPDFが開けませんでした。
開けない原因は私にはわかりません。



> 2021/04/02 21:21、飼い主からのメール
> 水は飲めるようになりました、
> 飲んだあとゲホゲホしたり、たまに戻したりしますけど。
> 成長と共に水が飲めるようになったですがーーー。
> 水くらいまともに飲める状態で渡して欲しかったですね。
> で、今度は
> 鼻のところがハゲてきましたけど。
> 動物病院で皮膚の検査しましたが
> カビとかダニとかの異常は無いようです。
> 経過観察と言われてますが、

> なんなんですかねー。???


水くらいまともに飲める犬を渡せ。」と言われた時点で
触ってはいけない人だと思いましたので、私から電話しました。
飲水に関しては飼い主が選んだ動物病院で精密検査をして「問題ない」と
獣医が診断している、鼻も顕微検査で「経過観察」と言われている。
ブリーダーに言わせれば両方ともストレスによる典型的な症状ですけどね。
獣医が問題ないと確定診断している事について
ブリーダーにあれこれ言ってくるのはクレーム以外の何ですか?
あまりにも子犬が可哀そうなので、獣医が問題ないと言う以上、
飼い主さんが神経質になりすぎているのでは?
ブリーダーに問題が有ると確定診断が出れば誠実に対処させて頂きます。
事細かに状況をご報告頂きましても獣医が「問題ない」と診断している以上、
手元に居らず、触りも見もできない生後5か月の子犬について
私達ブリーダーは何も申し上げることができません、と飼い主に伝えました。

この飼い主のようなタイプの人はブリーダーが何か一言でも言おうものなら
揚げ足を取ったり、重箱のスミを突いたりで幾らでも言い返してきます。
争いが好きで、こちらからの反論を待っています。相手にしてはいけません。



> ----- 元のメッセージ -----
> 飼い主からのメール
> 送信済み: 2021年04月03日 午後 8:25
> 件名: Re:   様 11/24産 レッド女の子
> 誠意もって対応しなさいよ、
> 電話切って折り返しよこさないとかどうなってんの!!
> 飼い主のせい、神経質だ長文だ失礼極まりないメール送ってきて、
> メールは三好さんか、おたく何様のつもりだよ?!
> 症状の報告細かく求めたのおたくでしょ。
> どんだけ医療費かかってると思ってんの!
> もうオタクらの口から出まかせ、その場しのぎはどうでもいいよ、
※ 正式な獣医の見解よこしなさいよ。
> 一切信頼できないんで、
> これまでかかった医療費払ってくださいよ、
> あと、死亡したら代わりの子犬保証とかいらないから
> お金も返してくれ。


※ 正式な獣医の見解、って 飼い主が獣医に診せているんですよね
そこで「異常なし、経過観察」と確定診断されていますよね
飼い主が信頼する獣医がそう診断しているのに、他に誰の見解が必要だと
動物病院を変えてみては?との私の提案に「それは心得ている。」と。
モンスタークレーマーの典型=言ってる事が支離滅裂で二転三転します。


さらに来ました。
コレですね。本音が出ました。
カネを要求してきました。

この時点で弁護士にバトンタッチです。
電話はすべて録音、私が送信するメールに不備が無いか
弁護士のチェックが入ります。

誠意を見せろ、とは反社ナンチャラが好んで用いる言葉です。
「おたく何様」も然り。
かかった医療費を払え、生体保証料返せ、と来ました。
※ 1か月間は全額動物保険で賄われますから、医療費ゼロのはず。
動物保険も当ケネルオリジナルの生体保証も飼い主が入りたいと
おっしゃって自身で手続きなさいましたが、自分の違約は棚上げです。
他罰的思考に陥る方は皆さん同じ。
一方的に相手が悪く、自分は最後の最後まで正しいのです

しかし私はブリーディング同様、事業運営もあらゆる面で水も漏らさぬ様、
徹底して真面目にやってますから、どこをどう突かれても完ぺきです。


2021/04/04 9:45、ぷ~どる♪ガーデン のメール
大切にお育てくださいまして、ありがとうございます。
ご愛犬の成長の様子をお知らせくださり、ありがとうございます。
飼い主様が信頼なさっている動物病院に行かれて診察を受け、
診断も出ておりますので、獣医の指導に従って頂くのが宜しいかと存じます。

死亡補償特約の返金をご希望とのお申しつけ、承知しました。
4月4日、現金書留(速達)で生体保証料〇万円を全額返金致しました。
現金書留の発送をもって死亡補償特約の解除とさせて頂きます。
お問い合わせ番号 2060〇4026〇2 日本郵便
売買契約については遵守いたしますので、ご安心くださいませ。

なお、今後も当ケネルに対して不当な要求がなされる場合、
代理人を立てる用意がございますので、法の専門家と直接お話し願います。

また、当ケネルに何らかの瑕疵担保責任が有るとお考えでしたら、
その根拠を証明する立証責任は〇〇様側にあることを申し添えます。
それでは、どうぞよろしくお願いします。



飼い主からのメール
不当はそっちでしょ、
訳のわからない、死亡保険に入らされて、
水が飲めないのを飼い主のせいにしたり、
電話もでないで、どこのどなたに話せばよいですか?
弁護士の連絡先教えてよ。
あと、犬の販売業者が対応しない、電話にもでないと
警察に訴えます。


ウチの弁護士と話がしたければ、それなりの手順を踏んでください。
私の弁護士ですから、あなたとは話しません。あなたが話すべきは
あなたの弁護士です。それに ・・・ 警察は民事不介入ですよ。


トラブルが生じた場合、
当ケネルは契約書に従い(場合によっては人道的観点から)
誠意を持って誠実に対応してまいりました。これからも変わりません。
しかし、最初から「ブリーダー悪し」で一方的な話を持って来られますと
当然、「その法的根拠」をお示しいただくよう求めます。
しっかりしたエビデンスのもとにお寄せいただいた問題につきましては
ご納得いただけるまで責任をもってきちんと対応いたします。
そのために双方が合意した「売買契約書」があります。
逃げ隠れや誤魔化し、放置、言い逃れをするような
卑怯な真似は絶対にいたしませんので、どうぞご信頼くださいませ。

  

▲このページのトップへ戻る

こんな目に遭うと。


私は利益を度外視して質の良い子犬を作出し、
どこよりもていねいに躾け、隅々まできっちり管理し、
およそ世の中の相場とかけ離れた超お手頃価格で
子犬をお譲りしています。
43年近い歳月、毎年50頭あまりの子犬を巣立たせ、
ほぼ全員の方にご満足いただいております。
飼い主様も子犬も、ブリーダーもママわんも、みな幸せ。
このことがブリーディングの喜びでもあります。

しかし、先日、こんな目に遭いました。

ブログ記事にもある通り、当ケネルは一般家庭です。
何よりも家庭を大事にすることから、ショップや子犬を売って
生計を立てる生業ブリーダーのように
何もかもお客様のご都合に合わせる事はできません。
特に、ご来舎時間においてはご予約時間のすぐ後に
次の予約が入っている事もありますので、どなた様にも
開始・終了時間とも厳守でお願いしています。

今回は夕方5時のお約束で近県からのご来舎でしたが
5時少し前に「ナビが示す場所が田んぼの中だ。」とお電話が。
ケネル周辺には田んぼはありませんので、番地をお伝えすると
「間違いない。私はどこにいるのか?ナビはどうなっているのか?」
そう言われましても逆にこちらがお聞きしたいくらいです。
クレームがあるなら車の販売店におっしゃるのが筋ですね。

ケネルまでの来舎案内メールには道路地図や自宅周辺を撮影し、
添付ファイルとして、文字や画像で詳細にご案内しております。
北海道や沖縄から電車やレンタカー等で埼玉県に初めてお越しの方も、
今まで全員の方が、誰一人として迷わずにお越しになっています。

この方のナビがとんでもない場所を指して道に迷われたとしても
それは私たちの責任ではありません。
マト外れな事をおっしゃる方は「一事が万事」ですので、要注意です。
その後どうにか、どこかに車を止めて歩いて来られて、
画像でお示しした場所を見落として(ケネルの入り口が見つからず)、
自宅周辺を探し回られたようでしたが、それは添付ファイル(画像)が
示す場所を見落とした(見つけられなかった)お客様の不注意であって、
こちらはていねいに画像付きでケネルまでの道順をご案内しております。

で、予定時間の40分遅れでご到着。
今回は次の方がいらっしゃいませんでしたが、通常は居られますから
開始時間が遅れれば次の方にも、その次の方にも迷惑がかかります。
本州以外から飛行機や新幹線でお越しの方などは
開始時間が遅れてしまうと もう、どうしようもないですよね。
こういう事を考えない、客は自分ひとり、ナビが違った場所を指すのだから
自分のせいで遅れたのではない、自分は約束時間に到着するように
早めに自宅を出た、自分は何も悪くない、、、
こういう考えの方とは(飼い主であっても)今度、まともに関われません。
時々、大渋滞に巻き込まれて到着時間が遅れる方がいらっしゃいますが
皆様ご自分から「後の方を先に、自分は待ちますから。」とおっしゃいます。

話がそれましたが、結局40分遅れで到着したこの方に動物取扱責任者が
「5時開始~6時終了の予定でしたので、すでに40分遅れですから
説明を短縮させて頂きます。」と申しましたら、あろうことが逆ギレ。
「自分は遠いところからわざわざ来ているのに
その言い方は失礼だ。時間が無いのなら子犬だけ寄こして
説明はしなくても良い。」
とおっしゃったそうです。
その剣幕にびっくりした責任者が「どうしようか?」と聞いてきました。
私は「お引き取り頂いて。そういう客意識丸出しの方はトラブルの元。」と
一喝しましたが、温厚なシロさんが「自分が話す。」と。
※ 私共の認識では、関東6県は「遠いところ」ではありません。
フランスやカナダからも来られましたよ。

結局、シロさんが穏やかに話して飼い主のご機嫌も直ったようですが、
私はこんな方は御免です。時間に遅れて謝りもしないのは言語道断ですし
説明も聞かず犬だけ寄こせ、とは。心優しいシロさんが丸く収めましたが、
他罰的思考のこの方は超ブラック確定。
契約上の責任は真摯に遂行しますが、それ以外はパスです。

どんな業界でもそうだと思いますが、客意識丸出しは嫌われます。
へりくだったり、下手に出る必要はありませんが、
自分が迷惑を掛けたらまず謝るのが先ではありませんか?

当ケネルにお客様として来られる一流の方々は皆様、謙虚です。
素敵な飼い主様と楽しくお話し、子犬を委ねたいと願いますが、
こういう目に遭わされると心底、がっかりしますね。

横柄な飼い主様のため、この日予定していたケネルの親睦会に
シロさんだけが出席できませんでした。
シロさんは温厚なので何も言いませんが、私は怒り心頭でした。
お客様は大満足で上機嫌でお帰りになったそうですが、
こういうモンスター客は2度とお断りです。


 

▲このページのトップへ戻る

日常茶飯事だそうです。


インターネットをきっかけとする売買におけるモンスター回避のため
同業者の皆様はどのような手段を講じておられますか

私は最初が肝心だと考え、メールや電話の印象を重視しています。
今回は注意を払った積りでも回避できなかった不快な出来事を書きます。
この話を聞いた古い友人(海千山千のプロ犬屋さん)には、
「そんな事、日常茶飯事。蚊にさされたようなものだ。」と笑われました
なので同業者の皆様、もし良かったらお読みくださいませ。。

その方(仮にKさんとします)からは子犬がデビューするたびに
お問い合わせを頂きましたが 他に即決が入り、ご縁が無いままでした。
飼い主様を募集中の子犬がおらず、デビュー予定もない ある日、
「詳細を聞きたいので電話で話がしたい。」とのメールを頂いたので
ご指定の日時に電話しました。話に区切りがついて電話を切ろうとすると
また次の質問、また次と、殆どブログに書いてあるのにな、と思いつつも
結局30分以上の長電話になってしまいました。
挙句の果てに「私自身がどういう人間かを知ってほしいので、
今度、貴ケネルを見学したい。」と言われて、警戒レベルがマックスに・・・。
「子犬が行く環境は非常に気になりますが、飼い主様への個人的な興味は
全くございません。」とお返ししました。相手の方は女性です。

その2週間後、私にとっての 事件 が起きました。

女の子が2頭デビューしましたが、
当ケネルではホームページデビュー前に予告を掲載します。
すると、通常は1時間に300アクセスくらいですが、
その時は予告からデビューまでの間に、1時間につき700~800もの
アクセスが来ました。仰天して解析を見ると、十数名の方からです。
さらに詳しく見ると、Kさんからのアクセスがほとんどでした。
1時間の平均アクセス数300を引くと(800-300)、500アクセスの
ほぼほぼ全部がKさんでした。1時間60分3600秒ですから7秒に1回
それも2時間、ほぼ休みなく、アクセスが来ている計算になります。
なんだか、怖くありませんか 私は不気味に感じました。

1_20210713112155354.jpg

で、子犬が画像デビューすると間髪を入れず(恐らく10秒も経過せず)
即決希望メールが寄せられました。
※画像が出たらすぐ即決フォームから送信できるように
お問い合わせページをお気に入りに入れ、毎回、同ページ経由で
ホームページをご訪問くださっている方は、お問い合わせページへの
クリックが一定数に達しますと「スパム判定」され、
メールが送信できなくなる設定になっていますのでご注意ください。


スタッフの中には粘着性が尋常ではない、と反対する者もおりましたが、
熱心にお待ちくださったのだろうと善意に解釈し、即決に応じるメールを
返信しました。(この時点で他からも即決希望を4通頂いております。)
翌朝になってもKさんからの返信が無かったため、ログを確認すると
ホームページには今朝からアクセスが来ているので、もしかしたら
メールが不達だったり、迷惑メールに振り分けられているかも?と考え
即決メールをいただいた翌日の朝9時、Kさんに電話しました。

すると・・・
電話にお出になるや否や、矢継ぎ早に質問の嵐です。
子犬はおとなしいですか 食事は食べますか 成犬時は何キロ
ご質問の答えは全部ホームページの子犬説明に書いてありますけど
それらを全部確認してから「即決希望」をお出しになったのですよね

呆れかえって(私の中では99.999%お断りする心積りで)
Kさんのお話を聞いておりますと「命を預かる重み」だの「責任」だの
私に言わせれば「今さら何を言ってるの。」的な発言が続きます。
「私に育てられるかどうか、もっと子犬を幸せにできる方が。」と仰るので
「では、今回は見送られますか キャンセルで宜しいですか」と
畳みかけると、「夫に相談するので21時まで待って欲しい。」と。
開いた口が塞がらず、「今から更に12時間近くも待てませんよ。
私だけならまだしも、この子犬に即決希望をくださっている他の方々を
Kさんの都合でお待たせするわけには参りませんので。」と言いますと
「では、2時間待ってください。」と。
さらに、5日後に子犬と対面して私(Kさん)が育てる自信が無いと
思ったら、キャンセルできますか

誤解しないでくださいね。
私は即決したらキャンセルするな、と言っているのではありません。
即決した子犬と対面した子犬が動画や画像と違ったり、
性格が説明と違う、などがあれば当然キャンセルできます。
動物愛護法や消費者保護法には実物を確認後に売買契約を結ぶよう、
書かれていますし、当ケネルはあらゆる法令を遵守しています。
そうではなくて、
生き物を終生、守り育てる覚悟も無いのに
ブリーダーが手塩にかけて育て上げた子犬を
即決するとか、〇〇日に迎えたいとか、
簡単に言わないで頂きたい

生き物を迎える環境が整っているか、犬の生涯に責任を持てるか、
そのような事は即決を申し出て繁殖者がそれに応じる前に、
もっとずっと前に夫婦できちんと話し合うべきではありませんか。
この私の主張に反論する方は誰一人おられないと思います。
これについてはブログ記事のあちこちで警鐘を鳴らしています。
Kさんは「ブログを全部読んだ。」とおっしゃいましたが、
子犬の画像や関心がある記事だけを都合良く見ただけでは
ブログを読んだ事にはなりません。

昨夜の即決メールから夜中の3時までホームページを見続けて
「子犬育てに自信が無い」、云々言い始めたKさんの返事を、
2時間待とうが 3時間待とうが、結果に大差が出るとは思えません。
こういうズルイ人が私は大っ嫌いです。
誰よりも早く子犬情報が知りたい、子犬が居ない時期の来舎は
きっぱりお断りしているのにブリーダーに会って話がしたい、
自分だけが有利に犬を選ぶためにはあらゆる手を考え出す人。
それで、イザ自分が即決出来るとなると、途端にあれこれ言い始める
浅慮遠望な人は稀に居ます。なので、私は
「画像デビューをお待ちください。」と大書しているにも関わらず
問い合わせメールを送りつけてくる人は悉くブロック
しています。
募集説明さえ読解できない方に当ケネルは不向きだからです。


皆様は「御為ごかし=おためごかし」という言葉をご存知ですか
一見、子犬の為を思っているようだけど、その実、自分のため。
自分の都合しか考えていない事を言います。
「責任を持って育てられるかフラフラした気持ちで子犬を迎えるよりは
この子が欲しい、と強く思っている方に譲った方が子犬のため。」だと。
そんな当たり前のことを今さらあなた様に言われなくても。
いやいや、その前にいい加減な気持ちで重みのある「即決希望」を
出した事に対して(子犬や他の皆様に)謝って頂く方が先だと思いますよ。

Kさんとは今後、もう関わりたくないので
私は100万%お断りの方向で、噛んで含めるように申し上げました。
即決を申し込んでおきながら、今日になって子犬説明に書いてある事を
何度も聞くなど、とても真摯に迎え入れを考えているとは思えない。
命の重みや責任を口にしながら、子犬を24時間以上留め置こうとする事や
見て気に入らなかったら子犬をポイ捨てしようとする考え方こそ無責任で有る事。
他の方を全部断ってKさんに対面する子犬への責任感の欠如としか言えません。
私はこのような自分本位の方に子犬を託す積りはありません。
Kさんからは「仰る通りです。」とのお返事を頂きましたので、これで終了。
Kさんからのメールや電話は全てブロック。子犬は別の飼い主様に決まりました。

すると、翌々日の早朝5時過ぎに電話が鳴ったので
何事かとたたき起こされましたが、未登録番号だったため架け直しませんでした。
放置していると、今度はその1時間後、朝6時台に再び電話があったので
これは飼い主様が大慌てで別の携帯から掛けて来られたのかも、一大事かも、
と急いで出ましたら、見ず知らずの男性からで「即決で子犬を購入した。」だの
「来舎予約をした。」だの言っておられます。現時点で即決頂いてお引渡しが
済んでいない子犬は居ない事、仮契約も結ばず来舎予約は入れない事などを
ご説明しましたが、ラチが明かないと言うか、ご自分の苗字を連呼されても
個人情報のご開示が無いので、どこのどなた様なのか私には解りません。
いずれにせよ、「電話で子犬説明はしない。」と明記しているにも関わらず
電話を架けて来た方に子犬をお迎え頂いた例は今まで1件もありませんし、
早朝5時台、6時台に電話を架けてくる行為自体、私には有り得ない話です。
※子犬の飼い主様は契約時にお知らせ頂いた番号からおかけください。
保証期間内は登録を残します。別の番号からお掛け頂いても対応致しません。


この事を昼休みにスタッフに話しましたら
「せんせい、それって、岐阜県のKさんじゃないですか。」あ、そうかも。
そういえば、もう一度イチから商談を始めたい主旨だったような。
奥様とはご納得頂いた上でお話を解消したので
円満解決だと思っていましたが、だんな様に助けを求めた?
まぁ、成人同士の話し合いに第三者(配偶者)が登場する時点で
終っていますけどね。

私は、自分の都合で周囲を振り回す自己中心的な人間が大嫌いです。
子犬分譲において、害を被るのは私だけでは無く、(子犬はもとより)
1頭の子犬にご即決希望をお寄せくださいました全員の方々が
第一候補の方の言動に振り回されるようになります。
この事へのご認識が無く、「飼い主候補は自分一人、ブリーダーと私、
1対1の商談。」だと勘違いなさる方はネットを介した売買に不向きです。
どうぞお近くのペットショップに行かれ、お目当ての子犬を抱っこしながら
何の知識もないアルバイト店員の無知で無責任な説明に納得し、
大枚はたいてセリ市場仕入れの子犬をお買い上げください。

当ケネルはカネ目当てで子犬を分譲致しません。
これは、一見とても良い事のように皆様お思いになりますが、
買い手様にとっては非常にハードルが高いという事です。
カネさえ貰えば誰にもでも犬を売るブリーダーでない、ということは
(子犬を大切に思うあまり)買い手様にも多くを求めているという事です。
ブログやホームページに記載している文章の端々からも
当ケネルが買い手様に厳しいブリーダーであると想像出来ると思います。
もちろん、買い手様に求める以上は当ケネルでもブリーディングに、犬質に、
補償に、、自信と責任を持って日々真摯に取り組んでいます。
お客様意識の高い方はどうぞ他所様をご検討ください。
犬の福祉よりもカネ儲けに熱心で、犬を買って欲しい販売者は大勢います。
当ケネル以外は「殆どそうだ。」と言っても過言では無いでしょう。


この記事は2021年6月に作成しました。

▲このページのトップへ戻る

子犬が死んでから連絡


痙攣、止まらない嘔吐、水様便、呼吸困難など
体調不良が起きた時はすぐ当ケネルまでお電話ください。
真夜中でも電話に出ます。最初にお知らせ頂けず、
病死後に報告されても補償しませんのでご注意ください。


子犬の育て方マニュアル でも、
対面説明時にお渡しする文書
でも
玄関をお出になる直前 まで 私達は必ず、
「子犬に体調不良が起きた時には
真夜中でも電話をください。

何度も何度もどなた様にもお願いしています。
過去の、度重なる苦い経験から発せられたこの言葉を皆様、
歌を聴くように、社交辞令のように、聞き流さないでください。

当ケネルでは正式な売買契約を結ぶ前から
仮予約以降に送信する文書のあちらこちらで
「子犬の体調に変化が有った時には
どんな些細なことでも 必ず
すぐに電話でご連絡くださるよう

どなた様にも クドイ ほどお願いしています。
そして99.99%の方は、そのようにして注意深く
お育てくださっています。皆様、ありがとうございます。
数年に1件起きるか否かの事例のために、この様な記事を書くのは
本当に残念ですが、宜しければお目通しくださいね。

昨年末、非常に残念な死亡事例がございました。

生体保障の特約をお付けする時にも説明していますが、
獣医の判断ミス、治療ミスで子犬が亡くなった場合、
繁殖者に補償を求めるのは理に適いません。道理が違いますね。
獣医が責任を負い、動物病院が加入している保険 を用いて
飼い主様に補償するのがスジです。
・・・ こういうと、獣医達はほぼ間違いなく、自分の治療を正当化し
生まれつき何かあった云々、ブリーダーに責任転嫁してきます。
「お引渡しから間が無い子犬が体調不良に陥った時は必ず当ケネルに
連絡ください。」と私達がお願いする理由は正にココです。

体調不良の最初から繁殖者が状況を把握し、獣医と連携して治療に当たり、
獣医とブリーダーの間に病態や検査結果の認識に齟齬が無い事、
ここが重要です。飼い主様、獣医、繁殖者、三者の間に疑義が一切生じない事、
これが 飼い主様と繁殖者、相互の信頼関係の上に成り立つ
生体補償制度の根幹
です。皆様も、経験を積んだブリーダー達が
「体調不良時はすぐ教えてくれ、犬が死んでから言われても補償できない。」と
ホームページに書いているのをご覧になった事がお有りでしょう?
それは責任のタライ回しを避けるため、つまり、飼い主様のためなのです。

体調不良時に当ケネルに いの一番に連絡しない人は
「ブリーダーは信頼できず、獣医の方が正しい。」と
思い込まれているのかも知れませんが、いやいや、それは全然違います。
駆け出しブリーダーならまだしも、当ケネルは43年の経験がございます。
若い獣医など、いったいどれほどの数の子犬を診た経験がありますか?
成犬やマニュアル通りの診察は出来ても、
トイプードルの子犬に特化した経験や知識
は、どの程度でしょう?
経験を積んだブリーダーの足元にも及ばないのではありませんか?

実際、獣医が未熟で判断を誤り、ブリーダーの指示通りの検査をして
死に至らずに済んだ例を毎年毎年ゴマンと見聞きします。
だから、トイプードルの子犬に限っては
体調に変化が起きたら、いの一番に
私たちブリーダーに、まず教えてください、とお願いしています。
それなのに、当ケネルを信頼して頂けないのか何なのか、
ブリーダーに何の連絡もせず、犬が死んでから
「補償」だけを求めて来る方が、数年に一人程度おられます。
昨年も1名、居られました。2016年以来ですから、5年ぶりですね。

さてここで、当ケネルが生体価格の1割を頂く事でお付けしている
「生体死亡補償特約」について、もう一度おさらいです。
特約の詳細はこちら ※売買契約締結時に詳しくご説明します。

トリミングサロンや動物病院、犬の幼稚園など、
「第一種動物取扱業」登録業者は
それぞれ事業者用の保険に加入している筈ですから
それらの施設内で起きた死亡事故等については
それぞれの事業者に補償してもらってください。

トリマーが落下させて死亡した子の代替犬を
当ケネルが提供するのは筋違いです。


この補償制度は飼い主様・繁殖者双方の信頼の上に
成り立っています。
ですので、事故死した、落下で死亡した
・・・と報告を受けた場合も、死亡診断書が有ればそれ以上は問いません。
死亡原因の如何を問わず、とはこういう事です。
犬が気に入らないからワザと殺して、別の犬を貰おう
または違う犬が死んだけど、補償対象犬が死んだことにして
代替犬を貰おう等々、そういう事は無いと信頼して補償させて頂くのです。


体調不良が起きた時はすぐ当ケネルまでお電話ください。
真夜中でも電話に出ます。最初にお知らせ頂けず、
病死後に報告されても補償しませんのでご注意ください。

体調不良なのに連絡も寄こさず、犬が死んでから「補償を」と言うのは、
例えば目の前で犬が車にはねられて瀕死の重傷を負っているのに、
酷い後遺症が残るかも知れないし、治療にはお金もたくさんかかる、
それならこのまま犬を見殺しにして代替犬をタダでもらおう
、、と考える人と大差ありません。

体調不良が起きているのに何の連絡もなく、病死後に報告を受けても
繁殖者と獣医が連携した治療を行えなかったので、それは「見殺し」です。
家族がつきっきりで24時間、子犬の様子を見守っていようが、
それはただの様子見に過ぎませんし、獣医に毎日通おうが、入院させようが
マト外れな治療・検査のために亡くなった事例をたくさん見てきました。
食欲が廃絶してしまった子犬を助ける術を獣医は持っていません。
せいぜい皮下か静脈点滴をする程度で、それでは犬は3日で死にます。




【子犬を死なせてしまった飼い主様からのメール】
> 最初の下痢症状はその日のうちに回復へと向かいました。
> 2度目の下痢症状からは、毎日病院へ通い献身的に対応してきました。
> 以降、昼夜問わず常にそばに居てその日その日の体調を見守り、
> 家族全員で体調が回復することを願っていました。
> 亡くなってからご連絡させて頂いたのは、三好様をはじめスタッフの
> 方々同様、あまりのショックからのものでした。
> 弟のように可愛がり、体調を崩してからも常にそばで見守っていました。
> 突然の別れに家族全員が苦しんでおります。
最初の下痢でご連絡を頂けていたなら当ケネルは適切な検査と
治療方法、投与する薬剤の相談など獣医と連携できました。
病院に通おうが、いくら回復を願おうが、家族で昼夜を問わず見守ろうが、

これは 「見殺し」 だ、私は言うのです。

子犬を熟知した同業ブリーダー様なら、私の主張にご同意くださるでしょう。
ちょっと横道に逸れますが、子犬を愛するあまりの発言ゆえ、ご容赦を。
下線付き緑字の部分、、、ブリーダーさんなら解ってくださるでしょう。
たった1度の下痢でも対応を誤れば、先々命取りになる可能性が潜む事など
繁殖者なら誰でも知っています。たった1日で回復したからと安心し、油断
するのはド素人か、経験不足で無知な獣医くらいです。「同様」ですか?
私達は交配予定の母犬は半年前から準備万端に育成し、受胎後2カ月間
母体の胎内で一緒に守り育て、出生後は母子の健康状態を24時間監視し、
その後も引渡しまでの70日近く、丁寧に育て躾け、愛情を注いで来ました。
お迎え後3週間で見殺しにしておいて、ショックは「同様」ですか
飼い主は子犬が死んでもご飯を食べて、夜も更ければ寝るのでしょう。
そのどちらも出来ないほどの悔しさを味わうのは結局、ブリーダーです。



獣医師の力量には(人間医以上に)雲泥の差が有ります。
心音さえ聞き取れない、静脈に針を入れられない、
強制給餌ができない獣医など、そこらにゴロゴロいます。
飼い主様からの一報さえ有れば私達は
〇〇をしてください、と子犬を診ている獣医に指示が出せます。
そのために必要なのがブリーダーへの最初の一報です。

死なずに済んだかも知れないのに、獣医の不適切な治療によって
失われた命を、私は数えきれないほど知っています。
そして逆に、ブリーダーのアドバイス通り検査、治療をしてくださったお陰で
助かった命をもまた、枚挙にいとまがないほど知っているのです。
ですから、プードルの子犬に限っては体調不良時には必ず連絡をください、と
何度も何度もお願いしています。

ブリーダーへの信頼って何でしょう
子犬を選ぶ時だけ必要なものですか

ぷ~どるガーデンはプードルの子犬を専門に今まで何万頭もみている。
どんなことが起きても私(飼い主様)の愛犬を守ってくれるはずだ、
だから一任しよう、獣医よりも繁殖者に一任しよう、皆が最善を尽くして
万一子犬を亡くしたとしても、ぷ~どるガーデンなら代わりの可愛い子を
再び私(飼い主様)に託してくれる筈だ、、、
飼い主様とブリーダー、お互いの信頼の上に成り立つ生体補償制度とは、
こういう事である、とご理解頂けたら嬉しく思います。



獣医に送信したメールを貼付しておきます。
これだけで経緯はお解りいただけるかと思います。
〇〇〇動物病院 御中
はじめまして。
いきなりメールを送らせて頂く失礼をお許しくださいませ。
私は埼玉県春日部市でプードル専門に43年間繁殖しております
三好〇〇と申します。(動物取扱業登録 第69-0261)
過日は私の繁殖犬の治療にご尽力頂きました事に感謝致し、
心よりお礼を申し上げます。ありがとうございました。

さて、唐突でたいへん恐縮ではございますが、
昨年〇/31に亡くなりました〇〇〇在住 〇〇様ご愛犬
2020年〇月〇日生まれ トイプードル♂ について
いくつか確認させて頂きたく存じます。
※主治医に病状悪化の経緯、検査結果等をお尋ねすることは
〇〇様との売買契約書でご了承を頂いております。ご本人の許可を得ない
個人情報開示には該当致しませんので、ご安心くださいませ。
〇〇様からお聞きした病状経緯は次の通りでございます。

〇月17日に下痢症状が有ったため、貴病院を受診。
食欲もあり、白っぽい砂状の下痢便がシーツに残っていただけで他に症状なし。
貴病院で下痢止めと砂状の便が改善する薬を処方してもらった。
この時の検便では、肛門から新鮮便を採取せず、ペットシーツに
残っている便で検査を行ったが異常無し。
〇月24日
一週間後に来院するように言われたので受診したが、便も普通で異常なし。
検便せず。
〇月27日 胃液のようなものの嘔吐があったため、受診。
下痢はなかった。吐き気止めの薬が処方された。検便せず。
〇月28日食欲廃絶。検便せず。
〇月29日、30日、と通院したが皮下点滴と経口でミルク投与。
両日とも検便せず。
〇月31日 死亡

飼い主様の話では、貴病院での診断は「胃腸炎による死亡」であったようですが、
当ケネルでは5日のお渡し直前(〇月1日と〇月4日)に2病院の院長を含む
3名の獣医が子犬を検診しており、それらの獣医の意見に加え、私も経験から
確認しておきたい点がございましたので、次の質問へのご回答を賜りますよう
どうぞよろしくお願い致します。

飼い主様の話では新鮮便採取による検便は一度も行われなかったとの事ですが、
上記が事実であるなら、コクシジウムやジアルジアなどの原虫類への感染を
確認していない
、という事になりますが、この点はいかがでしょうか?
過去の経験上、普通便であっても(下痢や嘔吐が無くても)もっといえば健康で
何の体調不良の無い「子犬」でも、原虫に感染していたという経験がございました。
原虫感染は発見が早く、適切な治療を行えば快方に向かい、
症状が出てから僅か数日で死に至る事は無いと考えます
(万一に備え、充分な体力を
付けて渡しております)ので、この事に関して、お尋ねさせて頂きたく存じます。
加えて、ご診断の胃腸炎について詳しいご説明を頂けましたら幸いです。
※当ケネルでは在舎成犬28頭にはパルボ検査、検便を4週間ごとに行い、
在舎子犬においては一週間ごと、引き渡し直前には週に2度、同検査を行い、
最終の検査結果(チェックマンCPV検査)は飼い主様にお渡ししております。
白血球数値から、パルボで無かったことは〇〇様から聞いております。

お忙しい中、たいへん恐縮でございますが、お返事をお待ちしております。
どうぞよろしくお願いします。


三日後、動物病院からメールが来ました。
ホントに獣医が書いたの?と思うほど、支離滅裂。
言語明瞭、意味不明のお手本のような内容でした。
子犬が下痢を起こした日(受診初日・17日)に検便をしなかった理由、
死亡前日(29日・30日)に至っても検便をしなかった理由、、を
繁殖者が尋ねているのに、ワクチンでパルボの陽性反応が出る事が有る云々、
コチラが聞きもしておらず(子犬にパルボの陽性反応など出ても居ないのに)
自分が知っている事を洗いざらい書いて体面を保ちたいのだか何だか、、、
これですから、獣医は人間医以上にピンキリ、獣医は偏差値が低い、と
言われるんですよ。ウチの顧問獣医達も呆れ果てていました。
新しいから、設備が整っているから、評判が良いから、という理由で
こんな病院を選んでしまった飼い主様と子犬があまりにも不運です。

そして、私が動物保険会社に死因を確認したところ、「敗血症」でした。
飼い主さんに話した死因とは全く違うではありませんか?
通常、「胃腸炎」だけで犬は死にませんから、誤診発覚を恐れた
病院選びは命がかかっています。慎重に選びましょう。


この記事は2020年11月に作成しました。
 
 

▲このページのトップへ戻る

カテゴリー

フリーエリア

検索フォーム