fc2ブログ

飼いやすいのは男の子? 女の子?


子犬を迎える時に男の子にするか、女の子がイイか、迷うところですね。
どこのショップでも男の子の方が多く、価格も(女の子より)お安いです。
でも、これは決して“男の子より、女の子の方が勝る”からではなく、
出生比率で男の子の方がやや多い事と、繁殖者が女の子を残す傾向に
ある(犬猫セリ市場に出荷される数が少ない)、などの理由によります。
男の子と女の子、どんな違いがあるのか、私の感想を書いてみます。
※記載事項はあくまでも“傾向”であって、断言するものではありません。

男の子はストレートに愛情を表現する“飼い主様、命”クンが多いです。
いつまでも赤ちゃん赤ちゃんしていて人に対しては超甘えんぼ
一途な純真さを表してくれるぷぅちゃんをお求めの方にお勧めします。
また、いったん決まった上下関係を忠実に守るので、躾けも入りやすく、
多頭飼育に向きます。女の子・男の子を一緒に飼う場合では、
何でも女の子に譲ってしまう男の子が圧倒的に多いですね
男の子は縄張り意識が強い=気が強い、と誤解されがちですが、
今の男の子はテリトリー意識が低い(というより殆ど無い)子が多いです。
昔の日本犬のように自由に野山を駆け回り、片足を高々と上げて
電柱にマーキングの図・・・はまず、ありません。また、
マーキングとは他の犬のニオイが付いた場所に、自分のニオイを上書きして
テリトリーを守る行為ですから、他の犬のニオイが無い室内では起きません。
室内で排泄してからお散歩をするように躾けられているわんちゃんは
屋外で足をあげておしっこをする事はありません。
当ケネルでも屋外排泄させず、性格がおとなしい男の子は、成犬になっても
座っておしっこをします。(お迎え頂く時期は座って排泄します。)
このように、排泄やマーキングに対する間違った思い込みから、
男の子を敬遠する方がいらっしゃるのはとても残念です。
また、小さなサイズのプードルでは食事に気難しい子犬が多いとされますが、
これは女の子に多く見られます。男の子は概ね、食事に手がかかりません。

骨格・顔つき・体力において男の子が勝る、という説もありますが
大型犬はその通りですが、プードルなどの超小型犬には当てはまりません。
女の子の方が小さくておとなしい、という事は100%あり得ません。
小型犬において、これらの特質は性差よりも個体差です。
性格は個体差(つまり、生育環境)によるところが大きいですね。
ただし、被毛の差は顕著です。(特に成犬になってから)
生き物のオスはすべて、メスに比べて毛ヅヤが良く、毛量も多く、
美しい被毛を持っています。(ライオン・くじゃく等が解りやすいです。)
犬にも同じことが言えます。被毛は女の子より男の子の方が優れています。

一方、女の子は赤ちゃん時代からおとなびた性格の子が多いです。
いわゆる“おませちゃん”です
テンションのアップダウン(好き嫌い)が激しい傾向もあります。
いつも飼い主さんの目を気にしていて、愛情表現も控えめです。
じっと見る子が多いので、見つめられるのに弱い飼い主さんには、
たまりません。飼い主さんの行動パターンを覚えて、先回りして
行動するといった洞察力に優れるところもあります。

飼い主様から興味深いお話を聞きましたのでご紹介します。
男の子は市販されている「マナーベルト」着用中はオシッコ(マーキング)を
しないそうです。まだ躾けが完璧でないワンちゃんや緊急時には助かりますね。
俗にいう≪うれション≫が女の子に多い、とは聞いていましたが、
マナーベルトを着用すると男の子の≪うれション≫は完璧に防げるそうです。
躾けが完了すればベルトなしでもお行儀良くできるのだそうです。
お困りの方、ぜひお試しくださいね

男の子と女の子、価格差がある理由は
①そもそも出生比率でオスの方が圧倒的に高い。(♂♀ 3対1とも)
②人気犬種は子を産むメスを繁殖者が残したがるので流通数が少ない。

ここからは訓練士さんの話です。
女の子は一頭飼いでも環境しだいで上下関係をあまり守りません。
女の子同士の多頭飼育では、順位が決まりにくいので、ちょっとした
小競り合いが時々あります。
自分が一番に愛されていたい面があるので、気の強い女の子ですと
二頭でだっこするのを許してくれないこともあるようです。
男の子女の子混合の多頭飼いでは、女の子の方がボスになりやすいです。
また、賢すぎてイタズラをしても「私じゃないわよ」という顔をする子も
いるそうです。感情が絡む躾けには忍耐が必要で、飼い主さんには
リーダーの自覚が常に不可欠です。
同じケネル出身の子犬は生育環境が似ている事から、早く馴染みやすいと
考えられています。

いかがでしょうか?子犬選びの参考になればうれしいです。

この記事は2015年3月に作成しました。

▲このページのトップへ戻る

アプリコットの毛色について


昨今、爆発的な人気を誇るアプリコットは
その作出の難しさ、子犬の希少性から交配禁忌を冒してでも
アプリの子犬を得ようとする「繁殖屋」で溢れています。
つまり、レッド系にホワイト系を配して(交配禁忌)クリームのような
個体を生ませて「アプリコット」に仕立てるワケです。
ショップ店頭にはこのような「なんちゃってアプリ」が多いので
アプリコットの毛色に対する誤解が非常に多いです。
当ケネルに来られる飼い主様の中にも
「アプリコットと言われて買ったけどクリーム(ホワイト)になっちゃった。」
・・・と言うお話をよく耳にします。ホワイトが入って居れば当然ですね。

多くの方が思い込まされているアプリコット
この個体はまだ色素ポイント(目鼻)が黒っぽいですが
目の周りがボヤけていたり、お鼻の色が薄いアプリコットは
100%、《交配禁忌》を繰り返した末に生まれた仔ですから
絶対に買ってはいけません。
将来、高い確率で皮膚病やアレルギーで悩まされます。
IMG_8913.jpg



意外ですが、アプリコットは実はプードルの基本色にひとつに数えられ、
私は今までに、スタンダードプードルで一度だけ見た事があります。
本物のアプリコットはそれほど希少で、滅多に居ません。
なのでショップはもちろん、そこらのブリーダーが本物を知らなくても
何の不思議も無いし、ましてや飼い主様となれば
ショップのプライスカードを見て毛色を判断なさる他、無いのでしょう。

本物のアプリコットは文字通り、あんず色です。
あんずの実
ebd9d5b2f52fe3d8a39398bb624.jpg
いかがですか こんな毛色のプードル、見た事が無いはずです。



もう少し具体的な例をあげるなら、コチラが近いかも知れません。
オレンジのポメラニアン
DSC_1150.jpg



当ケネルを含め、良心的なブリーダーがアプリコットと呼ぶのは
おおかた、このような毛色です。
IMG_4861.jpg

当ケネルで飼い主様を募集したアプリコット
aAP7.jpg

当ケネルでは積極的なアプリコット繁殖は行っておりません。
その理由は、(検索して頂ければお解りの通り)、
国内には本物のアプリコットが居ませんから
当ケネルも本物は作出できません。
アプリ作出にホワイトを入れない良心的なブリーダーがそうである様に
当ケネルではレッド系同志の交配から生まれてくれた
淡い毛色の子犬をアプリコットとして分譲しております。


この記事は2020年5月に作成しました。

▲このページのトップへ戻る

安い犬が欲しい


「プードルと暮らす幸せを ひとりでも多くの方と分かち合いたい。」・・・
・・・ これがぷ~どるガーデンの分譲のポリシーです。
こう書くと、ご自身の現状(どのような苦労をしてきたか
家族がどうこうで如何に癒しが必要か、など)を書き連ねて来られ
犬にお金は出せないが可愛がる。」と仰る方がたまに居られます。

残念ながら、私共はそのようなご要望にはお応えできません。
スタッフを含め、われわれブリーダーはボランティアではありませんし、
ブリーディングに対価を頂くのは当然であって
決して高くは無い(むしろ他所様と比較してお安い)私の子犬に
それだけの価値を見出して頂けないなら、また、価値を解って
くださったとしても相応の対価のご用意が難しいなら、別の方法(※)も
視野に入れるか、購入そのものをあきらめて頂くほか無いと考えます。
※ 里親、欠点の有る子犬を承知で迎える、保護犬を探す、など。

先日も、そのような方から「諸費用込みで20万円で」とお話が来ました。
しかし、私達はボランティアでは無い事、母犬の育成から始まり
2か月の妊娠期間、その後50日近い(母犬による)子犬育て期間、
分譲までさらに1か月近い、人間による育成(躾け)期間など、
その間にかかる医療費や飼養・衛生管理にかかる費用などを
考えますと、今の時代に子犬1頭が20万以下、など有り得ない話です。
ちなみに、犬猫競り市でも20万円では(マトモな)犬・猫は買えません。
先天性疾患が疑われたり、現状で病気があるなどすれば買えますが。


安売りサイトでは今現在でも10万円台で犬猫が売買されています。
しかし、これらの犬猫は競り市に持ち込んでも殆ど値段が付かないような
そんな個体を(あの生産者はあんな犬猫を)競りに持って来た、と
言われたくないために、悪評が立たないように、こっそり安売りサイトで
何も解らない安物買いの消費者に押し付けてしまおう、という魂胆が
われわれには透けて見えます。出品者は私達の間では悪徳で知れた
パピーミルばかりです。(動取登録番号が記載されているので)

お気の毒なので、前出の方にはこれらを正直に話して差し上げましたが
返って来たメールはひとこと「悲しい現実ですね。」と。

何が悲しいのでしょう?
ご自分が犬猫を安く買えない現実が、ですか?
ブリーダーはボランティアで在れ。犬猫を売って儲けるのは悲しいとでも?
今の世の中、より多くの収入を得たいのであれば仕事を頑張る事です。
質の良い子犬を作りだそうと日々努める真摯なブリーダーが作出した
(お手頃価格の)子犬を得たいなら、ご自身にも相応の努力が求められる。
・・・ これこそ、平等な世の中ではありませんか?
ブリーダーや母犬達の働きを軽視し、ご自分の窮状だけを
訴えて来られましても、誰も同情しませんし、そのようなお家に子犬を
送り出すのを、真面目なブリーダーであれば有るほど躊躇するでしょう。



▲このページのトップへ戻る

子犬を見て買いたい

「実際に子犬を見て決めたい。」そうおっしゃる方は多いですし、
それは当然のことです。
当ケネルでも、動画や画像で見た子犬をお気に召して頂ければ、
実際にケネルに来て、子犬を見て、動画や複数枚見た画像の子犬と
同じ子犬に違い無いか、HPの子犬説明に書いてあった通りかどうか、
飼い主様にご確認頂き(充分、時間を取ります。)
飼い主様から「間違いありません。この子犬でお願いします。」という
購入の意思表示を頂いてから売買契約に入ります。
※動物愛護法に有る、対面販売を順守しております。

当ケネルがキャンセル料を頂くのは
●お約束日時にご来舎頂けない。
●何らかの事情で子犬を迎えられなくなった。など、
飼い主様の一方的な事情により、子犬との対面前の来舎キャンセルの場合で、
ご覧頂いた子犬が動画や画像と違う、HP説明文が現状と違う、などの場合は
お断り頂いても一向に構いません。(購入キャンセルできます。)

子犬を実際に見てから(買うか 買わないかを)決めたい、
たくさんの子犬の中から好きな子を選びたい、とおっしゃる方に。

① の方。
ショップさんをお勧めします。
私達のような一般家庭は犬売りがメインではありませんから
買い手様のご都合に合わせていつでもご来舎頂くのは不可能です。
あなた様のご家庭はいかがでしょう?
いつでも何人でもお客様をお迎えできますか?

ショップは犬猫や商品の売買を目的とする商業店舗ですから
いつでも店員がおりますし、営業時間中は常に来客の準備ができています。
不特定多数の人に抱っこされて、感染症に罹って犬猫が死んでも
損をしないように生体価格は仕入れ値の3~5倍です。
商品ですから、死んでも悲しく無いし、イチイチ(客に)腹も立たないそうです。
ですから、いつ行っても「商品」が見られ、触れ、相性も見られる(と思うなら)
・・・ そういう状態をお望みならショップさんで購入なさるのが良いでしょう。
当然、人件費や店舗の家賃・光熱費、死んだ場合の損料などが加算されますから、
生体価格はお高いでしょう。常にお客様のご要望にそえるよう、
万全の体制を整えているのですから、この事に対価を払うのは当然ですね。

②の方。
生産直売の大規模商業(生業)ブリーダーをお勧めします。
各種の親犬を800頭~1000頭抱えているようなパピーミルなら
常時子犬が産まれていますから、いくらでも見せてくれます。
しかし、躾けをはじめ、細やかな生体管理を求めても、それは無理な話。
彼らは1頭でも多くの犬を「生産」し、競り市に出す事しか考えません。
犬の質だの、顔だのサイズだの、ゴチャゴチャ言うならショップに
行ってくれ、見せた犬の中から自分で勝手に選んでくれ、となります。
彼らは生産者なので契約書も無く、補償がテキトーな可能性もあります。
※今まで遺伝病が出た事が無いので悪い遺伝子は無いと言い放つ等。

買い手様は自分が販売者に何を求めるか、をしっかりお考えください。
① の希望で私共のような一般家庭のブリーダーに問い合わせをなさっても
ご要望にはお応えできませんから、双方に期待ハズレ感が残るでしょう。
また、「子犬に何を求めるか?」も事前に熟考しておくべきことです。
価格の安い子犬をお探しなら ② が向いている場合もあります。


購入先や子犬探しの条件をしっかり考えて、軸がしっかりしていないと
多くのブリーダーが避けたがる「ブリーダージプシーさん」になってしまい、
ブリーダー専用サイトの「悪徳客」リストに書き込まれないとも限りません。
イヌの(ブリーダーの)世界は非常に狭いので、ネット・実店舗に限らず
ある程度の慎重さも必要です。実は私も先日、同市内のブリーダーから
「おふれ書き」が回って来て、難を逃れた経験が有ったばかりでした。


▲このページのトップへ戻る

いろいろな考え方


世の中には本当にいろいろな考え方があると思います。
プードルを介して非常にたくさんの方とお話しをさせて頂きますが、
思いもよらぬ考え方に遭遇してびっくりする事もしばしばです。

先日のFCI ドッグショー展覧会場で・・・。
私達はよく訓練された犬が飼い主の命令に従って訓練の成果を
発揮するのを見て拍手喝采 
訓練士や犬に感動を覚えたほどでした。
しかし・・・こんな意見も。。
「私は犬が可哀そうだと思う。お行儀が良すぎて全然犬らしくない。
 人の顔色ばかり見てお散歩(脚側歩行)しても(犬は)楽しくないよね。」
「そうよね、私も盲導犬とか警察犬とか、使命を持っている犬って
 可哀そうだと思うよ。」
えっ、え~~~、そうなんですか?
警察犬や盲導犬の訓練士がどれほど犬を大切に扱い、愛しているか、
アナタは実態をどれだけ知っているんですか?
与えられた使命を果たす事に犬自身が喜びを感じているのをご存知ない?

物事を否定的に考える癖がある人には正直、面喰います。
例えば、予防的投与。
健康な子犬の便から原虫類を(検便で)発見することは非常に困難です。
だから(発見されないから)と言って、絶対に居ないとは断言できない。
寄生虫卵についても同様ですが、そのような場合は獣医が予防的駆虫
(駆虫剤の投与)を行います。この処置を伝えると
「虫が居たから薬を飲ませた。」と受け取る方がいらっしゃいます。
ワクチン接種やフィラリアのお薬なども予防的な措置ですね。

当ケネルではすべての在舎犬を連れて病院に行けませんので、毎月1回
獣医が成犬往診に来ます。その時、診てもらえる週齢の子犬が居れば
健診を受けますが、聴診と触診のみになります。この後、お引き渡しまでに
別の2病院の院長が改めて健診することから、往診時は診断書を書きません。
このことを伝えると「健診時に問題があったので書けなかったのか?」と
お尋ねになる方がいらっしゃいます。

また、当ケネルでは概ね生後70日で飼い主様を募集しますが、
お産が重なったりプライベートが忙しくて、画像撮影が遅れ、
生後80日過ぎてデビューさせることがあります。すると、
「この子犬は何か問題が有ったのでデビューが遅いのですか?」と来ます。

子犬のために動物保険へのご加入をお願いすると
「おたくではすぐに通院や入院で保険が必要な子犬を売っているんですか?」
お迎え後の子犬は環境の変化によるストレスからおなかをこわしたり、
風邪をひきやすくなります。満一歳までは誤飲や骨折などの思わぬ事故や
予測できない疾病が起きる可能性が一生のうちでもっとも高いのです。
人も犬も同じ、命あるものの明日は誰にも解らないでしょう。
だから保障が必要なのです。保険とはそういう性質のものです。

その他、お問い合わせ内容がチンプンカンプンで(どなたか保護者?の方が
いらっしゃれば良いのですが)、とても契約まで持って行けない支離滅裂な
持論を展開する方もいらっしゃいます。誠心誠意ご説明してもお解り頂けず
中には怒ってしまわれ「ネットにぶちまける」と、、、ホトホト困り果てます。
まぁ、仕方ないですね~。運が(相手が)悪かったと思うしか無いです。
※例 ・・・ 今食べているフードを付けるのが当たり前、とか
血統書申請料や名義変更は販売者が行って(負担して)当然、など。

上にあげた例はごく少数です。圧倒的多数の方は私の考えに賛同してくださり、
お迎え後もずっと仲良くして頂いています。


この記事は2015年に作成しました。

▲このページのトップへ戻る

カテゴリー

フリーエリア

検索フォーム