fc2ブログ

アプリコットの予約について


皆様からのご希望が多く寄せられますアプリコットですが、
当ケネルでは積極的な繁殖を行わないため
子犬数が少ない状況にございます。
極小サイズとなりますと、基本色と同じくらい希少で
全国に何頭も居ない子犬ですので、
連日ホームページをチェックして頂きましても
お目にかかれる機会は滅多に無いかと思います。

このような状況の中、当ケネルといたしましても
「アプリコットはいませんか?」等のご質問にお答えするのは
だんだんに負担となっております。

よって当面の間、
アプリコットは両性とも 完全予約制 とさせて頂きたく
ご案内いたします。価格は50万円台(税別)~の予定です。
アプリコットに関しましては
サイズ指定のお問い合わせは承っておりません。
ご予約を承りますのも極小サイズのみとさせて頂きます。
アプリコットの毛色について
アプリコット 女の子



アプリコット坊や
生後70日の体重300g台 体高・体長10cm
マイクロ予想
 
AP1_20220725231508c99.jpg

淡いコートに漆黒の目鼻がくっきり美しく映えます
優しい印象のアプリコットはダントツの人気を誇ります

AP2_202207252315062a5.jpg

▲このページのトップへ戻る

②ペットショップに辿り着くまで


「売れなくても、生きる道」業者が引き取って保護

家庭で飼われる犬と猫は推計2千万匹。一方で売れ残ったり、
捨てられたりして年間16万匹が殺処分されている。
飼育放棄につながらないよう国が規制を強めるなか、ペット業界でも
「売れない犬」を安易に処分させない仕組み作りが始まっている。

■幼いほど高値
1月29日、埼玉県本庄市。
週1回のペットオークションが開催されていた。
ペット店の関係者ら約70人が真剣なまなざしを送る。
「シーズー、メス。はい、5万だ、5万千……」
競り人が金額を叫び、次々と落札額が決まっていく。
トイプードル4万円、柴(しば)犬3万3千円、パグ8万8千円……。
種類や血統、容姿などで価格は上下する。
特に重視されるのが、生まれてからの日数だ。(以下、購読は会員のみ)

売れなくても生きる道
2014/2/2付 朝日新聞デジタルニュースより引用
公開期間を過ぎたため、現在、上記リンク記事は削除されています。

///////////////////////////////////////////////////////////

20173302.jpg

20173301.jpg
空気穴の空いた段ボール箱には子犬や子猫がギュウギュウに詰め込まれています。
糞尿まみれで辺りには強烈な臭気が漂っているでしょう。
暗くて狭い箱の中で子犬も子猫もギャンギャン泣いているでしょう。
真隣にいる人の話さえ、まともに聞き取れないほどだそうです。まさに阿鼻叫喚 ・・・。
かわいそうに、、、どんなに怖いでしょう。不安な気持ちでいっぱいのはずです。



司会者が1000円刻みで値段をアナウンスするのに合わせ、
バイヤーが手元の「応札」ボタンを押す。
1人に絞られたところで、落札価格が決まる。
競りの時間は1匹あたり1分程度。見事な流れ作業だ。

【引用元=画像とも】 
毎日新聞 経済プレミア 2017/4/3 掲載


この記事は2017年4月に作成しました。

▲このページのトップへ戻る

①ペットショップに辿り着くまで


下の2枚の画像(2月撮影)をご覧ください。

寒空の下、貨物置場の分厚い鉄板の上に長時間放置されているのは
毎週、都内近郊で開催される競り市に出荷するため、
全国のブリーダーから空輸されて、
競り市主催業者の引き取りを待つ子犬や子猫たちです。
業者はある程度の数が集まったところで集荷に来るのでしょう。

注意
搭乗客が愛犬を飛行機に乗せる場合や業者が空輸する場合、
生体は搭乗直前まで冷暖房の効いた清潔で静かな室内に保管されます。
競り市主催業者の元には毎週毎週、全国から大量の生体が
空輸されてくるため、例外的に屋外の一か所にまとめて置かれます。
ご旅行時の空輸は愛犬にとって快適で安全ですので、心配なさいませんように。
私はその日、交配犬を迎えに行ったのですが、その子は事務所後ろの部屋から
担当の女性にバスケットごと両手で抱えられて大事そうに運ばれてきました


右の青い軽便カゴの荷送ラベルは青森空港です。
極寒地から覆いも無いバスケットに入れられて送られて来たのは
今、大人気のフレンチブルドッグの子犬です。
青い軽便カゴの底には薄く新聞紙1枚が敷かれているだけでした。
カゴが置かれている床はコンクリートです。寒いのでしょう、
可哀想にぶるぶる震えています。カイロも入れてもらえないようです。

早く迎えに来て、暖かい場所で休ませてあげてほしいけど、
この子たちは多分このまま、寒くて狭いハコに入れられたまま
モノのように扱われ、数日後に開催される競り市を待つのでしょう。

法律では生後46日に満たない生体の売買は禁じられていますが、
それはショップの店頭に並ぶ時の話。
業者間の売買は(商慣例で)もっと早くに行われています。
あなたがショップで見る子犬や子猫が
どんなルートを経由してショーケースの中に居るのか、
考えてみたことがありますか?

2017142.jpg

2017141.jpg

生体はその子が生まれ育ったブリーダーから直接迎えましょう。


この記事は2017年2月に作成しました。
 

▲このページのトップへ戻る

ペットショップの犬猫たち


ペットショップに陳列されて飼い主様を待つ子犬や子猫たちが
どのような流通経路をたどって、店先に並ぶのか 
聡明な皆様ならご存知だと思います。

私は「動物のセリ市場」にはいっさい出入りしませんので
よく知りませんが、知り合いのペットショップ経営者によると
今はセリ市場の開催現地に行かなくても、全国どこからでも
加盟業者専用の配信画面を見ながら、入札できるそうです。
すごいですね、(たとえば)北海道の業者さんが
(たとえば)九州で開催されるセリ市に出荷されている犬猫を
瞬時にワンクリックで落札できる、のだそうです。

少し考えれば解る事ですが、
わんちゃん、ねこちゃんはまずは地方にあるブリーダー宅から
セリ市会場に連れて来れられます。ブリーダーの手で空輸されたり、
ブリーダー宅を回って出荷する犬猫を集めて回る業者もいるそうです。
競り市開催前夜、空港にはおびただしい数の犬猫が入った箱が
積み上がられるそうです。まるで宅配の荷物のように。
セリ市場が終わり、バイヤーに買い付けられたたくさんの犬猫は
地方の生産者から空輸で集められ、セリ会場からショップに並ぶまで
何度も、空輸されたり、陸送されたりするのですね。
生き物の空輸や陸送は可哀想だとおっしゃる方は多いと思いますが、
消費者がショップで目にするわんちゃん、ねこちゃんの殆どは、
セリ市場でショップバイヤーが落札し、ダンボール箱に入れられて
ショップの本店または各店舗に空輸・陸送で運ばれて来るのが現実です。

四国の業者が関東地方で開催される複数のセリ市に連日参加し、
初日に買いつけた犬、2日目に買い付けた犬をまとめて羽田から空輸。
到着した子犬は、その足で四国県内の各店舗に(ショップの車で)陸送される。
そんな過酷な条件のもとでは約1割の子犬が輸送途中で死んでしまうそうです。
ショップ店頭で、ご両親と来店したお子様がたに
「可愛い~」 と抱っこされている子犬の目に覇気が無いのも当然でしょう。
心身のダメージは計り知れないほどではないでしょうか?

106_201910071749194dd.jpg

ベルトコンベアの先にいる(白い子犬を持ち上げている人)は
進行役のセリ人でしょう。

ショップバイヤーが良く見えるように、1頭1頭を高く持ち上げ、
前・後・横と子犬の全身がバイヤーに良く見えるようにグルグル回します。
購入意思のあるバイヤーは実際に子犬を手に取り、足を引っ張ったり
耳を裏返したり、口の中や、ひっくり返して腹を見るのだそうです。
子犬を見たいバイヤーが居れば手から手へと回され、皆同じ様にするそうです。
ここでは犬猫は「感情や記憶を持った命ある生き物」ではなく、「商品」です。
出荷番号で仕分けされる、商品そのものです。

先に書いた最先端の入札落札システムを備えたセリ市場。
知り合いのショップ経営者さんに入札画面を見せて頂きました。
大手ショップバイヤーさんが言う通り、
生後51日~52日の子犬体重は1100g~1300gが標準の様でした。
左側に欠点が書かれています。右下は子犬の落札価格だそうです。
画像を掲載していましたが、反〇会的同業者からの圧力により
削除を余儀なくされました。


小さなサイズになると落札価格はハネ上がります。
それでも私のぷぅちゃん達より、だいぶ大きいのですが。

ショップの店頭価格は落札価格の3~4倍ですから、
ティーカッププードルが150万~200万円は当たり前かも知れません。

この子たちよりも更に小さなぷ~どる♪ガーデンの子犬達には
プロのバイヤーさんから60万とか80万で買い付けオファーが来ます。
この事を時々、私は子犬説明に書きますが、信じて頂けると思います。

全国的に見ても極小犬を作れる繁殖者は限られており、その数は
プードルの出荷数1000頭に対して、1~2頭いるか居ないか、、だそうです。
欠点なく健全な子犬、、となると全国で同時開催される何十ものセリ市場を
手分けして探し回っても1頭も見つからない週が殆どです。と、
当ケネルにいつも熱心に買い付け依頼を寄せられる大手バイヤーさんが
おっしゃっていました。

上半期の最高値はこの仔(男の子)、60万円だそうです。
ここに、消費税とセリ市場への手数料がそれぞれ10%ほど加算されますから
業者さんの仕入れ値は72万円ほどになる のかな?
売値は仕入れ値の3倍、がギョーカイのお約束ですから
極小マイクロサイズの子犬が200万、、というのも納得できます。
将来、極小マイクロサイズに収まるかどうかは別にして。

直近に開催された犬猫セリ市場の画像を掲載していましたが、
「画像を削除するよう」 同業者から言われたそうで、
セリ市関係者から丁重な削除依頼がありました。
関連画像は削除しましたが、どうやらこのギョーカイ(ペットショップ)は
裏側を知られる(暴かれる)と非常に困るようです。
事実を正直に書くといつも必ずショップ関係者から圧力を受けます。


この子犬はセリ市場が開催される前日に
北海道から出荷されました。(もちろん空輸です。)
全国から空輸されてきた生後50日に満たない他の犬猫達と一緒に
空港でセリ市主催業者の車に乗せられてセリ市会場に運ばれます。
そして明日、セリにかけられるのです。

どこかの業者に落札され(その業者が九州なら)落札翌日に
九州まで空輸されて、空港で待つ業者の車で各店舗に「配送」されます。
懐かしいママやきょうだい達と離ればなれになり、わずか数日のうちに
見知らぬ場所に運ばれて売られる子犬達。なんとも胸が痛みますね。


この記事は2019年8月に作成しました。
 

▲このページのトップへ戻る

先住犬との相性


先住わんちゃんと新しく迎える子犬ちゃんの相性は
飼い主様なら誰でも気になるところですね。
これについて、ドッグトレーナーに聞いてみました。

時々飼い主様から聞かれるご質問。
「先住犬との相性が気になるので、見学の時に
先住犬を一緒に連れて行って、相性を見ることはできますか?」

結論から言うと、これは NG です。
恐らく、どこのブリーダーもショップさんもお断りしていると思います。
当ケネルではぷーどるガーデン出身のぷぅちゃんでもご遠慮頂いております。
最大の理由は、感染症への不安からです。
強い免疫力を持つ成犬には何でも無い「広く自然界に常在する菌やウィルス」も
免疫力が未熟な子犬には場合によっては命取りになります。
運悪くそうなってしまった場合、ブリーダーの後悔たるや想像に難くないでしょう。

もう一つの理由は、先住犬は見ず知らずの場所(ブリーダー宅)に連れて来られて
子犬との相性どころではないはずです。緊張してワケが解らず、固まってしまうかも
しれません。目の前に居る子犬が新しい家族になれるかどうかの相性診断だと
解っているのは私たち人間だけで、先住犬も子犬も想像だにしないかも知れません。

初めてのブリーダー宅で、子犬をそばに置かれて不安になった先住犬は
飼い主様にくっついて、(または子犬のニオイを嗅ぐかも知れません。)
お互いが初体験で、しかもそんな短時間で相性の良し悪しなど
正確に判断
できるでしょうか?
ドッグトレーナー達は「絶対に無理です。」と断言します。


先住犬の性格を誰よりもご存知なのは飼い主様のあなたです。
あなたに解らないことをブリーダーに聞いても解りません。
ですので、「Aちゃんはウチのコ(先住犬)と相性が合うでしょうか?」と
お尋ねになりましても、それに答えられるブリーダーはどこにも居りません。
ショップの店員さんは愛想良く・耳障り良く答えてくれるかも知れませんが
それは「営業トーク」でしょう。


お散歩途中に他のわんちゃんに出会った時、ご愛犬の様子はいかがですか?
ドッグランでは? 美容室や病院ではどうでしょうか?
新しい子犬を迎えた後の先住犬の気持ちは、いつも一番そばに居て、
ご愛犬を一番よくご存知の飼い主様にだけ解ることだと思います。


プードル人気が定着し、今までで一番長い期間、
人気ナンバーワンの座をキープしているプードル種ですから
当ケネルでも2頭目、3頭目としてお迎え頂くのが当たり前になっています。
ですので、子犬を育てる中では「先住犬が居るもの」と仮定して
物怖じしない性格に仕上がるよう、注意して育成しています。
ぷーどるガーデンの子犬は大きなプードルを怖がったり、びびったりしません。
子犬が新しい環境に慣れるかどうか、というご心配はご無用ですから
どうぞ安心してお迎えくださいね。

ドッグトレーナーからのアドバイス
犬は同種(小型犬同士など)であれば、無用な争いは殆どありません。
小型犬なら性差による違いもありません。
唯一、問題が起きるとすれば、小型犬の先住犬が居るところに
大型犬の子犬を迎える場合でしょう。
自分より体が大きく、(だけど内面が赤ちゃん)の子犬が後から来ると
先住犬は面食らってしまうようです。
また、同じケネル出身の子なら生育環境が同じなので、性格や
物事に対する反応が似ているため、馴れ親しみやすい傾向にあります。
私(トレーナー)の主観ですが、長年の経験から、ベストな組み合わせは
①男の子同士、 ②男の子と女の子、③女の子同士 だと思います。
女の子同士は先住犬の独占欲が強いとケンカになります。
・・・ との事です。参考になれば幸いです。

この記事は2020年に作成しました。



ここからは 2024年1月 追記です。
犬は「群れ」で集団生活する生き物ですから、本能的に
自分の群れ(家族)の中に属する子犬は「種の保存本能」から
攻撃したり、排除したり、はしません。
また群れのボス(人間)の子犬に対する対応を注意深く観察するので
ボスが大事にしている子犬を虐めたりは、まず無いと考えて良いでしょう。

初対面の時は「子犬を抱いた飼い主」と「反対側に居る先住犬」ではなく
「先住犬を隣に置いた飼い主」と「反対側に居る子犬」と位置取った方が
先住犬は受け入れやすいでしょう。先住犬が女の子の場合は
母性本能が強い仔は愛情深く子犬に接してくれるでしょう。
反対に、ワガママし放題の女の子は人が見ていない時に意地悪をする、
という話を聞いたことがありますが、滅多に無いでしょう。男の子は
ノーテンキな性格が多いので、先住犬がオスだと心配無いと思います。
繰り返しますが、基本的に犬は群れの動物ですから、習性(本能)に
従えば群れの継承者(子犬)は大事に見守るようです。・・・警察犬訓練士

▲このページのトップへ戻る

カテゴリー

フリーエリア

検索フォーム