ため息がでる優美さ♪
2018 / 06 / 28 ( Thu )

動画を撮りながら、あまりの優美さにうっとり
ため息がでます
これほど清楚な美しさを湛え、品位があり、貴族的なオーラを醸し出す子犬が
今までに居たでしょうか       
今の日本にいるでしょうか   
世界的トップブリーダーの所には居るかもしれません。
サイズは比較にならないほど、大きいですが。


私達ショーブリーダーはともすればチャンピオン直仔にばかりに、
(そして失礼ながら)、素人の方はサイズばかりに注目しがちでした。

プードルは 隔世遺伝 だと言われますが、まさに本犬が具現化しました。
先祖に多く入っているチャンピオン犬の美点を集めたような子犬は
おおむね膝蓋骨やユルミがちだったり、欠点も併せ持つものですが、
本犬のように膝蓋骨しっかり、チャンピオン犬の美点だけを持た
奇跡のようなプードルが生まれるのだと、感動に近い思いが致します。

お顔バリカンを入れたら、さぞや素晴らしいホワイトの貴婦人になると思います   

1_20180623182918d71.jpg

2_20180623182917e38.jpg



動画は一番下に掲載しています    
3_20180623182915706.jpg

敢えて何も書きません。
本犬の素晴らしさを如実に物語る、動画を画像をご覧ください

4_20180623183704450.jpg

5_20180623183703317.jpg



お顔はテディベアカット(まだ3カ月なのに、ベアカットが決まるほどの毛量)
全身はラムクリップ(ショードッグの赤ちゃん用のカット)をしてあります
カットをしなければ毛球のようになってしまいます
6_20180623183701640.jpg

7_20180623183700163.jpg


子犬の毛吹きの良さを見る場所は ココ    です。
背中に幾ら被毛があっても「毛質が良い」とは言いません。
赤ちゃん時代はハイハイ ~ ヨチヨチ歩きの後、お座りしたりで
ココ  (人間で言うふくらはぎの部分)の毛が擦り切れやすくなります。
加えて、飼養管理が劣悪だとお尻まわりの被毛が排せつ物によって着色しますし、
しっかり運動できないような狭い場所で育てられると、尾がサークル(柵)に触れて
「棒」のようになります。
飼養管理が徹底していなければ、本犬のように真っ白でフワフワにはなりません。
特にホワイトの子犬を探す時は下半身をじっくり見ましょう。
目頭から頬にかけて、茶色く変色している子犬(涙やけ)も避けましょう。
当ケネルは涙やけを起こすような(逆さまつ毛、ドライアイ、鼻涙管閉塞等)子犬は
分譲しませんし、そのような飼養管理も致しません。
※どんな犬種も成犬も、多少の目やには出ますし、涙も出ます。
赤ちゃん時代はフードを柔らかくして与えますから、お顔に汚れが全然ない子犬を
お求めになりましても、それは無理です。

8_2018062318365885a.jpg



パパわん ファン君 900gです
ファン君は生後65日で680gもあり、ショーデビューの予定でしたが、
その後の8か月で300gしか体重が増えず、体高も最低ラインを下回り、
ナノサイズ決定となりましたので、当ケネルでスタッドドッグとして活躍

直仔のほとんどが1kg未満または1kg台前半です。
(ファン君同様、2~3か月時には体重は少なくありませんが、
この先の成長が非常に緩やかで、早止まり傾向にあります。)
あまりにも仔出しが素晴らしいので、ファン君は門外不出(外交配不可)、
ここ数年間で素晴らしい極小サイズの基本色をコンスタントに産ませてくれます。

10_2018062318382771c.jpg



最後に、毛量を比較してください。
最上段(一番上)が本犬、中段、下段は分譲済みのマイクロです。
毛量は今までの2倍以上です。

9_201806231838267f5.jpg

11_20180623183824e2d.jpg

12_201806231838232da.jpg

本日撮影の動画をご覧ください   






飼い主様募集中 Aちゃん admin page top↑
★極上★極美★ 極小アイスホワイト/女の子♪ 
2018 / 06 / 27 ( Wed )

【父】0.9kg マイクロティーカップサイズ JKC-CH直仔 
3代祖14頭中INT-CH1頭 JKC-CH9頭 スマッシュ3頭 PRAクリア
【母】1.8kg ティーカップサイズ JKCチャンピオン直娘 3
代祖14頭中インターナショナル世界チャンピオン1頭
JKCチャンピオン9頭 先祖の殆どがチャンピオン血統 うちSMASH 3本 
ドッグショーで数々の受賞歴あり

このレベルの子犬はホームページデビューせず、完全予約制とさせて頂きます。
当ケネルでも年に数頭生まれるかどうかの大変希少な子犬だからです。
価格は通常、85万円。
展覧会審査員経営のショップに請われて渡す場合も同価格です。
ショップではその2倍~3倍以上のプライスが付きます。
現役チャンピオン直娘  クリック と同じブリードラインです。
とてもよく似ているでしょう お顔バリカンの有る無しで多少違いますが。


ご覧ください、この美しさ   
弱冠 生後75日   しかも、女の子ですよ
※人間以外の動物は、ライオン然り、クジャク然り、
メスよりオスの方が美しいです。

アイラインが有るプードルはショードッグでも本当に数少ないです
ショーブリーダーはアイラインが無く目ヂカラの弱いショードッグには
女性がお化粧で使うブローペンシルでアイラインを描きます

切れ長で涼やかなアーモンドアイのお目目が
さらにパッチリ大きく見えるのはアイラインに加えて瞳が漆黒だから
女性のカラーコンタクト効果と同じです
目鼻はもちろん、リップや足裏パッドなどの色素ポイントはご覧の通り、
漆黒を超えた墨黒(すみぐろ)です
雪のようなアイスホワイトに墨黒の色素 これ以上美しいホワイトはありません
まさに、輝く宝石のように美しい子犬です
生後3か月にも満たない子犬で、このオーラです
成犬後はこの世のものとは思えないほど優美で、
どこに居ても人目を惹くプードルになってくれるでしょう

20186211.jpg

20186212.jpg

20186213.jpg



被毛の中に埋もれているような仔です
マズル(お鼻)も短いです
マズルが短いということはボディ全体が徒長感なく
ギュッとまとまっている証拠です
手足も短く、胴体も短い(ショートバック)
将来はプードルの理想体型になり、美しい歩様で優雅に歩き、
立ち姿は彫刻のように美しく、観る人を心から満足させてくれます
「見る」のではなく、「観る」です。観賞に値する生きた芸術品だと思います。

20186214.jpg



手を添えずとも、腰ほど高さがあるトリミングテーブルに
きっちり、まっすぐ立ちます
この立ち姿、いい加減な繁殖背景から生まれたホワイトは
成犬になっても、こんな風には立てません
立ち姿には骨格構成が如実に表れます
チャンピオン犬を多数育て上げたブリーダーだからこそ、
こういうホワイトが作出できる
のです。血統は裏切りません

20186215.jpg



子犬ながら、歩き方は目を見張るほど優美です
前足を高くあげすぎたり(高踏み)、後脚で左右を蹴散らすような
下品な歩き方はしません。背線は上下せず、ボディが左右にロールせず、
まだ教えもしていないのに一直線をきれいに歩きます
これこそが血統のなせる業です

20186216.jpg

20186217.jpg

20186218.jpg


カメラを近づけ過ぎてしまい、ピントがズレました。

20186219.jpg

当ケネルの基本色には幾つかの繁殖ラインが有ります。
ブログのホワイトからお解り頂けるかと思いますが、
ラインによってお顔立ちが異なります。

ショップが付ける子犬価格は仕入れ価格や相場によって変わりますが、
利益だけを目的としない当ケネルが付ける価格は
純粋に犬質(俗に言われる、犬っぷり)に比例します。

平均的なホワイトは38~48万円
その上は48~58万円
さらにその上が58~68万円
最上級が68~85万円
チャンピオン直仔、ショードッグ直仔は85~100万円
です。

平均的なホワイトでも、当ケネルの基本色の子犬は
ショーチャンレンジもしないような、そこらのプードル専門ブリーダーが
産ませたホワイトとは基礎から全然違います。見比べてくださいね。



飼い主様募集中 Aちゃん admin page top↑
現役チャンピオン直娘
2018 / 06 / 27 ( Wed )

ホームページを開設して10年近くになりますが、
その間に現役チャンピオン直仔を分譲した事は一度も有りませんでした。
チャンピオン直仔はそのケネルの代表ともいえる犬舎の顔ですから
どなた様にもホイホイ分譲しないのが
自分の血統を大切にするブリーダーの一般的な考えです。

一度、リピーター様に請われてチャンピオン直仔を100万円で
ご案内したことがありました。
その時、彼女はこう言ったのです。
「同じ100万払うなら、有名ケネルの犬を買います。」
ブランド大好きな方 でしたから 、
私のケネルネームより、国内屈指のケネルネームが付いた子犬の方が
ネームバリューが有る、、、という事なのでしょう。

失礼ながら、おバカだな~、と思いました。
その理由とは ・・・ 
実は私、若い頃から長い間、
土日休みの内の一日はショーブリーダーのもとで修業を積んでいました。
10年以上使いパシリをしながら ショーブリーダーの裏側を散々見ました。

皆様は、名門ケネルのケネルネームが付いたブランド犬は件の名門犬舎で生まれた、と
思っていませんか? それは「まさか、まさか」の勘違いです。

私がブリーディングのノウハウを教わったブリーダー(後継者不足で廃業)には
傘下の協力ブリーダーが全国に居ました。
協力ブリーダーは親ブリーダー(名門ケネル)から良い犬を回して欲しい一心で
どんなことでもするわけです。(私もしました・笑)
親ブリーダーは様々な事情でケネルから放出できないけど管理もできない牝犬(※)
名義変更させずに協力ブリーダーに「持たせ」ます。
(※)高額で輸入したけどヒートが来ないとか、ショー落ちだけど遺伝子がすごい等。
協力ブリーダーは持たせてもらった(預かった)牝犬(※)にヒート(発情)が来るたびに
オス犬を持っている親ブリーダーの所に行き、交配料を払って二番手のオス
交配して貰う。(一番手は交配して貰えません、二番手でも交配料はお高いです。
親ブリーダーはそれで儲けるので。) (※)降家したお姫様扱いです。
ところが、不思議な事に絶対に親ブリーダーを超える良い犬は生まれないんですね。
「本当に二番手のオスと交配してくれたのかな?」と疑問視する仲間も大勢居ました。
交配に立ち会えないですから。

もう少し良心的な親ブリーダーは、交配料は取らないし、目の前で二番手のオス
(親ブリーダーに気に入られれば一番手のオス)と交配して貰える。
でも、これには厳しい条件があります。いわゆる「仔返し」です。
無事に交配、出産した子犬の(ヘタしたら全部)、良くても一番出来の悪い子が1頭
手元に残るだけで、後の子犬は全部、親ブリーダーが持って行きます。
※幾ばくかのお金がやり取りされる事もあります。お金で買い上げられた子犬には
名門ケネルネームが付き、ショップや末端の一般客に何倍もの値段で販売されます。
大抵、直販はされません。名門ケネルの「子飼い業者」が蟻の様に群がります。
※子飼い ・・・ 言う事を聞く、という意味です。
ショップ卸では5倍以上、紹介の場合も彼らがたっぷり甘い蜜を吸います。
彼らの餌食になるのは何も知らず、ブランド崇拝の飼い主達で、
彼らは裏でお客様を「バカいぬし」と呼んでいました。
親ブリーダーはこのように、傘下のブリーダーや買い付け業者の協力を得て
ドッグショー(遠征・宿泊費)やケネルを維持するための経費を調達します。


ここで、先の彼女に登場して頂きましょう。
彼女が名門ケネル(親ブリーダー)に電話かメールをして
「子犬を探しています。予算は100万円」と言うとします。
名門ブリーダーの所で産まれ育ち、名門ブリーダーのケネル名が付いた
素晴らしい子犬が100万円で迎えられると信じて ・・・。

一般の方はショップの販売価格を基準に考えがちですので
100万払えば良い犬が・・・と考えがちですが、トンデモナイ話。
ショードッグの世界は〇百万、〇千万円単位の大金が動きます。
はっきり言って、トップブリーダーのショーラインが100万で入手できると
考えるのは大間違い、ショーブリーダーの世界では常識ハズレです。
名門ケネルでもいわゆる「ど・ペット」や「ポチ」は生まれます。
そういう子犬なら売ってもらえます。犬を見る目が無い「ど・シロウト」に
良い犬を渡しても猫に小判、と考えるのがプロブリーダーです。
私は、最初から本物を見なければ審美眼は養えないと考えます。

ところが、
結論から言うと、名門ブリーダーは100万円くらいでは絶対に子犬を売りません。
見ず知らずのイチゲンサンに良い子犬は1000000000%、売りません。
傘下の協力ブリーダーだってそう簡単には譲ってもらえないのですから。
なぜファミリーと呼ばれる繁殖グループ内でも譲ってもらえないか?
オスとメスを入手すれば簡単に自分(親ブリーダー)より上の犬を作出できるから。
親ブリーダーが長年積み上げてきたものが、水泡に帰するからです。
※これは当ケネルのような小規模ブリーダーにも言える事で、
全国のブリーダーが身元を隠してでも当ケネルの子犬を買いたがる所以です。

さて、では、客注文が入った親ブリーダーはどうするのでしょう?
親ブリーダーは傘下の協力ブリーダーに連絡しまくって出産状況を照会し、
その中ですぐに出荷できる子犬を選び、協力ブリーダーから画像を送ってもらって
それを彼女に見せるんです。血統書のケネルネームは彼女のお望み通り
名門犬舎ブランドです。だって、協力ブリーダーに名義変更をさせないのですから。
彼女が迎える子犬は、もしかしたら(いや、非常に高い確率で)
一番出来の悪かった子かも知れないし、当然、名門ケネル主が見てもいない子犬、
誰だか解らない、傘下の協力ブリーダーの所で生まれた子かも知れないのです。
父犬がチャンピオンでも母方の血統はズタボロかもしれないし、
計画繁殖なんてどの世界、って話です。母方との血統的相性も無視無視。
でもね、本当の繁殖者が誰であるか、親ブリーダーに解る方法があるんです。
血統書に犬名を付ける時に工夫が有ります。一般には解りません。

彼女の様な客を日本では「カモがネギを背負ってきた。」と表現します。
ブランドのネームバリューに踊らされて、いいカモになったって事です。
実際、今でもそういう飼い主様がうちにも来られます。
私は飼い主様には言えませんけど、
「〇〇ケネルで〇〇〇万円で買いました。」とおっしゃるプードルを見せて頂くと、
今までに書いたような裏側が私達ブリーダーには透けて見えるんです。

たとえばレッド系の子犬を 同じ30万円で クリック 買うとしたら
ショップからですか?、ブリーダーからですか?の記事と同じです。
チャンピオン直仔が100万円というのはむしろお安いくらいですが、
同じ100万でブランドのネームバリューが欲しい方はどうぞご自由に。
名門ケネルにも私達が100万で分譲するレベルの子犬はもちろんいますし
紹介があったり、子犬がダブついていたりで、運が良ければ売って貰える時も
有るかも知れませんが、価格を聞いて目がテンになるでしょう。
業界の裏側がどうなっているのか、参考までに少しお話ししてみました。
事実を書きましたが「うまいコト言って」、とお思いになるのもご自由ですよ。


JKCチャンピオン直娘
本当に良いプードルをお探しの方、十数年一緒に暮らす家族に
いっさい妥協したくない方にお勧めします。
失礼ながら、どなた様にもお迎え頂ける子犬ではございません。
経済力に恵まれた、選ばれた飼い主様だけのお傍に置いて頂ける
ラグジュアリーなホワイトです。

本日の体重480g 体高・体長とも12cm 
ご興味をお持ち下さった方に動画を送信します。
気軽にお申しつけください。

全国のプードルブリーダーさんにこのお顔を見て頂きたいですね。
201710311.jpg


腹下の毛がテーブルに付きそうです。女の子ですよ。
どんなトリミングも思いのままに決まります。
今まで見た事が無いほど素晴らしい毛質です。
201710312.jpg
当ケネル作出の極上ホワイトでも、しばらくお手入れをしないと
被毛は寝ますし、長さが出ると被毛が割れて少し地肌が見えます。
しかし、この子は一晩寝て起きた朝でもお手入れ直後のままです。
どうしてでしょう?被毛密度が半端無く、被毛の質が全然違うから。
まさにまさに、セットアップされた現役ショードッグを彷彿とさせる
小さな小さなプリンセスです。


ボディはショートバック、
まだまだ赤ちゃんなのに、見事なスクエアです。
歩様が抜群に美しいです。
201710313.jpg
ショーの世界では体高制限の上限いっぱいに作りあげろ、言われてきましたが、
最近はショードッグもとても小さくなりました。
まだ子犬かな?と思うようなサイズの小さなプードルがチャンピオンクラスに
出ていたりするので、本当にびっくりしてしまいます。
「軽量・小型化はついに犬の世界まで来たか」と審査員も笑っていました。
一昔前のように、「上限いっぱいの大きいプードルこそ見栄えがする。」という
旧態依然な考えの審査員さんも少数ながら、まだいらっしゃいますけどね。

私の理想はマイクロサイズでもショードッグのような堂々としたオーラを放つ
美しい子、流れるように優雅に歩き、仕草の一つ一つに見惚れるほどエレガントな子。
聡明さと優美さを備え、黒曜石のように美しい目を持つ子です。
まさに、この子が理想の子です。
この子を迎えてくださる飼い主様が現れて欲しいような、欲しくない様な、、、
繁殖者を久しぶりにドキドキさせてくれる素晴らしい女の子です。


審美眼をお持ちの方が ・・・
驚きました   全くの想定外です
本犬をデビューさせた時、内心、
「多分、誰からも問い合わせは来ないだろう。」と思いました。お高いので。
けれども、デビューさせてみると、全国から現時点で5名様から
お問い合わせやご即決希望が寄せられています。本当に驚きました。

ブリーダーとして、とても嬉しいです。
私の渾身の作品を認めて頂けたからです。ありがとうございます。

本犬は中部地方にお住まいの飼い主様に100万円でお迎え頂きました。
本物を見抜く審美眼をお持ちの飼い主様に出会えた事を幸せに思います。



ホワイト・シルバー(分譲済) admin page top↑
逆じゃない?
2018 / 06 / 26 ( Tue )

展覧会が終わった後の雑談中に、友人ブリーダーが言った事。

「よくさぁ、子犬を買う前にブリーダーの所へ行って
親犬や犬舎を見せてもらえ、って言うじゃない
あれってオカシイと思わない
まともなブリーダーが見ず知らずの他人様を
ホイホイ、犬舎に入れるかって言うの


うちなんか、獣医だって入れないわよ
ウィルス撒き散らされたら堪らないもの。
なのに、ショップやブリーダーをハシゴしてきたかもしれない
見ず知らずの人達を、誰が犬舎になんか入れるかって
そんな「衛生観念ゼロ」、「危機管理能力皆無」のブリーダーが
良いブリーダーだなんて、笑わせるわよね。」

「そもそも、本来は逆だよね。
これから十数年も
犬を飼おうとする環境こそ
こっちが確認させてもらいたいわ。

子犬のきょうだいを見せる前に、
飼い主さんの家族全員に合わせてほしいわ。」


私 「そ、そうね、、、それは、殺処分防止につながるわね。」


よほど相性が合わない飼い主様に遭遇してしまったのか、
友人はすごい勢いで話していました

でも、まぁ、友人ブリーダーの話にも「一理あるな。」とは思いました。
飼い主様が繁殖者に(子犬に)いろいろお求めになるのは当然ですけど、
飼い主様のご要望を何もかも満たしているような真面目で優秀なブリーダーは
飼い主様に対しても逆に、いろいろ条件を付ける、ってことでしょうね。


message(考え方) admin page top↑
2018 / 06 / 25 ( Mon )



ブログ記事は更新順では無く、カテゴリー別です
どうぞ、左のカテゴリーからお選びくださいね

ブログ内の記事は右上の検索窓 から検索できます  
よろしくお願いします




あなたがプードルの子犬をご覧になったのはペットショップでしょうか
それとも多犬種を扱う商業ブリーダーでしたか
専門ブリーダーの子犬を実際にご覧になった事が有りますか
ショップ以外でプードルの子犬を見た事が無い方はぜひ
プードル専門犬舎の子犬を見てください
これが同じ プードルの子犬 と思うほど
サイズ、お顔立ち、性格、犬質、健全性が全然違います

ショップはブリーダーから買い付けた3倍の価格で子犬を販売します。
そんな高値で買っても、飼い主の皆様は
両親情報や子犬の生育環境を知らされないまま ・・・・・。
家族の一員を迎えるにあたり、
子犬はどんな両親から生まれ、どんなブリーダーに、
どのような環境で育てられ、今までどのような日々を過ごしてきたか、

繁殖者から直接 話を聞いて、納得して迎えたいと、思いませんか?

ぷ~どるガーデンは長年にわたって、トイプードルひとすじ
豊富なブリーディング経験から、
飼い主様のどんなご質問にでも正しくお答えできます。
専門ブリーダーが真面目に心を込めて、愛情いっぱい、
一生懸命に育てた子犬をぜひご覧ください


お問い合わせ前には 必ず、 こちら をお読みください



最新情報 admin page top↑
* HOME * next